【中華タブ】今買うならこのタブレット!1月の7インチ中華タブレットまとめ!

定期的に開催されている、この人気企画!

今回は7インチに絞り込んでGearBestで購入できる中華タブレットをまとめてみました。

GEAR BEST

NoName2016-7-25-No-003

中華タブレットを買うならまずはこのサイトから!

あまりにも安すぎて、見ているだけで面白いです。

海外通販サイトの中でも日本顧客を意識してくれています。

GEAR BEST トップページ

 

Q88H Kid

2017-1-22_14-4-45

OS:Android4.4
CPUALL Winner A33 1.3Ghz
RAM:512MB ,ROM:8GB
microSD:最大32GB
WIFI:802.11b/g/n
画面:7インチ(1280 x 800)
バッテリー:2000mAh
サイズ:18.30 x 12.00 x 0.80 cm , 278g

GearBestで購入できる最安値の7インチタブレットです。
それ故、一昔前に見たアンドロイドタブレットの象徴的なスペックになっています。
CPUもRAMも何もかも、性能が低いので、出来ることは限られてきますが、動画鑑賞専用だったり、読書専用機としては使えないこともないと思います。
そして、AmazonのFire タブレット(下位モデル)と同じようなスペックだったりもします。
ただし、プライム会員だと4000円引きの4980円で買えちゃうんで、ほぼ同じお値段。
正直Fireタブレットのほうがサクサク動くと思いますし、調べるとGoogleプレイのインストール方法も出てくるので、断然Fireタブレットをおすすめします・・・。
3000円位だったらこっちでも良いかもしれない。

Q88H Kid の現在の価格を確認する。

 

Lenovo TAB 2 A7-30

2017-1-22_14-17-29

OS:Android4.4
CPU:MTK8382 Quad Core, 1.3GHz
RAM:1GB , ROM: 16GB
microSD:最大64GB
WIFI:対応
Network:GSM 850/900/1800/1900MHz
画面:7インチ(1024 x 600)
カメラ:メイン200万画素,サブ30万画素
バッテリー:3450mAh
サイズ:19.1 x 10.5 x 0.89 cm , 269g
発売日:2016年5月

ご覧の通り、かなりスペックは低いのですが、発売してからまだ1年も経っていない新し目の端末です。
それ故外回りの質感はなかなか良さそうです。
しかし、この価格でこのスペックは誰をターゲットにしているのか全くわかりません。
Fire タブレットを買うことをおすすめします。

Lenovo TAB 2 A7-30 の現在の価格を確認する。

 

Lenovo TAB3 730M

2017-1-22_14-23-47

OS:Android6.0
CPU:MTK8735P  1GHz,Quad Core
RAM:2GB , ROM:16GB
microSD:最大32GB
WIFI:802.11b/g/n
2G: GSM 800/1800MHz
3G: WCDMA 1800/1900/2100MHz
4G: FDD-LTE 2300-2320/2555-2575MHz
画面:7インチ(1024 x 600)
カメラ:メイン500万画素 , サブ200万画素
バッテリー:3450mAh
サイズ:19.00 x 10.00 x 0.48 cm , 252g

ようやく少しだけまともな物が出てきました。スペックに関してはそこそこあるので、まぁまぁ快適に使えることでしょう。
OSも最新の6.0です。ただし、画面解像度は結構低いです。Nexus7 2013と同じくらいのレベルと思っても良いかもしれません。
これを買うなら、Fire HD8とかを買ったほうが「安い」し「サクサク」で断然幸せになれると思います。

Lenovo TAB3 – 730M の現在の価格を確認する。

 

GPD Q9

2017-1-22_14-35-45

OS:Android4.4
CPU:RK3288 1.8GHz,Quad Core
RAM:2GB , ROM:16GB
WIFI:802.11b/g/n
画面:7インチ(1024 x 600)
カメラ:サブ30万画素
バッテリー:5000mAh
サイズ:24.10 x 12.00 x 1.50 cm , 396g

やっとワクワクするようなタブレットの登場です!
しかし、残念ながらスペックはあまり高くありません。
これの用途としては、見て分かる通り、物理コントローラーが予め、くっついているので、ゲームをする専用機ですよね。
実際はエミュレーターで遊ぶのに特化しているようです。
性能の割に値段は高いですが、人によってはとても魅力的な端末かもしれません。個人的にもちょっと触ってみたいです。

Gpd Q9 の現在の価格を確認する。

 

VCHOK BT67

2017-1-22_14-41-38

OS:Android4.4
CPU: MTK6582 1.3GHz,Quad Core
RAM:1GB , ROM:16GB
microSD:最大32GB
WIFI:802.11b/g/n
Network:GSM 850/900/1800/1900MHz , WCDMA 850/1900/2100MHz
画面:7インチ(1280 x 720)
カメラ:メイン800万画素,サブ200万画素
防水:IP68
バッテリー:9000mAh
サイズ:21.00 x 13.50 x 2.00 cm , 1.1kg

見て分かる通り、防水防塵対応のタフネスタブレットです。
この手のモデルは日本だと京セラとかが販売しているような気がしますが、世界的にもこの手のタブレットは珍しいと思います。
それ故スペックはかなり低いのにもかかわらず、かなりお値段は高くなっています。
そして1.1kgという超重量系なので、持ち運ぶのも大変です。
はたして買う人はいるのでしょうか?

