日本で大ヒット中のBand19対応、激安中華スマホの開封レビュー!【UMIDIGI Z2 , スマートフォン】

あの話題のスマホがついに手に入ったので、早速開封致します!

目次

【目次】UMIDIGI Z2 , スマートフォン

提供:UMIDIGI

こちら企業様よりご提供いただきました。

日本のスマホは高すぎる?

日本でスマートフォンを買うと高すぎませんか?
海外では、驚くほど安いスマートフォンがたくさん販売されているのに、なぜか日本で売られているスマートフォンはどれも高いです。

安いスマホも無いことはないですが、見た目が安っぽい樹脂製のものばかりです。
見た目が良さそうと思ったスマホも、スペックが低すぎてすぐに容量がいっぱいになってしまうものも多いです。
家電量販店に行くと、一見すると安そうに見える価格表示がされていますが、通信量が高く設定されているので、支払総額は結局高いままです。

そんなスマートフォンにウンザリしている人は、今回ご紹介するUMIDIGI Z2がおすすめですよ!

 

UMIDIGI Z2

日本でも爆発的に売れている、海外スマートフォンです。
iPhone Xそっくりなディスプレイに、かっこよすぎるデザインが魅力的です。
スペックも結構高いので、いろんなアプリをサクサク遊べます。

【UMIDIGI】公式ページ

【AliExpress】UMIDIGI Z2

2018-07-25_17h48_38

 

スペック

製品名 UMIDIGI Z2
トワイライト
ファントム
ブラック
トワイライトブラック
OS Android 8.1 Oreo
CPU MediaTek Helio P23 (MT6763V)
4×2.0 GHz ARM Cortex-A53 + 4×1.5 GHz ARM Cortex-A53,
Octa-Core
GPU ARM Mali-G71 MP2
RAM 6GB
ROM 64GB
microSD 最大256GB
WIFI 802.11a/b/g/n
SIM

Nano SIM x2

4G LTE
B1 (2100), B12 (700), B13 (700), B17 (700), B18 (800), B19 (800), B2 (1900), B20 (800), B25 (1900+), B26 (850), B28 (700), B3 (1800), B38 (TDD 2600), B39 (TDD 1900), B4 (1700/2100 AWS 1), B40 (TDD 2300), B41 (TDD 2500), B5 (850), B7 (2600), B8 (900)
3G
B1 (2100), B10 (1700), B2 (1900), B5 (850), B8 (900)
2G
CDMA BC0 (800), CDMA BC1 (1900), B2 (1900), B3 (1800), B5 (850), B8 (900)

DSDS 対応
画面 6.2インチ
2284 x 1080 px
カメラ 背面:1600万+800万画素
前面:1600万+800万画素
インターフェース

USB Type-C
microSDカードスロット
(SIMと共用)

GPS A-GPS
GLONASS
GPS
Bluetooth 4.0
バッテリー 4050mAh
付属品 Back Case : 1
Cell Phone: 1
Earphones Adapter: 1
Other: 1 x Type-C Cable
Power Adapter: 1
Screen Protector: 1
SIM Needle: 1
サイズ 74.4 x 153.4 x 8.3 mm
165 g
Antutu 58,000約
発売日 2018年6月

UMIDIGI Z2 スペック

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ
使用可能
au
使用可能
Softbank
Ymobile
使用可能
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
対応    
Band 19
800MHz
対応    
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
対応   ⚫※1  
Band 28
700MHz
対応

Band 41
2500MHz

対応  
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
     
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
     
CDMA2000
BC0
対応   ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。

 

特徴

以前に別記事でご紹介しましたので、そちらもご覧ください。

2万円のiPhone Xそっくりスマホがついに登場!【UMIDIGI Z2 , スマートフォン】

 

開封

超大ヒット作のスマートフォンがついに僕のところにも到着しました!
買うかどうか迷っていた人は、参考にしてみてください!

UMIDIGI Z2 開封レビュー (1)

 

UMIDIGIはこのパッケージで統一されているみたいですね。
同じパッケージを使用することで、コストカットしているのかもしれませんね。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (2)

 

UMIDIGI Z2は全部で4色ありまして、今回はトワイライト色となります。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (3)

UMIDIGI Z2 開封レビュー (4)

 

スライドして…

UMIDIGI Z2 開封レビュー (5)

 

裏面にはスペックが書いてありました。
このお値段で、RAM6GB,ROM64GBというのは凄いですよね(汗)

UMIDIGI Z2 開封レビュー (6)

 

それではオープン!

UMIDIGI Z2 開封レビュー (7)

 

各種SNSもやっています。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (8)

 

予めケースに入れた状態で梱包されていました。
この辺も無駄な梱包を除くコストカットかもしれませんね。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (9)

 

その下にはマニュアルです。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (10)

 

SIMピンもついています。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (16)

 

普通の英語マニュアルが入っていました。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (17)

 

その下には、左から、USB Type-Cケーブル、Type-C to 3.5mm Jackケーブル、ACアダプターです。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (11)

 

3.5mm Jack端子は搭載していないので、有線イヤホンを使う場合はこの変換端子を使います。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (12)

 

赤くてかっこいいケーブルが付属していました。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (13)

 

ACアダプターは残念ながら、海外タイプです。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (14)

 

最大18Wの急速充電に対応しているため、できればこのACアダプターを使いたいですが、変換アダプターを噛ませるとサイズがでかくなるので悩みどころですね。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (15)

 

そして、なんと驚くことに、付属の無料ケースがかなり高品質です!

