【Chuwi Hipadのスペック情報と特徴まとめ】

Chuwi HiPad

Chuwi Hipadのスペックと特徴をまとめました。

提供:Chuwi

Chuwi Hipad

【Amazon】Chuwi Hipad

Chuwi HiPad 特徴 (1)

 

スペック

基本情報
製品名 Chuwi Hipad
発売日 2018年9月
OS Android 8.0
Antutu 約104,000点
デザイン
本体サイズ 25.25cm×16.29cm×0.94mm-0.7cm
┣ 重量 約535g
┣ 材質 プラスチック、合金
┗ カラー ブラック
画面サイズ 10.1インチ
┣ 解像度 1920*1200 px
┗ 比率 16:10
ハードウェア
CPU MediaTek Helio X27 MT6797 64ビット
┣ 周波数 A72*2@2.6GHz、A53*4@1.9GHz、A53*4@1.4GHz
┗ コア数 10コア
GPU T880@780MHz
RAM 3GB
ROM 32GB
認証センサー なし
USBタイプ USB C
microSDスロット 対応
3.5mm Jack 対応
カメラ
アウトカメラ 500万画素
インカメラ 500万画素
通信
対応バンド  
┗ SIMタイプ  
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.1
GPS  
バッテリー
バッテリー容量 7000mAh
急速充電 5V 2A
その他
付属品 タブレット本体
保護フィルム(貼付け済み)
充電器
USB Cケーブル
microSDスロット用ピン
その他特徴  

 

特徴

Chuwi HiPadはゲーミングデバイスを彷彿をさせる、かっこいいデザインのAndroidタブレットです。

Chuwi HiPad 特徴 (1)

 

CPUはHelio X27で、まずまずのスペックです。
Antutuスコアは約104,000点なので悪くはありませんね。

Chuwi HiPad 特徴 (2)

 

画面サイズは10.1インチと大型です。
解像度も1920*1200 pxと高解像度です。

Chuwi HiPad 特徴 (3)

 

OSはAndroid 8.0です。

Chuwi HiPad 特徴 (4)

 

バッテリーは7000mAhと十分です。

Chuwi HiPad 特徴 (5)

 

RAMは3GB、ROMは32GBです。
ROMが少し少ないかなと感じました。

Chuwi HiPad 特徴 (6)

 

筐体は金属で、しっかりとした高級感があります。

Chuwi HiPad 特徴 (7)

 

SIMには非対応です。

Chuwi HiPad 特徴 (8)

 

デザインはNubia Red Magicと同じ

おそらくデザインはNubia Red Magicをもろパクリしたんだと思います。
スペックはぜんぜん違うので、ゲーミングタブレットとは言えませんが、デザインはそっくりです。

Chuwi HiPad 特徴 (9)

 

Fire HD 10 と比較

同じ様なお値段の10.1インチタブレットであるAmazon Fire HD 10とスペックを比較してみます。

  Chuwi Hipad Fire HD 10
価格 20,800円 15,980円
画面サイズ 10.1インチ 10.1インチ
画面解像度 1920x1200px 1920x1200px
Antutu 約104,000点 約77,000点
RAM 3GB 2GB
ROM 32GB 32GB
サイズ 252.5 x 162.9 x 9.4mm 262 x 159 x 9.8mm
重量 535g 500g
材質 プラ・金属 プラ
バッテリー 最大10時間 最大10時間
Google Play 対応 非対応 ※
スピーカー 音小さい
音質悪い
音大きい
音質普通
気になる点 タッチパネルの反応が悪い ベゼルが太い

 

動画

2万円の中華タブレットが想像以上に使えなかった【Chuwi HiPad】

 

ネット上の声

  1. 筐体のクオリティー、画面の発色の良さは申し分なし。タッチ感度はしっかりタッチして画面を押さないと反応しないため慣れが必要。スクロールも若干もっさりです。
  2. 動きは十分速いです。電池持ちは十分かと。内蔵スピーカー聞こえづらいと思います。カメラも大したことないです。
  3. 動画や本を見るだけなら普通に使える。
  4. 性能重視ならワンランク上をおすすめします。2万円で買えるタブレットとしては良い製品です。
  5. 母親の入門用として購入。ネットサーフィンやナンプレ程度のアプリしか使いませんが、タッチ操作の違和感以外は満足です。

 

ポイント

良い点

  1. まぁまぁ安い
  2. スペックはそこそこ高め
  3. 筐体クオリティーが高い
  4. microSD対応
  5. USB C対応
  6. 画面が綺麗
  7. 3.5mm Jack対応

気になる点

  1. タッチパネルの品質が悪い
  2. スワイプ中に途切れる
  3. FPSゲームは無理
  4. スピーカー音質が悪い

 

まとめ

人を選ぶタブレットですね。
普段そこそこのスマートフォンを使っている人がこのタブレットを使うと、もっさりしていると感じると思います。
OSのチューニングが悪いのか、タッチパネルの品質が悪いのかわかりませんが、残念ですね。

特にタッチパネルの精度が悪いです。
タッチしても反応しないときがあります。
更に、スワイプ中にスワイプが途切れてしまうことがあります。
そのため、ゲームで視点を変えたり、移動しているときに、再度スワイプし直さなければいけなくなるため、ガチゲームはほぼ無理です。

液晶ディスプレイ自体は、普通に綺麗です。
高解像度ですし、発色も良好です。
これなら、YouTubeや映画鑑賞用として良いんじゃないかと思ったのですが、スピーカーがだめでした。

最大音量にしても音量が小さいです。
初期設定でスピーカーブーストがかかっているため、音割れもしていました。
設定からスピーカーブーストを切ると音割れはなくなりますが、音量は更に小さくなります。
そして、音質はこもったような感じになるため、微妙です。
背面のスリットがスピーカーなんですが、4箇所から音が出るわけではなく、1箇所からしか音が出ません。
つまり、モノラルです。

カメラはおまけ程度ですね。
よくある500万画素のカメラです。

デザインは完璧ですね。
アルミ筐体の品質も高く、スリットもただのデザインではなく、きちんと凹んでいます。
開封した瞬間は「これはすげぇ~なぁ~かっけぇ~」と思いました。

ただ、2万円という金額を考えて、Amazon Fire HD 10が15,980円で販売されているという点を考えると、高いなぁ~と感じてしまいます。
AntutuスコアはChuwi HiPadの方が上ですが、使い勝手はFire HD 10の方がサクサク動いてくれるため、お値段もFire HD 10より下げてくれないと、お得感が感じられません。

Fire HD 10と同じ価格なら、まぁデザインとかの観点からHiPadを選んでも良いかもしれません。
13000円程度なら、かなりコスパが高いと言えるでしょう。
ただ、20,800円は、う~ん高いんじゃないかな~と思ってしまいます。

画面のタッチパネルの品質が普通であれば、全然良いんですが、快適に操作できないというのは致命的ですよね。
過去の経験上、タッチパネルの品質はソフトウェアアップデートで改善するとは思えないので、Chuwiさんは、デザインよりも動きを重要視して、製造してほしいなと感じました。

【Amazon】Chuwi Hipad

コメント