【Amazon Fire TV Stick 2017】絶対に買った方がいいぞ!使ってわかった最高の理由!(開封レビュー)

待ちに待って、Amazonから発売した2017年版のFire TV Stickがついに我が家に到着しました!

田舎なので、発売日から2日遅れで到着しましたが、早速使ってみました。

スペック

商品:Fire TV Stick
ブランド:Amazon
サイズ:85.9 mm x 30.0 mm x 12.6 mm
重量:32.0 g
プロセッサ:MediaTek Quad-core ARM 最大1.3 GHz
GPU:Mali450 MP4
ストレージ:8GB
メモリ:1GB
Wi-Fi:デュアルバンド、デュアルアンテナWi-Fi (MIMO); 802.11a/b/g/n/ac対応。5GHz帯はW52の36, 40, 44, 48の4チャンネルにのみ対応
Bluetooth:4.1
音声検索:同梱のFire TV音声認識リモコンまたは、無料のFire TVリモコンアプリで対応(Fire、Android OS、iOSで利用可能)
ゲームコントローラー:別売。Amazon Fire TV ゲームコントローラーに最適化。その他Bluetoothコントローラーに対応
クラウドストレージ:Amazon のコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能
入出力端子:1 タイプA HDMI 1.4b出力、HDCP 1.4 、1 Micro USB(電源用)
Dolby Audio:Dolby Audio、5.1chサラウンド対応、2chステレオ、最大7.1chのHDMIオーディオパススルー
フォーマット:ビデオ: H.264 1080p30 H.265 1080p30
オーディオ:AAC-LC、AC3、eAC3 (ドルビーデジタルプラス)、FLAC、MP3、PCM/Wave、Vorbis
写真:JPEG、PNG、GIF、BMP
出力:720p、1080p、最大60fps
システム要件:HDMI端子対応HDテレビ、Wi-Fi経由でのインターネット、電源用コンセント
保証:90日間限定保証付き。Fire TV Stickの使用時は利用規約が適用されます
地域:特定のサービスは日本国外で適用外の場合があります
同梱内容:Fire TV Stick、音声認識リモコン、USBケーブル、電源アダプタ、HDMI延長ケーブル、単4電池2本、スタートガイド

 

開封

思った以上に小さいパッケージでした。テレビゲームくらい?

IMG_20170408_193434

 

今回、試しにプレゼント品として購入してみました。すると、納品書に小さく「誕生日おめでとう😋田中太郎さん」と書かれていました。

この文章は購入時にボクが決めたものです。流石に顔文字(絵)は簡略化されましたw

IMG_20170408_193426

 

それでは早速開封していきましょう!

IMG_20170408_194733

 

この価格で音声認識リモコンが付属しているというのがこのFire TV Stickの注目のポイントですよね。

IMG_20170408_194745

 

スペックも上がったので、見たい時にすぐ楽しめるというのが本当に実現可能かをチェックしてみようと思います。

IMG_20170408_194759

 

画質も1080pまで対応し、Dolby Audioにも対応しているので、ホームシアターセットを持っている人は大迫力の映画を楽しめそうです。

そして、パッケージにはデュアルコアと書かれていますが、これは間違いで、本当はクアッドコア(CPU4つ)です。

IMG_20170408_194805

 

基本的に日本以外では使えない可能性もあるとのことです。

IMG_20170408_194821

 

Amazon特有のミシン目をペリペリ剥がして開ける方式でした。

IMG_20170408_194839

 

ぱっかーん!

IMG_20170408_194859

 

ずるずる・・・。

IMG_20170408_194913

 

ぴろーん!と開くと、特殊な感じで中身が収納されていました。

IMG_20170408_194928

 

中に入っていたものは、こんな感じです。必要な物が全部はじめから入っているのはうれしいですね。電池の付属は案外嬉しいポイントです。

IMG_20170408_195051

 

一応マニュアルも入っていますが、見なくても大丈夫なレベルでした。

IMG_20170408_195158IMG_20170408_195216

 

使うときはACアダプターから電源をとるみたいです。

IMG_20170408_195438

 

