Amazonで人気のミニプロジェクターが凄すぎる!【DBPOWERミニプロジェクター、開封レビュー】

2017年10月20日 更新

プロジェクターと言うのは非常に高級な印象がありますが、自宅で気軽に使うプロジェクターであれば、それほど高級なものでなくても十分に実用的だったりします。

今回、DBPOWER様より商品をご提供いただきましたので、ご紹介いたします。

提供:DB PWOER

こちら企業様よりご提供いただきました。

アマゾンで他の販売商品も見てみる。

 

スペック

商品名 DBPOWER ミニ LED プロジェクター
型番 B01LYX3LMJ
技術タイプ LED+LCD
フォーカスモード マニュアルフォーカス
OSD言語 日本語対応
解像度 800*480で、1080PフルHDにも対応
画面 4:3/16:9
映写距離 1m-5m
スピーカー 8Ω2W
音声 1×3.5mmルオーディオ出力
本体サイズ 187*149*77mm
明るさ 1500ルーメン
コントラスト比 1000:1
接続端子 USB
AV端子
VGA
HDMI
スクリーンサイズ 32インチ~176インチ
投写距離 2m
1677万色
保証 3年間
寿命 20000時間

 

開封

結構しっかりとしたパッケージですね。

IMG_9391.JPG

 

パカっとフタを開けるとこんな感じ。

IMG_9392.JPG

 

色々付属していました。

IMG_9393.JPG IMG_9394.JPG IMG_9396.JPG IMG_9395.JPG IMG_9397.JPG IMG_9398.JPG IMG_9399.JPG IMG_9400.JPG IMG_9401.JPG IMG_9402.JPG IMG_9403.JPG IMG_9404.JPG IMG_9405.JPG IMG_9406.JPG IMG_9407.JPG 

 

コネクタ類はこんな感じ。

IMG_9408.JPG

 

HDMIケーブルも付いていました。

IMG_9409.JPG IMG_9410.JPG

 

ACメガネケーブル

IMG_9411.JPG

 

三色端子

IMG_9412.JPG

 

角度調整のネジ

IMG_9413.JPG IMG_9414.JPG

 

なかなか品質の高いリモコンも付いていました。

IMG_9415.JPG IMG_9416.JPG IMG_9417.JPG IMG_9418.JPG IMG_9419.JPG

 

プロジェクターの重量は971gでした。

IMG_9421.JPG

 

デザインはなかなか綺麗でかっこいいですね。

IMG_9420.JPG

 

本体にボタンもついているので、リモコン無しでも問題なし。

IMG_9422.JPG

 

背面に左からVGA,リモコン受信機

IMG_9423.JPG

 

左から、ヘッドフォン端子、AC入力端子、USBx2、SDカード、HDMI端子

IMG_9424.JPG

 

全面にもリモコン受信機がある。

IMG_9425.JPG IMG_9426.JPG IMG_9427.JPG

 

このようにネジを挿し込んで、本体の角度調整をする。

IMG_9428.JPG IMG_9429.JPG IMG_9430.JPG  

 

投影してみた。

これで70インチ位ある。

IMG_9432.JPG

 

HDMI入力を選択して・・・

IMG_9433.JPG

 

パソコンとつなげると、大画面でYouTubeも楽しめる。

IMG_9434.JPG IMG_9435.JPG

 

インターネットももちろん。

IMG_9436.JPG IMG_9437.JPG IMG_9438.JPG

 

回転もできるので、天井に貼り付けたりして固定することも可能である。

IMG_9439.JPG IMG_9440.JPG

 

まとめ

プロジェクターとしてはかなり激安であるが、実用性は非常に高いと感じた。

出力解像度は800×480と結構低いのであるが、小さい文字を見るわけでなければ全く問題ないことがわかった。

大画面で映像を出して動画を見るだけで、まるで映画館で見ているような感覚を味わうことができる。

 

プロジェクター自体にスピーカーは備わっているが、それほど音質は良いわけではないので、高音質にしたいときは外付けをつなげるべきである。

ただし、音量は結構大きく出るので、音質を求めなければ問題なく使える。

少なくともYouTubeでヒカキンの動画を見るくらいなら、この内蔵スピーカーでも十分であると感じた。

 

操作性もかんたんで、プロジェクターの上部についているボタンだけでかんたんに設定などをすることができました。

レンズ部分には蓋もついているので、傷が付く心配もないですね。

 

何よりも非常にコンパクトで、軽量なので、家においておくだけでなく持ち運んでお友達の家で使うということもできますね。

最近だとスマホとHDMIで出力するケーブルなども販売されているので、そういったアクセサリーと組み合わせることで、スマホの映像を出力することだってできます。

スマホのアプリを投影したり、スマホでYouTubeやアマゾンプライムビデオなどで映画を上映したりということもできます。

 

真っ白の名スクリーンがなくとも、ある程度白っぽい壁があれば全く問題なく使えるというのもわかり、非常に実用的で面白いなと思いました。

 

コメント