【デジタルテスター】アマゾンで買える安いテスター(Blusmart)

価格の安いテスターを提供いただきました。

提供:Crenova Japan

こちら企業様よりご提供いただきました。

 

スペック

商品:デジタルマルチメーター テスター
ブランド:Blusmart
ASIN:B06W57J1GR
型番:MAS830L

表示総数: 1999,3 1/2桁
レンジ選択:手動レンジング
過負荷表示: 数字の”1″のみ画面に表示
直流電圧:200mV / 2V / 20V / 200V±(0.5%+ 2)600V±(0.8%+ 2)
AC電圧:200V / 600V±(1.2%+ 10)
DC電流:200μA/ 2mA / 20mA±(1.0%+ 2)
200mA±(1.5%+ 2)
10A±(3.0%+ 2)
抵抗:200Ω/2kΩ/20kΩ/200kΩ±(0.8%+ 2)
2MΩ±(1.0%+ 2)
hFE:可
ダイオードテスト:可
データホールド:可
サイズ:140 x 70 x 46mm
重量:330g
電源:1 x 9V 6F22
安全評価: CE CAT.II600V RoHS指令

 

開封

きちんとしたパッケージですね。

IMG_20170308_000643

 

いろいろな機能がついているようです。

IMG_20170308_000649

 

背面にはスペックが書いてました。

IMG_20170308_000656

 

中にはプチプチに包まれて入っていました。

IMG_20170308_000715

 

マニュアル(クリックで拡大)

IMG_20170308_003421IMG_20170308_003520IMG_20170308_003549IMG_20170308_003555IMG_20170308_003603IMG_20170308_003614IMG_20170308_003623

 

コードは脱着式

IMG_20170308_003650

 

よくあるタイプですね。

IMG_20170308_003710IMG_20170308_003659

 

キャップを外した様子。

IMG_20170308_003729

 

こちらが、テスター本体です。左上のボタンはHold。右上はライトでした。

IMG_20170308_003745

 

この黄色いのはケースになっていて、衝撃吸収の役割があります。

IMG_20170308_003752

 

背面はこんな感じ

IMG_20170308_003757

 

背面はスタンドになっているのですが、爪で立てるのは難しく、はさみでてこの原理を使って開けました。

IMG_20170308_003858

 

ケースは結構簡単に外すことができ、サイズはこのくらいでした。

IMG_20170308_004001

 

電池を測ってみると、問題なく計測できました。

IMG_20170308_004214

 

Holdボタンを押せば、数値を表示し続けてくれます。

IMG_20170308_010051

 

Back Lightボタンを押すと光ってくれます。

IMG_20170308_010059

 

電流測定もできます。

IMG_20170308_004539

 

電池の交換は、背面のネジを外して蓋を取り外す必要がありました。

IMG_20170308_010256

 

中に入っていたのは、「9V角型電池」でした。

IMG_20170308_010315IMG_20170308_010330

 

ポイント

良い点
・安い
・落としても大丈夫
・液晶が見やすい

 

気になる点
・計測する値によって端子を抜き差ししないといけない
・電池交換が面倒

 

まとめ

サイズも手頃で、なかなか使いやすいテスターかと思いました。

ケースの硬いですが、スタンドもあるので、立てて使うこともできますね。

スタンドをよく使うのなら、出っ張りをカッターで削ってしまえば、開けやすくなると思います。

テスターとしての機能は一般的なので、問題ないかと思います。

 

ただし、計測する値によって端子を変えなければいけないというところと、電池の交換が面倒というのが少し気にはなりました。

でも、テスターの電池ってほとんどなくならないので、数年に1度の交換くらいですから、これくらい面倒でも困らないですよね。

このブログを2回以上見たことある人は、feedlyで購読すると便利ですよ( ‘ω’ 三 ‘ω’ )
【Feedly】自分のよく見るブログをまとめておける!購読リストの作り方!

コメント

  1. 三宅 より:

    こんにちは、中華テスターを検索しつつたどり着きました。
    この手の商品は出回っていますが、機能は問題なしとされておられますが
    抵抗値及び電流電圧計測誤差としてはいかほどの物なのでしょうか?

    テスタ棒自体が結構薄手のプラに見えますが、絶縁強度は何Vくらいですか?
    電圧計測は中央端子と、右側端子に接続ではないのでしょうか。

    価格的に信じられない程ですがnpn&pnpのhfe計測も可能ですかね?
    geekとして専用でブログをされておられるので、いろいろお聞きしてすみません。

    • Kazuhiro kazuhiro より:

      三宅さん、こんにちは。

      ご質問頂いた細かい内容に関しては、わかりかねますので、ブログ内の情報を一つの参考にして頂ければ幸いです。
      詳しくは、メーカーにご質問頂いたほうがよろしいかと思います><
      それでは、よろしくお願いいたします。