UMIDIGI Z2 開封レビュー (18)

 

見てください!
革風(樹脂製)の触り心地の良いサラサラとした素材のケースです!
この品質はAmazonだと1200円、AliExpressだと600円くらいしそうですよ!

UMIDIGI Z2 開封レビュー (19)

 

まだフィルムを剥がしていないので穴は隠れていますが、精密な作りです。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (20)

 

ボタンも非常に押しやすい!

UMIDIGI Z2 開封レビュー (21)

 

内側はちょっと耐衝撃性をアピールしています。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (22)

 

ケースから外すと、こんな感じ。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (23)

 

ペリペリを剥がすとじゃ~ん!
てかてかピカピカ!

UMIDIGI Z2 開封レビュー (24)

 

反射が強すぎて、カメラが写り込んでしまうレベルです。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (25)

 

カメラは出っ張りがないタイプです。
すべてのスマホがこんな感じであれば、いいのですけれどね(汗)

UMIDIGI Z2 開封レビュー (26)

 

めっちゃ綺麗です!

UMIDIGI Z2 開封レビュー (27)

 

下側面はこんな感じ。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (28)

 

右側面には上から音量、電源ボタンが付いていました。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (29)

 

ボタンの作りも満点です。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (30)

 

上にはマイク穴がありました。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (31)

 

左側面にはSIMカードスロットがついています。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (32)

 

SIM PINで出すタイプです。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (33)

 

SIMは2枚入ります。
microSDが入るところが嬉しいところ。

  1. Nano SIM + Nano SIM
  2. Nano SIM + micro SD

UMIDIGI Z2 開封レビュー (36)

 

そして画面です。
保護フィルムが貼ってありますので、1枚剥がしましょう。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (34)

 

2重構造タイプです。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (35)

 

そして、起動しましょう!

UMIDIGI Z2 開封レビュー (37)

 

ようこそ!日本語対応!

UMIDIGI Z2 開封レビュー (38)

 

(Band19対応なので)早くもSIMカードを入れろと言ってきます。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (39)

 

セットアップは一般的なタイプです。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (40)

 

指紋認証も登録しましょう。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (41)

 

セットアップ完了です♪
そして、ベゼルが細くて綺麗!

UMIDIGI Z2 開封レビュー (42)

 

重量は166gでした。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (43)

 

見てください!
このベゼルの細さ!
中華格安スマホとは思えない細さですね~

UMIDIGI Z2 開封レビュー (44)

 

画面上部もいい感じです。

UMIDIGI Z2 開封レビュー (45)

 

画面下もいい感じ♪

UMIDIGI Z2 開封レビュー (46)

 

ベゼルは結構細いですねぇ~

UMIDIGI Z2 開封レビュー (47)

 

きちんとGoogle Playにも対応しています~

UMIDIGI Z2 開封レビュー (48)

 

まとめ

やっぱりいい端末ですねぇ~
とりあえず、開封だけしてみたところですが、バッチリ満点あげてもいいくらいの品質でしたよ。
背面はテッカテカなので、裸状態で使う勇気はありませんが、裸で使いたいくらいかっこいいです!

ディスプレイのベゼルは写真通り細くてびっくりしました。
中華の安いスマホはベゼルが太い物が多いので、この細さは高級機並みです。
本体厚みも細いので、手に持った感覚は5万円機と同じレベルでした。

始めから張ってあった保護フィルムはそれほど品質は高くはないので、別途保護ガラスを購入したほうがいいかもしれません。
保護フィルムは多少使っていれば、指の滑りは良くなりますが、保護ガラスのほうが断然操作性がいいですからね。
保護ガラスも安いので一緒にポチっておくのがおすすめです。

次回からは、いろいろと検証していこうと思います~ヾ(*´ω`*)ノ

【UMIDIGI】公式ページ

【AliExpress】UMIDIGI Z2

 

目次

【目次】UMIDIGI Z2 , スマートフォン

コメント

  1. oichan より:

    kazuhiroさん、初めまして。
    こちらのブログを見て、z2を自分と家族用に2台購入してしまいましたv
    約30,000円とは思えないほど、素晴らしいスマホなのですが、1点だけ問題というか…
    2台ともアプリの通知音(LINEとGmail)が鳴ったり鳴らなかったりするのですが、
    仕様なのか初期不良なのか、kazuhiroさんの個体はどうでしょうか?
    それ以外はとても満足できているので、非常に残念です。

    • Kazuhiro kazuhiro より:

      こんにちは。
      私の端末ではそういった症状はありませんでした。

      例えば、設定でなにか影響しているのかもしれません。
      UMIDIGI Z2には、設定にDuraSpeedというのがあり、ONにすることでバックグラウンドアプリを制限する機能が付いています。
      そちらで、LINEをONにする(もしくはDuraSpeed自体をOFF)ともしかすると改善するかもしれません。

      あとは、設定の通知項目を今一度チェックしていただいて、変な点を確認するというのも一つの方法です。

      解決するかわかりませんが、お試しください。

      • oichan より:

        kazuhiroさんこんにちは。
        色々設定を変えてみたりしたのですが、変化が見られませんでした。
        私なりに調べてみたところ、どうやらandroid7.0以降のOS搭載機でちょくちょく発生している現象のようです。
        決定的な解決策はない様なのでしばらく様子見します。
        ありがとうございました。