【VRヘッドセット】スマホVRで移動ができる!コントローラーとVRHMDのセット!(開封フォトレビュー)

スマートフォンでVRを楽しむなら、コントローラーがあったほうが便利かもしれません。

そして、その2つがセットになりました。

提供:BestUvistar

こちら企業様よりご提供いただきました。

アマゾンで他の販売商品も見てみる。

 

スペック

商品名:uvistar 3D VRゴーグル 折り畳み式 ワイヤレスリモコン付き
型番:B01NCIDHFJ

折り畳み式
無線リモコン付
対応スマホサイズ:4.7~6.0インチ

 

開封

通常は別売りのVRゴーグルとコントローラーがセットになっています。

IMG_20170112_143321 IMG_20170112_143328

 

VRヘッドセットは専用のケースに入っているので、持ち運びにもいい感じですね。

IMG_20170112_143352

 

コントローラーの重量は41g

IMG_20170112_143649

 

コントローラーは任天堂Wiiのヌンチャクコントローラーにすごい似ているような気がします。

IMG_20170112_143657

 

AndroidとIOSの切り替えができるようです。

IMG_20170112_143700 IMG_20170112_143704

 

単4電池2本で動きます。

IMG_20170112_143713 IMG_20170112_143740 IMG_20170112_143755

 

VRヘッドセットはケースに入れた状態で318gでした。

IMG_20170112_143831 IMG_20170112_143842 IMG_20170112_143850

 

ここにスマホを取り付ける。

IMG_20170112_143922  

 

画面タッチのボタンもついているので、スマホを取り付けた状態で、簡単な操作もできる作りになっていました。

IMG_20170112_144020

 

ガシャコンと顔と接するところはシリコンゴムの収納式になっている。

IMG_20170112_144006

 

完成形はこんな感じ。

IMG_20170112_144146

 

焦点調節も可能になっている。

IMG_20170112_144159

 

ポイント

・良い点

  • 焦点の調整がきちんと出来るのピントがしっかりと合う。
  • 本体のみでタッチ操作もできる。
  • 収納可能なので、持ち運びにも便利。

 

・悪い点

  • コントローラーの作りはあまり良くない。
  • そもそもスマホアプリがコントローラーに対応していない場合がほとんど。

 

まとめ

理想を語るなら、VRを装着して、コントローラーで移動したり、戦ったりの操作ができるとすごい良いなと思います。

しかし、残念ながら、AndroidにしてもiOSにしてもコントローラーに対応していないコンテンツが大多数となっています。

それは、AppleにしてもGoogleにしても規格を作っているわけではないからです。

そのため、コントローラーごとに使えるかどうかが別れてしまったりするのです。

それ故、満足のできるくらいきちんと遊べるアプリのほうが少なかったりします。

 

中には、コントローラーで遊べるVR対応FPSゲームもあったりするんですが、そんなに多くなかったりもします。

それでも、VRヘッドセットにスマホをはめた状態では、画面操作ができませんから、コントローラーがあったほうがいい場面というのもあったりします。

 

VRゴーグルを折りたたんで持ち運びたいと思う人に、良いかもしれません。

 

日記

※最近ボクが気になった事を毎回記事の最後に書いています。

GoogleはDaydreamという規格統一に向けたVR向けのプロジェクトを始めているから、そう遠くない未来にこの問題も解決されるかと思います。

VRはとても面白いし未来が感じられるけれど、今はまだまだ発展途上という感じは否めません。

しかし、その勢いは数ヶ月でかなり変わってきているのが現状なので、日々VR関係をチェックするのはなかなか面白かったりもします。

このブログを2回以上見たことある人は、feedlyで購読すると便利ですよ( ‘ω’ 三 ‘ω’ )
【Feedly】自分のよく見るブログをまとめておける!購読リストの作り方!

コメント