DIYしようぜ!最近のDIY関係まとめ(ダンボールを使った棚の作り方など)

最近行ったDIY作業をまとめました。

DIYとは?

自分で何もかも行うという、Do It Yourselfの略です。

日本では日曜大工的なことを指しています。

 

動画

【衝撃】ダンボールを木の代わりに使う裏技

 

1,雨水を貯める装置

雨水ってもったいないですよね。

特に家庭菜園がある家庭では、畑の水やりを雨水で賄えれば、とっても経済的です。

我が家では風呂1杯分とドラム缶1杯分の水を貯められる装置を作ってからは、一切水道の水を使わずに畑の水やりができるようになりました。

【DIY雨水貯め装置】雨樋の水を貯めるシステム

 

2,外灯づくり

田舎だと家の周りが真っ暗なところが多いです。

我が家の庭も夜になると真っ暗で、歩くのも不安になるくらいでした。

この外灯を立てることで、夜でも作業ができるくらい明るくなりました。

今までだとライト電源をどうするかが問題でしたが、今ではAmazonでソーラーライトを激安で買うことができるので、柱を立てて、ネジで打ち付けるだけで完成します。

柱は、その辺に落ちている木を拾ってくるだけなので激安です。

【DIY・外灯】夜でもお庭が明るぞ!簡単に外灯を作る方法!3基目

 

3,倉庫の棚づくり その1

倉庫ってすぐにゴミだらけになってしまいます。

掃除を効率的に行うためには、収納スペースを作ることが大切です。

そこで、簡単に棚とテーブルを作りました。

倉庫の掃除をするよ~

 

4,倉庫の棚づくり その1

棚を作るときに必要な素材は、木の板です。

しかし、木の枝ならその辺にたくさん落ちていますが、板となると自然界に落ちていません。

つまり、買わないといけませんが、なんとか他のもので代用できないか検討した結果ダンボールが使えるのではないかと思ったのです。

そこで、ダンボールを5枚ボンドで貼り合わせて、ダンボールの板を作ってそれを使って、棚を作りました。

【DIY】ダンボールを5枚重ねてボンドで固めたら、ベニヤ板じゃなくても、簡単に激安で棚が作れるかも!?

 

まとめ

DIYは日常生活をより効率的に行うために、とっても便利な手法だと思います。

いらない廃材を有効活用すれば、地球環境にも優しいですしね。

個人的にダンボールはもっと活用したいと思っているので、今後も研究・検証していきたいと思っています。

コメント