今Honorが激アツ!中国でシェア3位にランクイン!

8月24日、中国にて「2021年中国移動スマートハードウェア品質報告書(第1期)」と「5G通信指標報告書(第4期)」のオンライン発表会を開催しました。
このカンファレンスでは2つの重要な賞が発表されました。
Honorブランドは「Best Word of Mouth Award for Satisfaction(口コミ満足度アワード)」を、Honor 50シリーズの携帯電話は「Best 5G Phone for RMB 2500-3500(4万円~6万円のベスト5Gスマホ)」を受賞しました。

 

消費者から高い評価を得ているのは、消費者のニーズに合った製品を提供し、成長し続けている。
この哲学に基づいて作られた美しいデザインの「honor 50」シリーズは、発売以来好調な販売を続けており、honorが市場シェアを急速に回復するのに貢献している。
最近発売された「Honor Magic 3」シリーズは、その総合的な技術力により、消費者の体験にシームレスにつながり、Honorがハイエンド市場をスムーズに切り開くのに貢献している。

 

消費者のニーズに合った製品づくり

現在、スマートフォン業界は高度に成熟しており、製品開発は「マイクロ・イノベーション」の時代に入っています。
いかにしてイノベーションによって消費者のニーズを効果的に満たし、最先端の技術で継続的な技術のアップグレードをもたらすかが、携帯電話メーカーの焦点となっています。

 

飛行機に例えると、一方のエンジンが常に消費者の動向を把握し、消費者のニーズや模索する。もう一方の車輪が需要をリードする技術に焦点を当て、最先端の未来志向の技術で業界を牽引し続けることを意味します。
2つの “エンジン “が常に回転しているからこそ、消費者の実際のニーズをよりよく理解し、リードすることができ、テクノロジーの力を市場が実際に必要とする製品の力に変え続けることができるのです。
常に消費者を中心に置き、常に究極を追求する起業精神があるとのことです。「二輪駆動の究極の製品主義」

それによって、「満足度最優秀評判賞」を受賞しました。

 

Honor 50シリーズは、Honorブランドの復活の立役者

6月中旬に発売された「honor 50」シリーズは、「商品で語り、究極の商品主義を追求する」を実践するhonorの行動の縮図である。 例えば、ユニークなリアデュアルミラー、はめ込み式リングエレメント、初のスノークリスタル配色のデザインなど、消費者のファッション性の追求に応えています。

 

China Mobile Smart Hardware Quality Report」では、honor 50シリーズが「Best 5G Phone for RMB 2500-3500(4万円~6万円のベスト5Gスマホ)」賞を受賞しており、市場での素晴らしい実績と相まって、この携帯電話の成功を十分に証明しています。

 

サイノの週次データ分析によると、2021年の第25週から第28週にかけて、Honorの成長率は4週連続で一般市場を上回り、業界1位を維持した。 28週目には20%近い成長率を達成したこともあります。 特に2,500〜4,000人民元の価格帯では、「honor 50」シリーズがオンラインチャネルで販売台数1位を獲得するなど、さらに目覚ましい活躍を見せた。 これに牽引され、「honor」ブランドはオンライン市場の2,500〜4,000人民元の価格帯で2週連続で他のブランドをリードし、一時は17.9%のシェアを獲得した。

 

また、カウンターポイント社のスマートフォン追跡データによると、6月21日から7月4日までの間、honorの売上高はそれまでの14日間に比べて36%増加し、その後、同社の週販シェアは約12%で安定している。

 

第三者機関のデータによると、7月末までにHonorの市場シェアは14.6%に達し、中国のトップ3にランクインしています。 これは、競争の激しい国内の携帯電話市場においては奇跡的なことであり、グローリーの強いブランド力と商品力を改めて証明するものです。

 

Honor Magic 3シリーズがデビューし、ハイエンド市場への参入に成功

Honor Magic 3」シリーズも、「二輪車」という革新的なコンセプトで作られており、4,599人民元から7,999人民元の範囲をカバーし、8月20日にすべてのチャネルで発売されました。 Honorの最初のハイエンド市場への参入となるHonor Magic 3シリーズは、現在の最先端技術の粋を集め、Honorの最高の技術水準を表している。 例えば、Honor Magic 3シリーズでは、初めて映画産業のプロセスをAI化し、一般のユーザーが簡単に映画のような超大作を作れるようにした。 Honor独自の基礎的な最適化技術に支えられた業界トップのチップは、全体的なパフォーマンスを発揮し、より良い体験をもたらします。

 

Honor社CEOのZhao Ming氏によると、Honor Magic 3シリーズはオフライン市場で非常に人気があり、「Raffles on the Bundのショップが本日オープンしましたが、Honor Magic 3 ProとUltimate Editionはあっという間に完売しました。 実際、週末には上海の「Honor Magic 3 Pro」と「Ultimate Edition」は基本的にすべて完売しました」。

 

HuaweiとHonorの今後の関係性

Honorは以前、Huaweiのブランドの1つでしたが、現在は独立し、Honorと言う会社のブランドとしてスマートフォンを販売しております。
今後Huaweiがスマホ市場に戻ってきたときには、再びHuawei参加となるのか、それともHonorとして独立し続けるのか、その辺がどうなるのかも楽しみですね。