海外で大人気の激安2000円ゲーミングマウスが恐ろしいほどハイスペック!【Motospeed V20・開封レビュー】

いわゆる中華ゲーミングマウスですが、実用性バツグンの性能が秘めています。

提供:GEAR BEST

中華タブレットを買うならまずはこのサイトから!

あまりにも安すぎて、見ているだけで面白いです。

海外通販サイトの中でも日本顧客を意識してくれています。

【GearBest】トップページ

 

Motospeed

このブランドは中国の深センに本社を置くブランドかつメーカーです。

2008年創業なので、すでに9年近く経っていることを考えると、結構すごいかもしれません。

工場は8000平米あり、従業員は300人以上、毎月300,000個のマウスを製造しているとのことですから、大手企業を名乗ってもいいレベルです。

 

個人的に、プロゲーミングの試合などで、このブランドを見たことはありませんが、激安マウスブランドとして通販サイトではよく目にしていました。

【Moto speed HP】http://www.motospeed.cc/

2017-8-31_12-34-17_No-00

 

Motospeed V20

Amazonでも大人気の激安ゲーミングマウスですが、正直今のAmazonで販売されている2000円以下のゲーミングマウスは、ゲーミングを名乗れないものばかりです。

ゲーミング=ボタンが沢山付いている、という認識の人がいるかもしれませんが、そうではありません。

腕の動きにしっかりと追従できる性能が無ければいけないのです。

 

FPSやRTS、MOBAなど様々なジャンルがありますが、どのE-sportsにも共通して言えるのは、素早い動きが必須ということなのです。

そして、この動きについてくるという部分を数値化したスペックがポーリングレートHz(レスポンスタイム、レポートレート)と言います。

ポーリングレートと言うのは、1秒間に何回マウスの位置を計測するかを表しています。

大抵のマウスは125Hzとなっているため、1秒間に125回、自分の位置をチェックしていることになります。

 

しかし、プロが使っているゲーミングマウスは最低でも500Hz必要なのです。

これよりも数値が低いと、マウスカーソルが吹っ飛んでしまい、本来動かしたいところへ動いてくれません。

※基本的に500Hz or 1000Hzの2種類ですが、1000Hzだと古いゲームでは非対応で逆にマウスカーソルがバグる可能性もあるため、500Hzで使うプレイヤーが多いです。

 

例えば、125Hzだとマウスを左から右へ素早く動かしても、左から、右上に行ってしまったり、ちょびっとしか右に行かなかったりしてしまいます。

ゲームにならないのです!

 

SimCityをやるなら、どんなマウスでも良いですが、FPS,RTS,MOBAをやるなら最低限必要なのが、ポーリングレート500Hz以上のマウスなのです。

 

しかし、Amazonで販売されているゲーミングマウスのタイトルには、「DPI500~5000対応!」みたいな文字ばかりです。

DPIは関係ないのです。

関係ないスペックをあたかも、数値が高いほどすごい!みたいな表現をしているのです。

ミスリードを誘った方法です。

※ミスリード:スペックが高いとは言っていないが、そう思わせる書き方。

 

ポーリングレートHzはゲーミングマウスにおいて、一番重要な情報なのに、それを明記していないマウスは間違いなく125Hzで地雷です。

 

今回のMotospeed V20はこのポーリングレートは500Hz対応なので、スペック上は実用的であります。

【GearBest】Motospeed V20

2017-8-31_12-34-43_No-00

2017-8-31_12-34-54_No-002017-8-31_12-34-59_No-002017-8-31_12-35-3_No-002017-8-31_12-35-8_No-00

 

開封

海外製の無名メーカーの激安ゲーミングマウスは地雷が多いですが、このマウスはどうなんでしょうかね?

IMG_20170830_181737

 

GearBestのショップない評価はかなり高く、結構売れているみたいではあるので期待はできそうです。

IMG_20170830_181745

 

ここでびっくりなのが、日本語も表記されているというところです!

これから、日本での販売も広げるということの可能性がありますね。

IMG_20170830_181750

 

2000円で実用レベルのマウスなら、今までの半額以下でゲーミングマウスが使えることになりますから、非常に楽しみです。

IMG_20170830_181756

 

箱は全体的に若干傷んではいますが、その辺を気にしては激安マウスを買えません。

IMG_20170830_181802

 

ISOの電気なんとかも取得されているみたいなので、電気製品としても安心できますね。

IMG_20170830_181809

 

付属品はマニュアルと合格証とマウス本体です。

IMG_20170830_181839

 

何に合格したかはわかりませんが、合格したみたいです。安心!

IMG_20170830_181849IMG_20170830_181856

 

CDなどは付属していませんが、ホームページ上でドライバーをダウンロードすることで、マウスの詳細設定を変更することができるみたいです。

【Motospeed】ドライバーダウンロード ページ

IMG_20170830_181912IMG_20170830_181919

 

そして、こちらがマウス本体です!

IMG_20170830_181934

 

左側には2つボタンが付いています。若干安っぽさはありますが、押し心地は良好です。

IMG_20170830_181940

 

タイガーのマークが付いています。

USBに挿すと光ります。

IMG_20170830_181947

 

右にはボタンはありません。

IMG_20170830_181956

 

上部にはマウスクリック・ホイールクリック・DPI調整ボタンが付いています。

IMG_20170830_182006

 

ケーブルの付け根

IMG_20170830_182026

 

裏面。滑りは悪くなく、パッドも広いので良さげです。

IMG_20170830_182100

 

ケーブルはワイヤード式で、これも良さげです。

IMG_20170830_182113

 

USBもしっかりとしています。

IMG_20170830_182122

 

なんと、金メッキされていました!これは豪華!

IMG_20170830_182135

 

そして、つなげるとぴかっと!光ります!

IMG_20170830_182257

 

おしゃれですね!

IMG_20170830_182305IMG_20170830_182314IMG_20170830_182323

【GearBest】Motospeed V20

 

まとめ

ちょびっと使ってみましたけど、使えますよ!これ!

ゲームもしてみましたけど、普通に遊べました。

 

マウスサイズは一般的で、万人向けです。

マウスクリックも軽快で16連射も可能なレベルです。

ホイールクリックも軽いため、常用することも可能です。

ホイール回転はカリカリと微調整可能です。

使用上の不都合はありませんでした。

マウスカーソルが吹っ飛ぶこともありません。

 

これはやばいコスパのマウスかもしれませんよ!

次回は実際に使ってみた様子をお伝えいたします。

【GearBest】Motospeed V20

 

つづき

【Motospeed V20・ゲーミングマウス】レビュー・関連記事・まとめ・リンク集

コメント