今週のおすすめ.Still003

世界で最もコスパが高いと言われている、最強のスマートフォンがXiaomi のMiシリーズなんですが、その最新モデルが2016年9月29日に発売されました。

当然めちゃくちゃ売れているわけで、GearBestでもめちゃくちゃ売れているようです。

今回は、GearBest様より商品をご提供いただきましたので、ご紹介させていただきます。

GEAR BEST

NoName2016-7-25-No-003

中華タブレットを買うならまずはこのサイトから!

あまりにも安すぎて、見ているだけで面白いです。

海外通販サイトの中でも日本顧客を意識してくれています。

GEAR BEST トップページ

 

Xiaomi(シャオミ)とは?

中国のAppleという名で全世界で知られており、最新のiPhoneと同じようなスペックのスマートフォンを半額以下の金額で販売し続けている恐ろしいメーカーです。

中国製とは全く思えないクォリティで、そのまま日本で売ってしまっても全然OKなくらい高品質だったりもします。

Xiaomi HP

 

Xiaomi Mi5s

2016-11-12_10-10-56.png

Xiaomiはスマートフォンのブランドとして幾つものモデルを作っています。

・ハイスペック(5インチ、5.5インチ、6,4インチ)

・ミドルスペック(5インチ、5.5インチ)

Xi5sはハイスペック5インチ端末で、Xiaomiのスマートフォンの中でもダントツで人気のシリーズです。

日本人の小さな手にも持ちやすい5インチ(実際には5.15インチ)は多くの日本人が輸入して買っています。

Amazonでも大変人気ですが、当然価格はGearBestで買うよりも1~2万円高い金額だったりします。

Xiaomi Mi5S の現在価格を確認する。

 

スペック

以前に旧モデルのXiaomi Mi5との比較を書いたのでそちらをご覧ください。

【中華スマートフォン】Xiaomi Mi5 / Mi5s まとめ

 

 

開封

2重梱包で安心のパッケージでした。

IMG_2078.JPG

 

こちらが本体パッケージである。

IMG_2079.JPG

 

未開封の証拠である

IMG_2080.JPG IMG_2081.JPG IMG_2087.JPG IMG_2090.JPG

 

開封!まるでiPhoneの様な美しさである。

IMG_2091.JPG

 

上ブタを取るとマニュアルが入っている。

IMG_2092.JPGIMG_2100.JPGIMG_2101.JPG

 

マニュアルを取ると更にアクセサリーの箱が入っている。

IMG_2093.JPG

 

これがその箱である。

IMG_2094.JPG  

 

SIMピンも付属している。

IMG_2095.JPG

 

USB充電器とType-Cケーブルが付属している。

IMG_2096.JPG IMG_2097.JPG

 

旧モデルMi5にはQuick Charge3.0に対応していたため、こちらのMi5sにも対応しているようだ。

IMG_2098.JPG IMG_2099.JPG

 

そしてこちらが本体!めちゃ綺麗!

IMG_2102.JPG IMG_2103.JPG

 

左側面。厚みはとても薄い!

IMG_2104.JPG

 

上部。ヘッドフォンジャックがある。

IMG_2105.JPG

 

右側面。ボタン類がある。

IMG_2106.JPG

 

底面。右がスピーカーで、左がマイク。

IMG_2107.JPG

 

背面(デュアルフラッシュ)

IMG_2110.JPG

 

美しい!

IMG_2111.JPG

 

ふつくしい!

IMG_2112.JPG IMG_2113.JPG

 

ボタンは触った感じ、結構出っ張っているので、押しやすい。

IMG_2114.JPG IMG_2115.JPG IMG_2116.JPG IMG_2117.JPG

 

SIMは個人的に残念なnanoSIMである。手持ちにはmiroSIMしか無いので、切らねば・・・。(microSDは未対応です)

IMG_2119.JPG IMG_2120.JPG  

 

そして、今回大きくバージョンアップした指紋認証である。

ボタンのサイズが大きくなっただけでなく、iPhoneのようにタッチタイプに変更になり、本体と一体型である(溝が掘ってあるだけ)ため、壊れづらい(と言うか壊れない?)

IMG_2122.JPG IMG_2121.JPG IMG_2123.JPG

 

設定

電源をつけるとすでにセットアップが完了されていたので、念のためにファクトリーリセットだけ行っておきました。

IMG_2125.JPG IMG_2126.JPG IMG_2127.JPG IMG_2128.JPG IMG_2129.JPG IMG_2130.JPG IMG_2131.JPG

 

日本語はあったんですが、何故かロケールに日本がありませんでした。適当に台湾にして使っていますが、今のところ問題はありません。

IMG_2132.JPG IMG_2133.JPG IMG_2134.JPG IMG_2135.JPG IMG_2136.JPG IMG_2137.JPG IMG_2138.JPG IMG_2139.JPG IMG_2140.JPG IMG_2141.JPG IMG_2142.JPG IMG_2143.JPG IMG_2144.JPG IMG_2145.JPG IMG_2146.JPG IMG_2147.JPG

 

初期ストレージ

 Screenshot_2016-11-09-09-27-13-620_com.android.settings.png

 

