ASUS最新の格安スマホの特徴まとめ【ZenFone Max M1】

Zenfone-Max-M1-サムネイル

今回は、日本で公式に販売がスタートした新型のZenFone Max M1についての情報をまとめてみました。

とりあえず安い有名メーカー

iPhoneじゃなくてもいいけれど、聞いたことのないメーカーは使いたくないという人は多いと思います。
でも、Huawaiは中国メーカーだから、いや、そういった人はASUSが良いかもしれません。
ASUSは親日の台湾メーカーです。

今回のスマホは、中華スマホは嫌だけど、有名な大手メーカーの安いスマホが欲しい人に良いかもしれません。

 

ZenFone Max M1

Amazonで買える、まぁまぁ安い格安スマホです。
スペックはそこまで高くはないけれど、安心のASUS製です。

iPhoneでゲームをしない人はこのスマホで十分【ZenFone Max M1】

 

スペック

製品名 ZenFone Max M1
日本モデル(ZB555KL)
ゴールド
レッド
ブラック
OS Android 8.0
CPU Snapdragon 430 
1.4GHz オクタコア
GPU Adreno 505
RAM 3GB
ROM 32GB
microSD 対応
WIFI IEEE802.11 b/g/n
SIM

NanoSIM x2

2G:850/900/1800/1900
3G:B1/B5/B6/B8B/19
4G:B1/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B26/B28
B38/B41

DSDS 対応
画面 5.5インチ
1440×720 px
カメラ 背面:1300+800万画素
前面:800万画素
インターフェース 指紋認証
microUSB
3.5mm Jack
トリプルスロット
GPS GPS
GLONASS
Bluetooth 4.2
バッテリー 4000mAh
5V 2A = 10W
付属品 スマートフォン
ACアダプター
SIMピン
ZenEar
マニュアル
保証書
サイズ 147.3 x 70.9 x 8.7 mm
150g
Antutu 約56,000点
発売日 2018年9月

 

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ
使用可能
au
Volte使用可能
Softbank
Ymobile
使用可能
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
対応    
Band 19
800MHz
対応    
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
対応   ⚫※1  
Band 28
700MHz
対応
Band 41
2500MHz
対応  
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
対応    
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
対応    
CDMA2000
BC0
    ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。

 

特徴

Zenfone MaxはProというモデルが海外で発売されていましたが、廉価バージョンとして日本版が発売開始されました。

ZenFone Max M1 レビュー (3)

 

ディスプレイ

画面サイズは5.5インチの縦長ディスプレイなので、とてもコンパクトです。

ZenFone Max M1 レビュー (4)

 

バッテリー

最大の特徴がバッテリー容量です。
4000mAhという大きなバッテリーが搭載しているので、連続待ち受けは驚異の38日となっております。
実際に使用した場合は、3~4日程度かと思われます。

ZenFone Max M1 レビュー (5)

 

カメラ

カメラ性能もそこそこハイスペックなデュアルレンズです。
片方は画角が2倍のワイドレンズなので、かなり使い勝手が良さそうです。

ZenFone Max M1 レビュー (6)

 

SIM

日本バージョンはdocomo,au,softbankの全キャリアに対応しています。
auに関してはVolte必須のようです。
そして、SIM2枚+microSDカードを同時に使えるトリプルスロット機能が搭載しています。

ZenFone Max M1 レビュー (7)

 

セキュリティー

指紋認証+顔認証のデュアル認証システムが搭載しています。

ZenFone Max M1 レビュー (8)

 

筐体

デザインはとてもシンプルです。
iPhone 8にも似ていますね。

ZenFone Max M1 レビュー (9)

 

電源ボタンと音量ボタンは右側面に搭載しています。

ZenFone Max M1 レビュー (10)

 

指紋認証は背面で、底面にmcroUSB端子が搭載しています。

ZenFone Max M1 レビュー (11)

 

3.5mm Jackは上側面に搭載しています。

ZenFone Max M1 レビュー (1)

 

全面背面両面にLEDフラッシュライトが搭載しています。

ZenFone Max M1 レビュー (12)

 

レッド色もかっこいいですね。

ZenFone Max M1 レビュー (2)

 

PDF

ZenFone Max M1 レビュー (13)

ZenFone Max M1 レビュー (14)

 

動画

▼PV

コンパクトボディーに、超・スタミナ。- ZenFone Max M1 |ASUS JAPAN

 

ポイント

良い点

  1. まぁまぁ安い
  2. トリプルスロット搭載
  3. docomo,au,sotbank全キャリア対応
  4. 両面フラッシュライト搭載
  5. バッテリー容量が大きい(4000mAh)
  6. 指紋認証搭載
  7. 顔認証搭載
  8. 横幅が細いので持ちやすい

気になる点

  1. スペックが低い

 

まとめ

Amazonでお手軽に買えるというのが特徴です。
価格もそこまで高く無いのは良いところでしょう。

ただし、CPUスペックは結構低いです。
モンスト、パズドラ、ツムツム系をライトに遊ぶことはできても、荒野行動やPUBGは無理と思って下さい。

全キャリア対応なので、お好きなSIMカードで利用できます。
BC0 CDMA2000対応の表示がなかったので、auSIMを使う場合はVolte必須かもしれません。
SIMカードは2枚入れた状態でmicroSDも使えるのはかなり特殊ですね。

画面は5.5インチですが、横幅が70.9mmと結構細いので、そこそこ持ちやすいと思います。
解像度は低めですが、この画面サイズであれば、荒いと感じることは無いでしょう。
縦長ディスプレイですが、ノッチはないので、その辺の不具合もありません。

カメラスペックもライトに使う分は十分な高画質でしょう。
アウトカメラの1つは広角レンズなので、使い勝手が良さそうです。
全面にもフラッシュライトが付いているので、自撮りする際も便利かもしれません。

バッテリー容量が4000mAhと大きいのも特徴です。
例えば、あまりスマホに詳しくない父や母に格安SIMを入れて使ってもらうというのに良いかもしれません。
バッテリーが大きいので、4年位は十分使えるんじゃないかなと思います。
大手メーカーなので、バージョンアップもそこそこ来そうという期待もできます。

コスパ最強とまでは言えませんが、悪くないスマートフォンかもしれませんね。

GearBestで販売されている、Zenfone Max Pro の台湾版がなんとBand19に対応していたので、そちらを選ぶのも良いかもしれません。
画面サイズが6インチになり、CPUもパワーアップし、Antutu11万点あるため、かなり快適でしょう。

海外モデルは日本で販売されているモデルとは対応Bandが異なりるため、確認して購入しましょう。

店舗 商品 価格
【Amazon】 ZenFone Max M1 24,624円
【GearBest】 ZenFone Max M1 Pro台湾版 28,287円
【TOMTOP】 ZenFone Max M1
【geekbuying】 ZenFone Max M1
【AliExpress】 ZenFone Max M1

コメント