【中華タブ・Cube iPlay 10】アマゾンFire HDの大画面バージョン!激安タブレット(開封レビュー編)

10.6インチの大型サイズなので、Amazon Fire HD 8よりも大画面で映像を楽しめるヽ(^ω^)ノ

GEAR BEST

中華タブレットを買うならまずはこのサイトから!

あまりにも安すぎて、見ているだけで面白いです。

海外通販サイトの中でも日本顧客を意識してくれています。

【GearBest】トップページ

 

Cube iPlay 10

1万円ちょっとで買えてしまう、超激安10.6インチタブレットです( ´、ゝ`)

激安ですが、クアッドコア、RAM2GB、フルHD対応と最低限の性能が備わっています。

Fire HDと似たような性能ですが、画面が大きな方がいい人には、選択肢として良いかもしれません。

【GearBest】Cube iPlay 10

【GearBest】Cube iPlay 10 ケース等

2017-7-17_11-32-45

 

スペック

製品名 Cube iPlay 10
シルバー&ホワイト
OS Android 6.0 
CPU MTK8163
1.3GHz,Quad Core
GPU Mali-T720 MP2
RAM

2GB

ROM 32GB
microSD 最大128GB
WIFI 802.11a/b/g/n
Network 無し
画面 10.6インチ
1920 x 1080
カメラ メイン:200万画素
サブ:30万画素
インターフェース microSD
microUSB
3.5mm Jack
DC Jack
microHDMI
Bluetooth 対応
バッテリー 6000mAh
内容物 タブレット
microUSBケーブル
保護フィルム
英語マニュアル
サイズ 26.70 x 16.80 x 0.95 cm
608g
Antutu Ver6 37,000点
発売日 2017年5月頃

987654321

※個人的なAntutuスコアの考え方
10万~サクサク過ぎてなんでも出来る
6万~サクサクでメインで十分活用できる
4万~ギリギリメインでも使えるかも
3万~すこしまったり
2万~もっさり

 

開封

10.6インチとしてはかなり安い金額ですが、筐体はどのような作りになっているのかとても気になります(`・ω・´)

IMG_20170717_104925

 

箱自体は固くて、しっかりとしていました。

IMG_20170717_104933

 

大きな凹みもなく、きれいな状態ですね(´^ω^`)

IMG_20170717_104939

 

Cubeというブランドですが、中国語では「酷比魔方」と書くようです。

IMG_20170717_104945

 

海外製品ではよくあることなんですが、すでに開封されています。

これは、初期不良がないかの起動チェックするためです。

初期不良交換はショップ側も購入側も海外発送をし直さないといけないので、面倒ですからこの辺は仕方ありません。

IMG_20170717_105001

 

開封すると、格安タブレットではありますが、なかなか良さげな雰囲気を感じました(´・∀・`)

IMG_20170717_105020

 

タブレットを外すと、下にアクセサリーが入っているようです(´人・ω・。)

IMG_20170717_105034

 

付属品は、microUSB、マニュアル、保証書等でした。

IMG_20170717_105051

 

2017年6月23日の合格証も入っていました。

IMG_20170717_105109

 

これは保証書ですね。

IMG_20170717_105120

 

マニュアル詳細

IMG_20170717_105140IMG_20170717_105154IMG_20170717_105206IMG_20170717_105217IMG_20170717_105228IMG_20170717_105240IMG_20170717_105252IMG_20170717_105303

 

Cube iPlay 10にはACジャックも搭載していますが、ACジャックの充電ケーブルは付属していません。

そのため、基本的にはmicroUSBで充電を行うことになります。

IMG_20170717_105324

 

そして、これが本体!

IMG_20170717_105413

 

手に持ってみると、このくらいの大きさです(^ω^人)

IMG_20170717_105419

 

側面をチェックしてみましょう。

底面には何もありません。

IMG_20170717_105438

 

側面は非常にかっこよいアルミ素材・・・に見えますが、アルミ塗装のプラスチックです。

ただ、背面素材はアルミになっているので、放熱力もありそうです(´・∀・`)

 

IMG_20170717_105453

 

左側面には端子類が揃っていました。

左から、3.5mmジャック、microHDMI、microSD、DC IN、microUSB端子です。

IMG_20170717_105506

 

この辺もなかなかしっかりとしています。

IMG_20170717_105522

 

上側面には電源ボタンと音量ボタンが付いていました。

IMG_20170717_105531

 

ここのボタンもグラグラすることもなく、硬すぎることもなく押しやすいです。

激安の中華タブレットとは思えない品質です(・’ω’・)

IMG_20170717_105542

 

そして、右側面に小さいですが2つのスピーカーが付いていました。

中華タブレットといえば、スピーカーの音質が非常に悪く、音量も小さいのが当たり前でした。

しかし、簡単に使ってみた所、AmazonのFire HD8と同等レベルの音質・音量でした!

