Kingmaxの激安SSDを開封してみた。

提供:CyberMedia株式会社

Kingmax SSD

 

スペック

製品名 Kingmax SSD KM240GSMV32 SATA3 SMV32シリーズ
メーカー 東芝製3D TLCフラッシュ
タイプ TLC
コントローラー Phison製コントローラー
読み書き 読み込み500MB/s, 書き込み410MB/s
耐久性 MTBF 120万時間
保証 3年保証

 

開封

台湾メーカーのKINGMAXの240GB SSDです。

 

SSDといえば、Samsungですが、KINGMAXは1989年創業の比較的新し目の企業です。

 

日本への展開は株式会社SACというところが行っているようです。

 

他の有名企業よりも15%程度安い金額で購入可能なようです。
スペックは読み込み500MB/s, 書き込み410MB/sとよくあるスペックです。

 

中にはプチプチ梱包で入っていました。

 

SSD本体とネジが4本ついてきます。

 

トレイはついてこないので、必要に応じて追加で用意しましょう。

 

規格が統一されている製品なので、他のSSDと形状は同じです。

 

まとめ

Samsung、Transcend、SanDiskよりも1000円程度安く購入可能なSSDです。
理論上のスペックは若干読み込みが遅いですが、体感速度はそこまで変わらないと思います。
SSDはスペックだけ見てもわからないのと、製品ごとの違いは値段以外で体感できるところは無いので、開封しただけではなんとも言えません。

次回は、実際にWindows10をインストールしてみて、動作をチェックしてみようと思います。

 

次回

【Kingmax SSD】Windows10のクリーンインストールしてみた

コメント