【キーボードの掃除】キーボードに牛乳をぶちまけたときにする事

ボクって牛乳が大好きじゃないですか(え?)

そして、常にPCの前にいるわけじゃないですか。

そうすると、油断すると、キーボードに牛乳をぶちまけますよね。

そうした時に何をスべきかをまとめました。

牛乳をぶちまけた時の対処法

電気製品は液体にすごい弱いです。

まずは、ショートしないように、主電源を引き抜くことが大切です。

牛乳は電気を通さないような気もしますが、念のために行いましょう。

 

ノートPCにぶちまけたなら、すぐに電源を切りましょう。

バッテリーを外せるなら、引っこ抜きましょう。

今回は、キーボードにちょびっとかかったくらいなので、キーボードのUSBを引き抜きました。

 

次に、牛乳はベトベトしてしまうので、キーボードを分解して洗うということは必須です。

キーボードの配置を忘れないようにしっかりと写真をとっておきましょう。

IMG_20170627_154044

 

キーを引き抜く際、専用の工具があると、キートップを傷つけずに引き抜くことが出来ます。

以前はフォークを使って、テコの原理で抜いていたのですが、キーボードが傷ついてしまいました。

IMG_20170627_155132

 

このキーボードは2ヶ月ほど前に買って、まだレビューしていないのですが、すごい打ちやすく気に入っています。

たった2ヶ月ですが、色々とホコリが溜まってしまっていますね。

IMG_20170627_155137

 

すごい小さなほこりがたくさんありますね ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!

IMG_20170627_155143

 

こういった時の掃除に役立つのがこのスライム状の掃除グッズです。

これは1年くらい前に買ったんですが、まだまだ綺麗です。長持ちですね。

IMG_20170627_155158

 

ぐぐっと押し込んであげるだけでキーボードがきれいになりました(∩´∀`)∩ワーイ

IMG_20170627_155212

 

全部掃除すると、ご覧の様に綺麗になりました。

IMG_20170627_155656

 

まとめ

今回は幸いなことに、ちょびっとかかったくらいでしたので、キートップを外して洗えば問題ないくらいでした。

絨毯はべっちょべちょになってしまったので、丸洗いすることになってしまいましたが、キーボードに上に、かかるよりは良かったです。

キートップの掃除は案外面倒で、乾かした後に取り付けするのも面倒です。

しかし、たまーに掃除してあげると、キーが打ちやすくなる(気がする)ので、ずっと掃除をしていない人は、試してみてください。

コメント