【Andoer AN5000・アクションカメラ】頭に取り付けて、ペンキ塗りをする日常撮影編

ログハウスは定期的にペンキ塗りをしないといけません。

とは言っても、今までしてこなかったんですがね。

Andoer AN5000

今時の激安中華GoProはただ性能が高いだけではないのです!

性能はGoPro並のまま!アクセサリーが無料で大量に付属し!それを入れるためのキャリングポーチも付属してしまうのです!

もうGoProを買う理由が見当たらないぞ!

【Andoerホームページ】 http://www.andoer.com/

 

FPSペンキ塗り

アクションカメラを買ったらぜひとも手に入れたいアクセサリーの一つに、アクションカメラ取り付け帽子があります。

今回は、この帽子をかぶって撮影をしてみました。

これをかぶって撮影するだけで、ファーストパーソン・シューティング(FPS)視点の映像が撮れちゃいます。

【Gopro取り付け帽子】自分の視点の撮影にピッタリのGoPro装着具搭載キャップ!

 

木製の家であるログハウスは定期的に家全体をペンキで塗り直さないといけません。

特に直射日光が強いところはなおさらです。

今回は、家の中で使われていなかった邪魔な長椅子を外で活用するために、これにもペンキを塗りました。

ペンキを塗らないと一年で腐ってくるので、必須の作業となります。

 

動画

動画ではダイビングモードをONの状態で撮影しております。

【Andoer AN5000・アクションカメラ】頭に取り付けて、ペンキ塗りをする日常撮影編

 

まとめ

きれいな解像度で温かみのある色合いに仕上がっていますね!

本来のダイビングモードと言うのは、水中で撮影する際に使用するモードなんですが、個人的には日常的にこのモードをONにしたときの色合いが好みです。

暖色が強めでとても温かみがありますよね。

 

そして、手ぶれ補正も強力ですね!

頭に取り付けているので、手ぶれ補正がないとブレブレになってしまうはずですが、なんの違和感も感じませんよね。

これだけしっかりと手ブレを補正してくれるなら、メインのカメラとしても非常に使い勝手が良いです。

EleCam Explorer Eliteと比較してもコスパ的にかなりいい勝負な気がしますよ!

 

▼続き▼

【Andoer AN5000・アクションカメラ】関連記事・まとめ・リンク集

コメント