Qiの進化系Piがついに登場!30cm離れたところからでも充電が出来るって凄すぎる!

無接点充電ってここまで進化してたの!?

記事参照

◆engadgetより一部抜粋

円錐形で、最近はやりのスマートスピーカーのような形状のPiは、半径30cmほどの空間にあるデバイスを最大4台までフルスピードで充電可能。

以下、全文を読む

 

内容をまとめると

  1. 発売予定日2018年
  2. 半径30cm以内の空間の4つまでのデバイスに充電可能
  3. 最大出力20W
  4. Qiと同じ規格のため、Qi対応デバイスで使える
  5. 価格は200ドル以下
  6. 先着314名には50ドル割引中

 

まとめ

これはすごいですね!革命です!

Qiが発売した時は、非常に便利だと感じてボクの場合はNexus5で利用していましたが、最近のスマホではQi対応と言うものは逆に少ないように感じます。

実際便利なのは便利なんですが、ボクの場合複数のデバイスをいろいろと使うので、すべてがQi対応というわけではないですから、結局普通のケーブルも必要になるんですよね。

つまり、Qi充電器の場所が邪魔になるので、結局使わないといった感じになりました。

 

でも、このPiであれば、30cmという広い範囲内で充電ができるので、利便性は格段にUPしていますよね。

この技術が更に広まって、価格の低下が起これば、あらゆる場所でいつの間にか充電されていた、という未来が見えてくる気がします。

肝心なのは、これによってQi(Pi)対応が一般的になる必要があるということなんですよね。

一応iPhone8がQi対応になったので、確実にQiスマホは普及することでしょう。

 

現状、すごいスピードで指紋認証搭載スマホが普及しているので、同じようなことがQiにも起こるかと思われます。

やっぱり、まだまだiPhoneがスマホ時代をリードしていくことになるみたいですね。

コメント