今週のおすすめ.Still003

長年愛用していたマウスが壊れました。
Steelseries SENSEIという結構高いマウスです。

壊れた箇所

ゲーミングマウスなので、性能が高くて、ボタン数も多くてクリックも軽くて非常に使いやすいマウスでした。
しかし、ホイールが壊れました。
1回転下方向ホイールを回すと、1スクロール分だけ上にスクロールしてしまうという現象が必ず起こるようになりました。

これでは、快適にインターネットも出来ず、ゲームに関しては利用不可のレベルです。
あと一スクロールだけ下にスクロールしたいと思ってスクロールしたら上にスクロールする、そんなことが頻繁に起こるのです。

ということで、分解して修理してみることにしました。(マウスの修理は初めてです)

 

修理

これが問題のマウス。白くて軽くて可愛いやつなんです^q^

Steelseries SENSEI

 

必要な道具は精密ドライバー、ピンセット、綿棒くらい。

pinset-driver-menbou

 

マウスの裏のソールを剥がすとネジが出てきます。マウスによっては特殊なネジの場合もありますが、このマウスの場合は精密ドライバー(+)があれば大丈夫です。

Steelseries SENSEI

 

マウスソールは結構簡単にはがせて、貼り直すのも簡単です。

Steelseries SENSEI pinset-driver-menbou pinset-driver-menbou

 

上下がケーブルでくっついているので、引きちぎらないように、根本の端子を外します。かなり硬いので、ゆっくりとじわじわ外しましょう。。

pinset-driver-menbou

pinset-driver-menbou

 

ホコリがたくさんついています。これを取り除くだけで治る場合もありますが、僕の場合は治りませんでした。

steelseries-sensei

 

この状態ではまともに掃除ができないので、更に分解します。

steelseries-sensei

 

画像の部分が刺さっているだけなので、テコの原理でゆっくりと外します。
steelseries-sensei

 

さらに、ネジを外して基盤を取り外します。

steelseries-sensei

 

やっと、ホイールが取り外せました。丁寧に掃除しまくります。これで直る場合もありますが、僕のは直りませんでした。

 

steelseries-sensei

 

画像左の受けの部分との接触がゆるくなってきているようで、左に押し込んだ状態で回すと、ホイールの不具合が直りました。なので、左の受けの金属部分をホイール側(右)に基盤が壊れない程度に強く押し込んで、無理やりホイールとの接触を強めました。

steelseries-sensei

steelseries-sensei

 

これで、ようやく直りました。以前のように、なんの不具合もなく、使うことが出来ます。

すこし、無理やり(金属を押し曲げるような)直したので、もしかすると近いうちにまた壊れてしまう可能性もあります。しかし、このマウスは高いので、また使えるようになって嬉しいです。

作業時間たったの15分程度で約8000円分浮いたと考えるとすごい効率です。時給32,000円だ!?

みなさんも壊れたら直しましょう!

 

修理する上で参考にさせていただいたサイト

PathfinderGate ホイールスクロールがいうことを聞かなくなった

SASA2981’s osu! 2014/8/14 SteelSeries SENSEI RAW 分解

 

Pocket