Second Space

セカンドスペースという独自の機能が搭載されていました。

これは、1つの端末内に2つ目のアカウントを持てるというもので、それぞれ完全にアプリやデータが独立します。

家では1個目、愛人では2個目というふうに作れば、勝手にスマホを覗かれても、連絡先からメール内容まで全く異なりますから、絶対にバレません(笑)

Screenshot_2016-11-09-09-33-35-650_com.miui.securitycore.png

 

画面上のやつ

Screenshot_2016-11-09-11-23-47-973_com.miui.home.png  

 

カメラ設定一覧

Screenshot_2016-11-09-11-31-59-594_com.android.camera.png Screenshot_2016-11-09-11-37-18-345_com.android.camera.png Screenshot_2016-11-09-11-37-22-742_com.android.camera.png

 

ベンチマーク

3D Mark

Screenshot_2016-11-11-07-14-13-334_com.futuremark.dmandroid.application.png Screenshot_2016-11-11-07-14-17-188_com.futuremark.dmandroid.application.png

 

 

Antutu

Screenshot_2016-11-09-11-14-25-645_com.antutu.ABenchMark.png

 

Geekbench

Screenshot_2016-11-12-14-03-57-117_com.primatelabs.geekbench.png Screenshot_2016-11-12-14-04-00-755_com.primatelabs.geekbench.png Screenshot_2016-11-12-14-04-03-134_com.primatelabs.geekbench.png

 

カメラ

カメラの画角はスマホとしては広くて、自撮りも綺麗に撮れました。

アウトカメラは非常に綺麗で、これで困る人を見つけるほうが大変なくらいだと思います。

IMG_20161109_113230.jpg IMG_20161109_113253.jpg IMG_20161109_113321.jpg IMG_20161109_113335.jpg IMG_20161109_113345.jpg IMG_20161109_113348.jpg IMG_20161109_113351.jpg IMG_20161109_113357.jpg IMG_20161109_113417.jpg IMG_20161109_113419.jpg IMG_20161109_113422.jpg IMG_20161109_113429.jpg IMG_20161109_113737.jpg

 

動画

Xiaomi Mi5S の現在価格を確認する。

 

まとめ

はっきり言ってめちゃくちゃハイスペックです!

今まではAntutuスコア約6万点のスマホばかりを使っていましたが、今回は13万点と一気に2倍以上スペックアップしました。

その御蔭で、あらゆる動作が快適になっています。

特に顕著なのが、Twitterをスクロールさせるときのスムーズさです。

以前は、カックカクで、一番上に行くだけで大変でしたが、これからはすぃーという感じで一気に駆け上ってくれます。

いろんな重ための3Dゲームもしてみましたが、問題が出ることは一切ありませんでした。

 

デバイスとして作りも良くて、所有欲を満たしてくれる高級感も持ち合わさっているため、あまりにもコスパが高いといことを現実に実感することができました。

予算として約3万出せるのなら、間違いなくこのXiaomi Mi5sをおすすめしたいと思いました。

 

欠点はまだケース・保護ガラスがあまりでまわていないということです。

GearBestには1つもなく、Amazonに1つケースを購入しました(ページ最後に記載)。

保護ガラスも1つ購入したのですが到着までしばらく掛かりそうです(到着したらレビュー予定)。

 

Xiaomi Mi5S の現在価格を確認する。

GEAR BEST トップページ

 

あとがき

こういった激安海外端末は、頻繁に半年位の感覚でスマホを買い替えるようなマニアックな人だけでなく、1つの端末を4年位使い続けるような人にもおすすめできます。

当然格安SIMと組み合わせて使うのが断然おすすめで、約2000円位のSIMと一緒に使えば、2年間で端末代は月々1400円位の計算になります。(合計3400円)

4年間使えば、月々700円位の金額の計算になるため、合計2700円で使えるくらいのパフォーマンスがあります。

これだけ性能が高くなれば、物理的に壊れることがない限り、スペックが問題となってくることはまずありません。

 

ケース

IMG_20161111_163404.jpg IMG_20161111_163408.jpg IMG_20161111_163430.jpg IMG_20161111_163438.jpg IMG_20161111_163448.jpg IMG_20161111_163458.jpg IMG_20161111_163503.jpg IMG_20161111_163508.jpg IMG_20161111_163737.jpg IMG_20161111_163742.jpg IMG_20161111_163747.jpg IMG_20161111_163806.jpg IMG_20161111_163820.jpg IMG_20161111_163826.jpg

そして、できるだけ壊さずに使うためには、ケースが必須ですが、今現在世界中でケースがあまり出回っていません。

GearBestにもケースは存在しませんが、Amazonにありましたので、購入して使ってみました。

全身TPUのシンプルなケースですが、ぴったりサイズで問題はありません。

Mi5sは全体がアルミで、滑りやすい素材なので、とりあえずのつなぎとしても、購入しておいたほうがいいと思いました。

 

保護ガラスはこれを買いました。

他のフィルムの評価が悪いのと、価格が安いので、これにしました。と思って確認したら、Mi5s Plusの物を買っていた・・・・なんでだよ・・・。

保護ガラスのレビューもしました。

【Amazon・Xiaomi mi5sの保護ガラス】650円で2枚入りの激安のやつを付けてみた(使用感レビュー)

 

そして今見てたらこんなケースも増えていました。商品写真と説明がメチャクチャなのは本当にやめて欲しい・・・。

Pocket