【8インチタブレット】ドスパラからお絵かきタブレットが発売するらしいよ(raytrektab DG-D08IWP)

ドスパラからキワモノ系といっても良い、8インチタブレットが発売するみたいです。

はたして、実用的なタブレットなのかをチェックしてみました。

 ドスパラタブレット DG-D08IWP

中華タブレットで人気の8インチWindowsタブレットですが。日本のメーカーはあまり販売しておりません。

ただ、ドスパラはたまーにこういう面白そうなタブレットを販売してたりします。

中華製のだとサポートがー、とか不具合がー、とかの心配がありますが、ドスパラのほうがやっぱり安心感がありますよね。

 

そして、このタブレットはお絵かきに特化したお絵かきタブレットという位置づけのようです。

 

スペック

製品名 raytrektab DG-D08IWP
OS  Windows 10 Home
CPU  Atom x5-Z8350
1.44GHz
GPU  インテル HDグラフィックス400
RAM 4GB
ROM 64GB
microSD 有り
(最大容量不明)
画面

8インチ
1280×800

カメラ メイン:200万画素
サブ:200万画素
インターフェース microUSB
microHDMI
3.5mm jack
microSD
加速度センサー
GPS
ペン Wacom feel IT technologies
デジタイザ4096階調
Bluetooth 4.0
内容物  クイックガイド
ACアダプター
microUSB(オス)-USB(オス)変換ケーブル
microHDMI(オス)-HDMI(メス)変換ケーブル
筆圧感知機能付きペン(標準芯付き)
替芯(フェルト製・エラストマー製 各1本)
芯抜き
サイズ  214(幅)×128(奥行き)×10.1(高さ)mm
発売日  2017年春
価格 49,800円

 

▼出先で膨らんだイメージを「ゆるーく」「落書き」したり、というところから、元からガッツリこれ1つで精密な作業をする用途ではないということが感じられる。

2017-4-4_17-29-14

 

▼タブレットとしては標準的に使えそうですね。

2017-4-4_17-15-50

 

▼芯が2種類選べるのは良いですね。替芯もたくさん付属しているかは不明です。

2017-4-4_17-15-47

 

筐体

まだあまり写真は出回っていないようですが、特徴的なデザインではないようです。

 

想像以上に動くだけで、サクサク動くというわけではないみたい。

 

動画を見る限りは、遅延はちょびっとある程度で使えそうな印象。ラフやデッサン段階に関しては使えそうですね。レイヤーを重ねていった場合はわからないですが。

 

大きな液晶につなげれば、ペンタブとして使えそうですね。

 

まとめ

スペックから想像するに、それほど期待出来るようなものではない気がします。

サクサクというよりは、まったり使えるスペックですね。

ペンの反応や追従性はなかなか良さそうなので、ペンタブレットが欲しいという人には悪くないかもしれません。

ただし、価格が結構ネックになりそうですね。

49,800円というのは想像以上に高いです。

日本メーカーと中華パッドを一緒に比べるのは平等ではないですが、ほぼ同じスペックの8インチタブが中華タブであれば1万円で買えてしまうところに、ペンタブ機能が付いたくらいで約5万円になるというのは正直、「誰が買うのかな?」と思わざるを得ません。

 

iPad + 専用ペンを一緒に買うと約5万円なので、そちらのほうが断然良さそうにも思えます。

スペック、ペンの追従性、快適度、あらゆるところを比較してもこのスペックだとiPadに遠く及ばないと思うのです。

Windowsじゃないと・・というニッチな人は、そもそももっとハイスペックのペンタブを欲するでしょうし、誰をターゲットにしているのかがよくわかりません。

お絵かき程度の使い方を提供したいのであれば、高くても、2万円代くらいじゃないと、厳しい気もします。

19,800円くらいだったら、日本メーカーという安心感も含めて買いの商品かと思いました。

ドスパラ DG-D08IWPのページ

このブログを2回以上見たことある人は、feedlyで購読すると便利ですよ( ‘ω’ 三 ‘ω’ )
【Feedly】自分のよく見るブログをまとめておける!購読リストの作り方!

コメント