パスワード管理サービスをLastPassから1Passwordに変更する方法とその理由

お客様ぁ~どうもこんにちはカズヒロです。
今までパスワード管理ソフトはLastPassを使っていたのですが、1Passwordに変更しました。
今回は、変更手続き(移行手続き)と移行した理由をご紹介します。

動画版

 

変更した理由

今までLastPassを使っていましたが、大きな問題はありませんでした。
しかし、3月の16日以降からは、無料バージョンが改悪し、1つのデバイスタイプにしかログインできない仕様となりました。

※1つのデバイスタイプでしかログイン出来ないというのは、パソコンタイプ、モバイルタイプのどちらかでしかログインできない(再ログインが必要)になるということです。

つまり、課金しろ!ということですね。

 

LastPassの良い点

  • 無料

LastPassのだめな点

  • 英語(日本語非対応)
  • 1つのデバイスタイプでしか使えない

 

 

1Passwordへ乗り換えた理由

1Passwordは昔から有名でしたが、当初はiOS限定のアプリでした。
そのため、私はLastPassを使っていたのですが、今はAndroid,Windowsともに対応しているため、人気のパスワード管理サービスとなりました。
また、1Passwordには2つのタイプがあります。

  1. クラウドタイプ:月額2.99USD
    1. スマホ・パソコンそれぞれログインしたらデータが共有される
  2. スタンドアロンタイプ:1度だけ 64.99USD
    1. パソコンにデータを保存する
    2. スマホにはデータ

 

1Passswordの良い点

  • 日本語対応
  • 使っているユーザーが多い
  • 買い切りタイプもある(古いバージョン)(約8000円 64.99USD)

1Passwordの悪い点

  • クラウドタイプは月額課金(約300円 2.99USD/月)

 

スタンドアロンタイプのインストールとインポート方法

PCに1Passwordソフトをインストールします。

1password ダウンロード

 

左上の1Passwordライセンス

 

「ライセンスが必要ですか?ライセンス販売もあります」をクリック

 

$2.99は毎月の方で、$64.99が買い切りのスタンドアロンタイプです。

 

クレジットカードやPayPalなどで支払いをします。

 

購入します。

 

すると、登録したメールアドレスに明細書とライセンスキーが届きます。

 

ライセンスキーをダウンロードします。

 

こんなファイルです。

 

1Passwordソフトでライセンスキーを認証させます。

 

このPC上に新しい保管庫を作成します。

 

作成されました。

 

クラウド版の1Passwordアカウントを作成します。14日は無料らしいです。
クラウド上で、LsstPassからエクスポートしたcsvファイルを1passwordクラウドアカウントにインポートします。

 

PCソフトでクラウドアカウントでログインします。

 

シークレットキーはクラウドページに書いてあります。

 

クラウドアカウントでログインすることで、PCの1PasswordにLastPassから移行されたPWなどが確認できます。
これをスタンドアロンタイプにコピー(移行)したいので、全部選択してエクスポートします。

 

拡張子が「1pif」というファイルです。

 

クラウドアカウントはもう使わないのでログアウトします。
次は、インポートします。

 

いまエクスポートした1pifファイルをインポートします。

 

きちんと読み込めたら完了です。

 

Dropbox同期

次にスマートフォンとも共有したいので、Dropboxと同期させます。
(要はPC内のDropboxフォルダ内に1Passwordフォルダを作り、そこにPWなどを保管し、Dropbox経由でスマホが読み取るという形となります。半ば無理やりな同期)

Dropbox PCソフトをインストールします。

Dropbox PC版

 

先程インポートしたファイルをDropbox内にコピペします。
(先程のファイルは消してもいいし、バックアップとして撮っておいても良い。つまり、定期的のこのファイルをコピペしておけば、バックアップとなる)

 

まとめ

正直面倒くさいです!
スタンドアロンタイプだけでの運用は、PCが壊れたら全部消えてしまうので、Dropboxとの共有システムは絶対に必須だと断言できます。
せっかく7000円ほど支払ったので、1~2年位は使って元は取りたいなと思いますが、使い勝手が悪かったらクラウドタイプに変更しようかと思います。

一応Dropboxと同期しているため、PCが壊れても、Dropboxには常にバックアップがあることになるため、問題はないと思います。
また、スマホからも読み取れたので、このまま使い続けることはできそうです。

このブログ記事を読んで、意味がわからない人は毎月300円払って、クラウドタイプに申し込んだほうがいいです。
300円でパスワードが守られて、使い勝手がいいならそっちのほうがいいですからね。