Amazonで一番人気の超激安!無線LANのWIFIルーターが普通に使える!(開封フォトレビュー)

ルーターって価格の幅が結構ありますが、この製品はその中でもかなり安い部類に入ります。

実際に、ここまで激安の製品でもきちんと実用出来るレベルなのかをチェックしてみようと思います。

スペック

商品名:I-O DATA Wi-Fi 無線LAN ルータ WN-G300R3
型番:B00ORMZHGO

無線LAN規格:11n・11g・11b
伝送速度(理論値):300Mbps(11n)、54Mbps(11g)、11Mbps(11b)
アンテナ:内蔵アンテナ×2/有線ポート:4ポート
セキュリティ:搭載機能:お子様フィルタリングサービス
対応OS:Windows 10/8.1/8/7 SP1/Vista(32ビット版)SP2、Mac OS X 10.5~10.11(詳細はメーカーHP参照)
外形寸法:約125(W)×98(D)×27(H)mm(突起物を除く)
重量:約130g
付属品:スタンド、ACアダプター、LANケーブル(約50cm)、取扱説明書、無線LAN設定情報シート

 

開封

IO DATAらしいパッケージですね。

IMG_20161117_110328 IMG_20161117_110334 IMG_20161117_110341 IMG_20161117_110349 IMG_20161117_110355 IMG_20161117_110402

 

内容物はこんな感じ。

IMG_20161117_110428

 

縦置きスタンドもついていました。

IMG_20161117_110727 IMG_20161117_110731

 

ACアダプター

IMG_20161117_110742 IMG_20161117_110753

 

短いLANケーブルも入っていました。

IMG_20161117_110802

 

そして、こちらが本体!

IMG_20161117_110817

 

amazonの写真で見るよりもコンパクトサイズだと思いました。

IMG_20161117_110830

 

デザインはよくある感じで、良くも悪くもない感じですね。

IMG_20161117_110840

 

WANポート(入力)は1つLANポート(出力)は4つありました。USBポートは無し。

IMG_20161117_110845 IMG_20161117_110851 IMG_20161117_110857

 

裏面

aaaa 

 

リビングのWIFI強度が弱いので、そこ用で購入しました。

IMG_20161117_122522

 

スマホからでも設定画面にはいって、マニュアルを見ながら、そこそこ簡単に設定できました。

Screenshot_2016-11-17-12-14-05-786_com.android.browser

 

スピードも特に問題なし。最大1000Mbps環境(汗)

Screenshot_2016-11-17-12-35-38-579_org.zwanoo.android.speedtest

 

上3つがこのWIFI

Screenshot_2016-11-17-12-36-45-962_org.zwanoo.android.speedtest

 

ポイント

・良い点

  • 安い
  • 実用的
  • 小さい

 

・悪い点

  • スペックは低い

 

まとめ

1階の家の中央に取り付けて、2階の端っことかだと多少スピードテストで結果は変わってきたり、WIFIの電波が弱くなることが感じますが、それで使えないというレベルにはなりませんでした。

たとえば、これを家の端っこに置くと、反対側の端っこまでは厳しいかもしれません。

家の中央におけるような環境であれば、こんなに小さくて安いWIFIルーターでも正直全く問題ないなぁと感じました。

 

このWIFIルーターは最大300Mbpsが最大ですが、有線LANは100Mbpsが最大なので、その結果、WIFIも100Mpbsになってしまうという意味不明なことになってしまいます。

WIFIルーターでは当たり前のようにこういったことが起こってしまっていて、なんだか、300Mbpsという数字を出したいだけのために、300Mbpsを採用しているんじゃないのかと感じられてしまいます。

この300Mbpsを活用するには、WIFIルーターを無線中継器として活用すると良いかもしれませんね。(ブリッジ接続)

 

それを踏まえても、安くて実用レベルの速度が出るというところから、全ての人におすすめできるWIFIルーターであると感じました。

何を買えばいいかわからない人はとりあえず、これを買っておいてもいいかと思います。

 

日記

※最近ボクが気になった事を毎回記事の最後に書いています。

1000Mbpsでも、100Mbpsでも今のところ大きな違いは感じられません。

ただし、今後4Kとか高画質なコンテンツが増えてくると、1000Mbpsの恩恵が感じられるようになるのでしょうね。

SSDの単純容量と価格のコスパがHDDを超えたときが、その分岐点だと思います。

このブログを2回以上見たことある人は、feedlyで購読すると便利ですよ( ‘ω’ 三 ‘ω’ )
【Feedly】自分のよく見るブログをまとめておける!購読リストの作り方!

コメント