VCHOK BT67 の現在の価格を確認する。

 

 

HUAWEI Honor X2 GEM-703L

2017-1-22_14-49-0

OS: Android 5.0
CPU: HiSilicon Kirin 935  2.0GHz,Octa Core
RAM: 3GB , ROM: 32GB
microSD:最大128GB
WIFI: 802.11b/g/n
SIM:NanoSIM , microSIM
Network:GSM 850/900/1800/1900MHz
WCDMA 850/900/1900/2100MHz
FDD-LTE 700/900/1800/2100/2600MHz
画面:7インチ(1920 x 1200)
カメラ:メイン1300万画素, サブ500万画素
バッテリー:5000mAh
サイズ:18.30 x 10.30 x 0.70 cm , 523g
Antutuスコア:5万点

やっと買ってもいいと思えるハイスペックタブレットの登場です!Huaweiは今や日本でも知らない人はいないくらい有名な会社となったので、少し安心という気もします。
デザイン・作り・性能、どれをとっても満足の行く出来になっています。
ただし、価格は結構高めです。個人的に25,000円くらいだったら妥当という気がします。
もし、6.44インチでも良いなら、Xiaomi Mi Maxを買うことをおすすめします。
言ってしまえば、そちらのほうが全て上です!

HUAWEI Honor X2 GEM-703L の現在の価格を確認する。

✓【中華スマートフォン】6.44インチの超馬鹿でかファブレット!Xperia Z Ultra からの移籍はこれに決まりだ!(Xiaomi Mi MAX開封レビュー)

Xiaomi Mi Max の現在の価格を確認する。

 

まとめ

今回7インチ限定で調べてみた結果、まともなものがないということがわかりました。

一昔前だとタブレットといえば7インチ!と言うくらいたくさんのメーカーから出るタブレットのほとんどが7インチだったんですけれどね。

おそらく、7インチだとスマートフォンにも近いし、タブレットにも近い微妙なサイズということで、買われなくなっていったのかもしれません。

もし、7インチでも8インチでもどっちでもいい、というのなら、8インチを選ぶことをおすすめします。

7インチは比べ物にならないほど選べる種類も多いし、コスパも高いです。

そして、個人的におすすめなのは、Fire HDです。

プライム会員なら8980円でかなりサクサク動作の8インチタブレットが手に入るので、今のところコスパが最も高いかと思っています。

アマゾンすごいなぁ。

GEAR BEST トップページ

 

日記

※最近ボクが気になった事を毎回記事の最後に書いています。

ボクが初めて手に入れた7インチタブレットはNexus7でした。
世の中にタブレットと言うものがほとんど無くて、あったのはiPadくらいでした。

そんな中、Googleが7インチサイズの激安タブレットを発売するということで、発売日に買ったのは懐かしい思い出です。

当時Googleは太っ腹で、確か17000円位のタブレットに4000円位のアプリクーポンが付いて実質13000円位だった気がします。
iPadが3万円くらいだったので、その安さには驚きで、飛びつきました。
iPadも買ってたんですけどね(汗)

Nexus7はその後2013年版へと進化して、今も手元にありますが、画面の誤反応がひどくて使えなくて、押し入れに雑に保管してあります。
当時はAsusからMemoPadが対抗馬として販売されていて、microSDが入るMemoPadが優れているような感じがしていました。

今はZenPadブランドに統合したらしく、MemoPadは無くなってしまったことに少しだけ悲しさを感じました。

スマホはすごいスピードで進化して、最新機種がどんどん出てきますが、タブレットの成長は穏やかで、一歩送れてしまっている現状を見ると、タブレットを置い続けてきたボクとしては少し悲しいです。
個人的に、スマホもよく使いますが、タブレットも非常によく使うので、タブレットを持ったことがない人は、是非とも激安ので良いから手に入れてみてほしいと思います。

そういう意味でも、Amazon のFire HDは神がかっているとボクは思うのです。

【Fire HD 8】1ヶ月使ってわかった3つのこと。まとめ

このブログを2回以上見たことある人は、feedlyで購読すると便利ですよ( ‘ω’ 三 ‘ω’ )
【Feedly】自分のよく見るブログをまとめておける!購読リストの作り方!

コメント

  1. より:

    アフィカス乙

    • Kazuhiro kazuhiro より:

      ブログへのコメントありがとうございます。

      もしよろしけれど、アフィカス乙、だけではわかりませんので、私に言いたいことがある場合、詳しくご説明していただいてもよろしいでしょうか?
      今後のブログ内容の改善に役立てたいと思っています。

      面倒でなければ、Twitterのダイレクトメッセージでのご連絡やメール、Skypeやさんの都合の良い方法で構いません。
      よろしくお願いいたします。

      KazuHiro