中華アクションカメラを使って映像を撮影してみると、こんな動画が撮れるよ。(EKEN H9)

アクションカメラが活躍する季節になってきましたね。

今日本でも、大人気の中華アクションカメラですが、胸に取り付けて撮影するとどんな映像が撮れるかをテストしてみました。

アクションカメラとは?

GoProを代表とする小さなカメラです。

GoProだと3万円前後しますが、中華アクションカメラだと5000円から買うことが出来ます。

値段は非常に安いですが、性能はGoPro並なので、その結果、最近GoProの経営が悪化しています。

今回使ったアクションカメラはコチラのモデルです。

5000円でGoProを買う方法(EKEN H9)

 

アクションカメラを胸につけるやつ

▼こんなやつを胸に取り付けて、映像を撮影しています。体の中心にくっつけることで、ブレの少ない映像を撮影することが出来ます。

 

動画

近くの山にフキノトウを取りに行きました。そして天ぷらにして食べました。苦くて美味しい。

 

まとめ

スタビライザーなしでもかなりブレの少ない映像を撮ることが出来ました。

やはり、体の中心というのは人間のバネのお陰で安定しているんですね。

頭に取り付けるアクセサリーもありますが、とても目立って人がいるようなところでは付けたくありませんが、胸につけるタイプであれば、まだ目立ちにくいので取り付けしやすいですよね。

アマゾンではGoProアクションカメラ用のアクセサリーを大量にセットで販売しているので、そういったタイプを購入するのがコスパ高めで良いかと思います。

Amazon でGoPro用アクセサリーセットを検索する。

 

アクションカメラを検討している人はチェックしてみてください。

GearBestで EKEN H9 Ultra HD 4Kの現在の価格を確認する。

AliExpressでEKEN H9 の現在の価格を確認する。

Amazonで人気のアクションカメラを検索する。

 

あとがき

日記ブログにて収穫したフキノトウについても書きました。

【今日のニート】2000円分のフキノトウを無料で手に入れる方法