Google Pixel 6 シリーズ 世界のレビュー要約

Google Pixel 6シリーズに関して、約6時間ほど調べまくった情報をまとめてみました。

Google Pixel 6 proが一部在庫切れ

Google Pixel 6 proがついに発表されて、続々と手元に届いているそうです!
更に、Google Pixel 6 proは、今めちゃくちゃ売れているらしく、たびたび在庫が切れてしまい、入荷待ち状態になっているらしく、現時点で確認したところ、ホワイトカラーが在庫切れになっていました。
急いで買った人は良かったですね!買おうか検討して、買い渋ってしまった方は残念ですがもう少々待つ必要がありそうです。

Google Pixel 6 Pro【公式サイト】

Google Pixel 6シリーズ

インターネットを見てみると、Google Pixel 6 proの良い点と悪い点が色々と騒がれております。
iPhone 13 Proよりも、画質が良いのか、はたまた悪いのか。
色味がどうとか、発熱がどうとか、色々な点が見えてきました。

今回は、これら良い点と悪い点をまとめてみました。

 

対応キャリア

  4G 5G
docomo 対応 アップデートで対応
au 対応 対応
ソフトバンク 対応 対応
楽天モバイル 対応 アップデートで対応

 

保護フィルム

保護フィルムは付属しないため、別途購入が必要です。
保護フィルムを貼らずに落としてしまうと、画面は割れてしまうかもしれません。

Antutuベンチマーク

約72万点とかなり高い点数を記録しました。
スナドラ888(Antuu80万点)よりは点数が低いのですが、十分すぎるほどハイスペックで、使っていて困る性能ではありません。

Pixel 6 proでAntutu3回連続で回すと下記の結果となりました。

Antutu スコア 温度
1回目 72万点 最大36.9度
2回目 58万点 最大40.7度
3回目 60万点 最大40.1度

放熱システムがないため、長時間の高画質なゲームは苦手かもしれません。
温度上昇するとクロックダウンさせて、動作処理を低下させているようです。

 

動作

  • 動作は快適でサクサクぬるぬる

 

指紋認証

  • 指紋認証の精度は高いが、反応は遅め
  • 画面OFF状態で指紋認証ができないため、更にワンテンポ ロック解除スピードが遅い
    画面をタップor持ち上げて画面をつける→指紋認証
    OPPO Find X3 Proは画面OFF状態で画面認証が出来る
  • 保護ガラスを貼り付けると、更に認証スピードが落ちる
  • Pixel 6 Proはエッジディスプレイなので、保護フィルムの種類は少なくなりそう
  • Pixel 6はフラットディスプレイなので、保護フィルムの種類は多くなりそう

 

初期ストレージ

14GB使用で利用可能容量は114GB

 

ナビゲーション

「戻る・ホーム・タスク」のボタンタイプかiPhoneのようなジェスチャーで操作出来る2つのパターンから選択可能です。

 

充電速度

充電は最大30Wであるが、USB PD PPS(Programmable Power Supply)という規格に対応していないと最大18Wの充電速度になってしまいます。

Amazonで調べてみると、こういった製品が約3000円で販売されておりました。

 

新機能

クイックタップ(本体の背面をタップすることで、特定の機能を起動可能)
・スクリーンショットを撮る
・デジタルアシスタントを起動
・メディアを再生または一時停止
・最近使用したアプリを表示
・通知を表示
・アプリを開く

(iPhoneはダブルタップとトリプルタップから選択可能)
 

自動翻訳機能はかなり性能が高い

音量ボタンを押すと、音量ゲージの下に文字起こしON/OFFボタンが表示されます。

 

動画をスプリット表示(画面下に動画、画面上に録音アプリ)すると、再生する動画の文字起こしが可能となります。
動画の音声を文字起こしして、ブログ記事として書き起こすときはかなり便利。
レコーダーに録音(文字起こし)したデータはGoogleアカウントに紐付けして、クラウドに自動アップロードすることも可能。
(録音→自動クラウド保存→PCからデータ取得)
このURLに自動保存されます。
https://recorder.google.com/

 

文字起こしされた文字の検索及び、該当するレコード音源の位置も検索可能

  • 喋った声を自動文字起こし出来る
  • YouTubeの日本語動画を日本語字幕で表示できる(音を出さずに動画内容がわかる)
  • YouTubeの動画を自動で翻訳し、画面上に表示してくれる(3行分だけ)。翻訳精度はGoogle翻訳と同程度なので、完璧というほどではない。
  • 使う場面がない

カメラ

  • カメラはめっちゃ出っ張ってる
  • テーブルに置くと、画面が斜めになる(画面端まで均等に出っ張っているので、ガタガタはしない)

カメラ性能比較

Galaxy S21 Ultra vs Google Pixel 6 Pro

ブラインドテストと称して、どちらのスマホで撮影されたかわからない状態で、Twitterにて公開されました。

 

 

 

答えは、左がGoogle Pixel 6 Pro、右がGalaxy S21 Ultraです。

ツイート似関しての他者のツイート

  • どちらも綺麗です。編集アプリを使えば、同じような写真に加工が可能です。2018年以降はどのスマホでも綺麗に写真を撮ることができます。
  • 左がPixel 6 proだと思います。右は背景の一部が潰れています。
  • そもそも一般人がこんなゴミの写真を綺麗に撮りたいとは思いません。
  • 右のほうが精細で、色合いも好みです。
  • 左の写真はGalaxy S21 Ultraの空の色です。空の色を見ればサムスンのだとわかります。
  • 正直なところ、違いがわかりません。

