【DIY壁紙シール】好きなところに貼り付けて、お手軽にイメージチェンをしてみた。

壁紙の貼り付けって案外難しいけれど、壁紙自体は結構安いんですね。

提供:宝舟JAPAN

こちら企業様よりご提供いただきました。

 

スペック

商品:宇宙空間 壁紙 ウォールステッカー
ASIN:B01ND45ZM2

サイズ:45cm x 10m
素材:塩化ビニル樹脂
色:ブルー
接着材:不要

 

開封

筒状の袋に入ったパッケージでした。

 

袋を開けるとビニールに入っていました。

 

広げるとこんな感じの模様でした。

 

ズームで見てみると、壁紙特有の厚みといい感じの手触りでした。

 

背面はとてもかんたんな貼り付けマニュアルが書いてあります。

 

早速貼り付けてみます。貼り付けるところは、扉にしました。

扉の横の長さを測って、貼り付けてみることにします。

 

貼り付けが終わりました。約30分ほどかかりました。

 

カドッコはそれほどきれいではないけれど、そこそこきれいに貼り付けられました。

 

つなぎ目(ジョイント)部分は隙間が空いてしまったので、端材を貼り付けてみました。

 

取っての部分はあとが残ってしまったw

 

1枚め(上部)に関してはほぼ失敗です。完全に汚いです。

 

これが完成した様子です。なんだか異次元につながっている感じがします。

 

上から貼り付けたので、ジョイント部分がすごく目立ちます。

 

動画

最初は長さを測ってピッタリカットして貼付けしようとしたんですが、完全に失敗しました。

手近にあったダンボールをクレーパー代わりにしたんですが、これもだめでした。

2段目はダンボールにタオルを巻いて見るとかなりきれいに行きました。

予め切らずに貼ったほうが折り目などもつかずに綺麗に貼れるのかもしれません。

最後にわかったのが、下段から貼ったほうが良かったということです。

上から光が当たるので、下から多少かぶせるようにして貼り付けたほうが境界線が滑らかになるので、完成がきれいです。

そして、完全に間違えたのが、本来の貼る方向は横ではなく、縦でした!

【DIY壁紙シール】好きなところに貼り付けて、お手軽にイメージチェンをしてみた。

 

ポイント

良い点
・ノリいらず
・カッター、ハサミでかんたんに切れる
・印象が大きく変わる
・剥がし跡が残らない

 

気になる点
・貼り付けの技術が必要
・二人でやった方がいいかも

 

まとめ

まず、かなり貼り付けが大変でした

動画を見ていただければわかりますが、非常に苦戦しています。

壁紙貼りは一度もやったことがなく、事前に動画などを見て勉強すらしていませんでした。

そのため、直感でやってみた結果がこれです。

実際に貼付け作業をする場合は、事前にある程度やり方や道具を用意して、まずは失敗しても大丈夫な部分で練習をした方がいいかと思いました。

 

失敗してもやり直しが効くのは良いポイント

粘着面はそれほど強力ではないので、かんたんに剥がすことができました。

そのため、失敗しても、剥がして捨ててしまえばやり直しが聞きます。

再利用すると、僕のように折り跡がすごく目立って、汚くなってしまうので、失敗したら捨てたほうがいいと思います。

暇な時に失敗した部分(一番上のところ)だけ剥がして、もう一度やり直そうと思います。

 

今回扉一枚で約3.6m使ったので、だいたい扉3面分くらいは使えるみたいですね。

 

壁紙自体に不満はないですが、初心者が手を出すと結構大変です。

 

他のバリエーション

壁紙ですから、他にも幾つかのバリエーションがあるみたいです。

 

ホワイトボード

ホワイトボードの壁紙なら、お絵描きし放題!

 

黒板

 

レンガ各種

 

草付きレンガ

 

木材

 

このブログを2回以上見たことある人は、feedlyで購読すると便利ですよ( ‘ω’ 三 ‘ω’ )
【Feedly】自分のよく見るブログをまとめておける!購読リストの作り方!

コメント