【中華スマホ・OUKITEL K10000 Pro】アプリ起動検証編

海外スマホを使う際に気になるのは、アプリが動くかどうかですよね?

今回は、幾つかのアプリを起動して遊んでみて、きちんと動作するかどうかを検証してみようかと思います。

OUKITEL K10000 Pro

バッテリー容量が10000mAhのスマートフォンというだけで、「あのスマホか」と思ってしまったあなたは、すでに中華スマホ通です。

そして、今回のスマホはそのスマホのPROバージョンです。

1年半の月日を経て、大幅にグレードアップしたようです!

2017-6-28_0-22-56

【GearBest】OUKITEL K10000 Pro

 

検証方法

各アプリを起動して、適当な時間だけ遊んでみて、起動と動作をチェックしてみました。

 

アプリ

Doors5

問題なし

 

Fidget Spinner

問題なし

 

Fight League

問題なし

 

Last Empire War Z

問題なし

 

モンスターストライク

問題なし

 

radiko.jp

問題なし

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~

問題なし

 

ドラゴンボールZ ドッカンバトル

問題なし

 

プロジェクト 東京ドールズ

問題なし

 

ポケモン Go

ARモードは使えない

 

ベンチマークアプリ

3D Mark

問題なし
点数:386点

 

Geek Bench

問題なし
Single-Core:613点
Multi-Core:2625

 

Antutu

問題なし
点数:44,748点

 

CPU-Z

問題なし

 

まとめ

いろいろなアプリで遊んだ時の体感の感想は、若干カクツクという風に感じました。

普通の場面は問題ないのですが、攻撃モーションエフェクトが激しい場面ではフレームレートが落ちますね。

ただ、遊ぶ分には問題ないですね。

もし、リアルタイムで進むようなアクション・ゲームだと不利かもしれませんね。

ターン制のモンストの様なゲームで有れば、問題ありません。

 

過去のスマホで唯一ドラゴンボールZ ドッカンバトルが起動しました!

日本で正式発売している端末でしか起動しなかったアプリなんですが、OUKITEL K10000 PROで、なぜ起動したのでしょうかね?

その他のアプリも何ら問題なく起動したので、この端末ではかなり多くのアプリが問題なく起動できそうに思えますね。

【GearBest】OUKITEL K10000 Pro

 

関連リンク

【中華スマホ・OUKITEL K10000 Pro】関連リンクまとめ