IMG_20170717_105555

 

この品質なら、実用レベルですね(・c_,・人)

IMG_20170717_105603

 

コチラが背面です。

カメラまわりの上部がプラスチックでロゴが書かれているところはアルミになっています。

IMG_20170717_105618

 

ALLDOCUBE iPlay 10と書いてありますね。

充電は5V 2Aに対応しているみたいです。

IMG_20170717_105646IMG_20170717_105650

 

カメラは200万画素なので、あまり綺麗ではないはずです。

IMG_20170717_105659

 

表面のフィルムを剥がすと内側にすでに保護フィルムが貼られているので、別途フィルムを買う必要はありません。

これはうれしいですよね(。・ω・。)

IMG_20170717_105721

 

1箇所だけ気泡が入っていましたが、ほぼほぼ綺麗に貼られていました

IMG_20170717_105801

 

重量は584gでした。

IMG_20170717_105947

 

早速起動させてみましょうヽ(^ω^)ノ

IMG_20170717_105848

 

日本語にも対応していました(。・∀・)ノ゛

IMG_20170717_110158

 

ホーム画面はこんな感じでした。

IMG_20170717_110655

 

アプリはほとんど入っていなくてとてもスッキリしています(。・∀・)ノ゛

IMG_20170717_110712

 

設定メニューも普通のAndroidですね(。・з・。)φ

IMG_20170717_110729

 

32GBモデルですが、使用可能領域は25GBのようです。

IMG_20170717_110743

 

メモリは2GBモデルで、起動直後の空きメモリは1.1GBのようです。

IMG_20170717_110807

 

バッテリーはあまり持たないかもしれません。今後検証予定です。

IMG_20170717_110823

 

Android 6.0マシュマロー対応なので、案外サクサク動きます。

IMG_20170717_110846

 

各種詳細情報

IMG_20170717_110856

 

Google Playストアーも入っているので、すぐにアプリのダウンロードも可能です(。≧ω≦)ノ

IMG_20170717_110926

 

カメラ

カメラアプリはシンプルなものですね。

IMG_20170717_111024

IMG_20170716_221013

 

▼ファイル詳細
ファイル容量:850KB
ファイルサイズ:1600×1200
絞り値:f/2.8
露出時間:1/312秒
ISO:100

IMG_20170716_221130IMG_20170716_221137IMG_20170716_221203IMG_20170716_221219IMG_20170716_221225

 

室内(暗い)

IMG_20170716_221750IMG_20170716_221800

 

▼晴れの日・アウトカメラ(画角が狭いですね、マイクは悪くないかも)

【中華タブ・Cube iPlay 10】カメラテスト , アウトカメラ , 晴れの日

 

▼晴れの日・インカメラ(ビデオ通話くらいなら使えますね)

【中華タブ・Cube iPlay 10】カメラテスト, 晴れの日 , インカメラ

 

▼暗い室内・アウトカメラ(ノイズがすごい(‘A`))

【中華タブ・Cube iPlay 10】カメラテスト , アウトカメラ , 室内 , 暗い

 

ポイント

良い点
・安い
・アルミ素材
・端子が充実
・画面が綺麗
・スピーカーはそれほど悪くない(良いわけでもない)

 

気になる点
・性能はあまり高くない

 

まとめ

ファーストインプレッションはなかなか良さげですヽ(^ω^)ノ

画面は綺麗ですし、スピーカー音量も十分です。

これだけで、YouTubeを見る専用機としての役割を果たしてくれます。

 

Fire HD8ってすごい安くて良いのですが、画面がもっと大きい方がいいなぁと思うこともよくあります。

10インチサイズのタブレットを買おうとすると、8インチよりも値段が高くて2万円以上するのが普通です。

種類もあまり多くないですが、10インチサイズのタブレットの選択肢として、このCube iPlay 10はかなりコスパが高いかと思います。

 

今後は更にアプリの検証は、動作の検証など様々な事を検証していこうかともうので、引き続きこのブログをチェックしてみてください。

【GearBest】Cube iPlay 10

【GearBest】Cube iPlay 10 ケース等

 

関連記事

【中華タブ・Cube iPlay 10】関連記事まとめ リンク集

コメント