 

  • 流し撮り機能が凄い
  • 望遠性能がAIカメラの補正と相まって凄い
  • ポートレートモードは近づいて撮影も可能(iPhoneは離れる必要がある)
  • マクロレンズ非搭載なので、近づいて撮影できない
  •  

 

流し撮り性能

 

 

望遠性能

https://twitter.com/MishaalRahman/status/1454149997130358788

 

 

 

背景のものを消す消しゴム機能

  • 不自然に消えるだけであり、Photoshopレベルではない。
  • お遊びレベル。実用レベルではない。
  • 影が残る
  • 精度が悪い

 

消しゴム機能はごちゃごちゃした背景では綺麗に消せる

https://twitter.com/THEAP99/status/1454175929765347334

 

発熱

発熱はスナドラ888よりは低いが、スナドラ700番代よりはする。
普段使いで約39度程度になる。

 

防水

 

 

おサイフケータイ

中華スマホより高いが、Googleブランドという点を加味すると、これで7万円は安い。

 

バッテリーテスト

  Google Pixel 6 Pro Pixel 6 iPhone 13 Pro Max Galaxy S21 Ultra
Tiktok 1時間 90 93 98 90
Instagram 1時間 80 84 92 82
Facebook 1時間 71 72 87 70
ゲーム 2時間 39 45 63 49
YouTube 2時間 18 24 50 31
ストレステスト 9 14 40 29
カメラ バッテリーが切れるまで 0 0 0 0
タイム 8時間10分 8時間17分 10時間18分 8時間33分

 

ゲーム用途

簡易的なゲームモードが搭載しています。
左から、スクリーンショット、画面録画、FPS表示、通知ブロック、動作の最適化、YouTube Live

 

ゲーム  
CoD Mobile 快適
 PUBG Mobile Ultra HD非対応
90Hz非対応
原神 最高設定60FPSにてプレイ
最初の5分でフレームレートが40に低下
FPS中央地は31~35FPS
Fortnight 30FPS固定

30分プレイ後の本体温度は41度を記録しました。

 

スマホゲームはプレイ出来るが、ハイエンドのゲーミングスマホには敵わないことがわかりました。

 

最安値価格

Google Pixel 6

  128GB 256GB
SIMフリー版 74,800円 85,800円
ソフトバンク 85,680円 99,360円
au 82,695円 なし

 

Pixel 6 pro

  128GB 256GB
SIMフリー版 116,600円 127,600円
ソフトバンク 127,400円 141,120円
au なし なし

※キャリアで契約せず、端末のみ購入も可能。

 

Google ストアで購入する特典

11月7日までに購入すると、11,000円分のストアクレジットをプレゼント。
(ケースや充電器購入に利用可能)
更に、Splititという分割システムにて分割購入すると更に5000円分のGoogleストアクレジットをプレゼント。
(クレジットカード必須)
(Googleストアでの利用は不可。アプリ課金には利用できません)

合計16,000円分お得

 

ソフトバンクで購入する特典

Google製品のどれかが当たる(最低1000円分のギフト)
応募は2021年1月9日まで

 

YouTubeプレミアム+Google Oneのサブスクが3ヶ月無料
※すでに使っている人も無料になる

 

48回分割払いにし、24回目でスマホを返却するとそれ以降の支払いが免除されるサービス。
Google Pixel 6の場合

  1. 85,680円を48回払いにします。
  2. 2年間で1,785円 x 24回 = 42,840円 を支払うことになります。
  3. Google Pixel 6を返却します。
  4. 残りの42,840円は払わなくてOK
  5. つまり、「42,840円で売却した」「42,840円で2年間リースした」というイメージ
  6. 当然画面が割れていたり、本体が壊れていたら対応が変わります。

 

乗り換えで2.2万円の本体割引あり。

 

auで購入する特典

ソフトバンクと同じ48回分割払いにし、24回目でスマホを返却するとそれ以降の支払いが免除されるサービスです。

乗り換えで2.2万円の本体割引あり。

2年後に売ると考えたときの金額

 

Google Pixel 4

SIMフリー版  
64GB 89,980円 – 30000円 (67% OFF)
= 59,980円
128GB 103,950円 – 37,000円(64% OFF)
= 66,950円

Google Pixel 4 XL

SIMフリー版  
64GB 116,600円 – 39,000円 (67% OFF)
= 77,600円(
128GB 128,700円 – 46,000円(65% OFF)
= 82,700円

Google Pixel 6

  128GB
SIMフリー版 74,800円 – 26,180円(65% OFFとして計算)
=48,620円
ソフトバンク 85,680円 – 42,840円
=42,840円
au 82,695円 – 38800円
=43,815円

2年で端末を変更したいなら、キャリアで契約したほうが、メルカリなどの出品する手間も無いため、便利です。
ソフトバンク,auの残債免除の条件は、キャリアの査定条件を満たす必要があります。(傷や画面割れがあれば、残債は免除するが追加でお金を払う必要があります。
「査定条件を満たさない場合、回収に加えて22,000円(不課税)の支払いが必要です。」との記載あり。

 

まとめると、どこで買ってもとんでもない金額差があるわけではないので、好きなところで買いましょう。
強いて言うなら、キャリアで買うなら、auよりソフトバンクの方がお得です。
更に、Google ストアの方が11000円分のストアクレジットがもらえるので、もっとお得です。

 

乗り換えするなら、断然キャリア版がお得です(乗り換えで2.2万円の本体割引あり)