出力は、5.25V 1Aと少し電圧が特殊ですね。おそらくスマホ用のでも問題なく動くでしょうが、念のために純正のアダプターを使うべきでしょう。

IMG_20170408_195446

 

ポートが1つの割には少しサイズが大きいですね。

IMG_20170408_195451

 

らしいです。

IMG_20170408_195953

 

充電ケーブルはmicroUSBでした。

IMG_20170408_195111

 

いたって普通のケーブルでした。

IMG_20170408_195136

 

コチラは、HDMI端子が挿しにくい場合の延長ケーブルです。

IMG_20170408_195255

 

我が家のテレビもHDMI端子は密集していて、そのまま直接は挿せなかったので、これを使っています。

IMG_20170408_195302IMG_20170408_195311

 

電池は単4電池でした。

IMG_20170408_195515

 

リモコンの袋には電池の交換方法が書かれていました。

IMG_20170408_195540

 

そして、コチラがリモコン!音声認識ボタンが上に付いています。マイクはその上のちっちゃい穴かと思います。

IMG_20170408_195554

 

さわり心地も良くて使いやすいリモコンですね。

IMG_20170408_195613

 

ボタンも気持ちがいいくらいカチッと押せるので、ムゲンプチプチ並に押したくなってしまいます。

IMG_20170408_195659

 

厚みはこれくらいです。

IMG_20170408_195638

 

裏側

IMG_20170408_195652

 

蓋を開けて電池を入れるだけです。

IMG_20170408_195721

 

ここですっごーい!と思ったポイントが1つ。

なんと!マイナス側の押さえつけるところがカッコイイ!

そして、両方とも同じ向きで差し込めるのです!

IMG_20170408_195751

 

普通電池はそれぞれ逆に入れますよね。これはすごく無駄に丁寧ですね!

IMG_20170408_195820

 

そして、コチラがFire TV Stick(ファイアーティービースティック)本体です!!どーん!

IMG_20170408_200036

 

横に電源端子であるmicroUSB端子がありました。

IMG_20170408_200053

 

裏側。Amazon EUが作っているのかな?

IMG_20170408_200059

 

HDMI!どーん!

IMG_20170408_200108

 

端子!どーん!

IMG_20170408_200115

 

あとはテレビの後ろに挿すだけ!

IMG_20170408_200353

 

動画

セットアップから使ってみた様子。

IT無知の一般女性に使用感を聞いているので、それも参考にしてみてください。

▼音ズレは動画編集時に発生したものなので、実際はありません。

【Amazon Fire TV Stick】ゼッタイに買った方がいい!5つの理由!(開封レビュー)

 

ポイント

良い点
・初心者でも簡単に使える
・音声認識率がかなり高い
・映像がかなり綺麗

 

気になる点
・動作はそれほど早くない
・アクションゲームは無理

 

まとめ

非常に満足できる製品だと思いました。

使い方も簡単で、リモコンですべての操作ができるのがとても便利でした。

パソコンもろくに使えず、自分のiPhoneの細かい操作も出来ないIT苦手系女子の姉に説明無しで使わせましたが、なんとすんなりと使うことが出来ました。

これなら子供でも老人でも簡単かつ直感的に使えると思います。

 

映画やドラマを見るには最高のデバイスですね!

基本的に繋げておいて、画面を切り替えするだけですぐに起動するので、使いたい時にすぐに使えると思います。

映画の画質もかなりきれいだったので、申し分ありません。

 

AbemaTVなどの外部サービスもアプリをインストールして簡単に使えるのも大きなポイントですね。

今後はいろんなアプリをインストールして、試してみようと思います。

 

クロッシーロードをインストールして遊んでみたんですが、遅延が大きすぎて無理でした。

ボタンを押した0.5秒後くらいに反応するので、予測してボタンを押すしかありません。

そのため、アクション系のゲームは出来ないと思ったほうが良いかと思います。

 

映像コンテンツを楽しむのにコスパ最高のガジェットだと思いました。

このブログを2回以上見たことある人は、feedlyで購読すると便利ですよ( ‘ω’ 三 ‘ω’ )
【Feedly】自分のよく見るブログをまとめておける!購読リストの作り方!

コメント