CUBOT P30のスペック情報と特徴まとめ

CUBOT P30のスペックと特徴をまとめました。

提供:CUBOT

格安なのに、超広角レンズ付きスマホ

1万2000円で、簡単な2Dゲームなら快適に遊べる性能があり、超広角レンズ付きのスマホを探しているお客様。
日本で探してもそんなスマホ見当たりませんが、CUBOTからその様なコスパの高いスマホが登場しました。

今回ご紹介するのは、そんな夢を叶えてくれる格安スマホです。

 

CUBOT P30

【GearBest】CUBOT P30

【AliExpress】CUBOT P30

【CUBOT】公式ページ

 

スペック

基本情報
製品名 CUBOT P30
発売日 2019年10月頃
OS Android 9.0
Antutu 約93,000点
デザイン
本体サイズ 156.6*74.3*8.1 mm
┣ 重量 181g
┣ 材質 アルミ
┗ カラー ブルー
ブラック
グリーン
画面サイズ 6.3インチ
┣ 解像度 2340*1080px
┗ 比率 19.5 : 9
ハードウェア
CPU MT6763 Helio P23
┣ 周波数 4x 2.5 GHz ARM Cortex•A53 + 4x 1.6 GHz ARM Cortex•A53
┗ コア数 8コア
GPU ARM Mali- G71 MP2
RAM 4GB
ROM 64GB
認証センサー 指紋認証
顔認証
USBタイプ USB C
microSDスロット 対応
3.5mm Jack なし
カメラ
アウトカメラ 1200万画素
2000万画素
800万画素(125度超広角レンズ)
インカメラ 1300万画素
通信
対応バンド 4G FDD-LTE:
Band: B1 / 3 / 7 / 8 / 19 / 20
3G WCDMA:
900 MHz / 2100 MHz
2G GSM:
850 MHz / 900 MHz / 1800 MHz / 1900 MHz
┗ SIMタイプ nanoSIM
nanoSIM or microSD
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
Bluetooth 4.2
GPS GPS
A-GPS
バッテリー
バッテリー容量 4000mAh
急速充電 5V 2A
その他
付属品 スマホ本体
充電器
Type-C ケーブル
マニュアル
ケース
画面保護フィルム
その他特徴  

 

⚫:対応必須バンド
◯:プラチナバンド(山奥でも繋がりやすい)
△:予備バンド(無くても問題なし)

LTE 端末 ドコモ au Softbank
Ymobile
おすすめ度   X
Band 1
2100MHz
対応
Band 3
1800MHz
対応  
Band 8
900MHz
対応    
Band 11
1500MHz
     
Band 18
800MHz
     
Band 19
800MHz
対応    
Band 21
1500MHz
     
Band 26
800MHz
    ⚫※1  
Band 28
700MHz
 
Band 41
2500MHz
   
▼3G   ドコモ au Softbank
Ymobile
Band 1
2100MHz
対応  
Band6
800MHz
     
Band 8
900MHz
対応    
Band9
1700MHz
   
Band 11
1500MHz
     
Band 19
800MHz
     
CDMA2000
BC0
    ⚫※2  

※1, Band26対応=Band5,6,18,19も対応
※2, au VoLTE SIMを利用した際は、CDMA2000は必須ではなくなります。
※3, auの場合SIMの種類によっては、適合していても使えない場合があります。

 

特徴

CUBOT P30は超激安のライトユーザー向けスマートフォンです。

 

格安なのに、超広角レンズ付きのトリプルレンズ対応スマホです。

 

ディスプレイはベゼルレスウォータードロップノッチのため、安物感はありません。

 

超広角レンズは広い範囲を撮影できるため、とても便利です。
ただ、格安スマホの場合、動画撮影ができない場合があるため、その点が気になります。

 

奥行きを検知するレンズが2000万画素もあるため、とてもきれいなボケを演出できることでしょう。

 

AIカメラも搭載しているため、自動的に最適なフィルターをかけてくれます。

 

通常のレンズは75度程度ですが、搭載の超広角レンズは125度とかなり広いです。

 

ナイトモード撮影もしっかり搭載です。

 

インカメラ画質も1300万画素と高いですが、格安スマホなので、期待しすぎないほうが良いかと思います。

 

CPUはHelio P23です。
Call of dutyのようなきれいな3Dグラフィックゲームを遊ぶには性能不足ですが、2Dのパズルゲームを遊ぶには十分な性能です。

 

RAMは4GB,ROMは64GBと通常利用であれば問題ありません。
足りない場合は、microSDカードを追加しましょう。

 

バッテリー容量は4000mAhと大きめです。

 

セキュリティー精度はそこまで高くありませんが、顔認証にも対応です。

 

OSはAndroid 9.0です。
動作も軽く、バッテリー持ちも良い優秀なバージョンです。

 

カラーは3種類で、お値段からは想像できないほど、安っぽくありません。

 

動画

▼Cubot P30 VS HuaWei Mate 20

Cubot P30 VS HuaWei Mate 20

 

▼開封

Cubot P30 : Unboxing video

 

▼特徴解説動画

 

▼開封動画

 

ネット上の声

  1. ほぅ、2019年に「MediaTek Helio P23を搭載」のスマホに出会うとは…。
  2. Mediatek Helio P23は電池持ちがとてもいいが、性能は微妙。
  3. デザインはとてもかっこいい。そして、huawei Mate 20とそっくり。
  4. 性能が微妙です…買う必要あるかな?
  5. 超広角カメラの品質があまり良くない。

 

ポイント

良い点

  1. 結構安い
  2. docomoとソフトバンクに対応
  3. デザインがかっこいい
  4. 超広角レンズ搭載
  5. バッテリー大きめ

気になる点

  1. CPU性能がしょぼい
  2. カメラ品質があまり期待できないかも

 

まとめ

海外格安スマホですが、ドコモのプラチナバンド19に対応した、貴重なスマートフォンです。
今までは、UMIDIGIくらいしかありませんでしたが、CUBOTの一部のスマホもBand19対応機種が増えてきて、UMIDIGIを敵視しているようにも見えます。

お値段は1万円台と非常に安く、デザインもとてもかっこいいです。
見た目は、1年前に発売した、Huawei Mate 20と全く同じです。
ロゴ以外は同じなのが面白いところです。

▼Huawei Mate 20

▼CUBOT P30

 

ただし、カメラ性能はいまいちみたいです。
超広角レンズ搭載ということで、面白みはありますが、この価格だと品質を上げるのも大変なのかもしれませんね。

次回は、その辺の気になる点を実際に開封してチェックしてみます。

【GearBest】CUBOT P30

【AliExpress】CUBOT P30

【CUBOT】公式ページ

コメント