【イヤホン】ハイレゾ対応の1000円台イヤホンが高音質だったぞ!(dodocool)

2017年3月10日現在2000yenをギリギリ切る値段でAmazonで販売されているdodocoolのイヤホンをご提供頂きました。

この金額のイヤホンで本当にハイレゾ!?って思ってしまいますが、早速音質の方をチェックしてみます。

提供:dodocool

こちら企業様よりご提供いただきました。

 

スペック

商品:ハイレゾ対応 Hi-Res イヤホン
ブランド:dodocool
ASIN:B01MU7YUXM
型番:TEM8776638203525FA

材質:アルミ合金+ ABS + PC + TPE
カラー:ブラック
証明書:ハイレゾオーディオ、FCC、CE、RoHS指令
マイラー厚さ:チタンダイアフラム6μ
ドライバの直径:9ミリメートル(動的)
インピーダンス:16 Ohms @ 1 kHz
出力S.P.L:100±4dB @ 1kHz 126mVrms入力
周波数特性:10 Hz〜45,000 Hz
ノイズアイソレーション:23 dBの周囲のステージノイズ
マイク感度:-42±4デシベル@ 1kHzのVS = 2.0 V
入力コネクタ:1/8 “(3.5ミリメートル)ヘッドフォンジャック、すべてのシステムとの互換性
インタフェース:1 * 3.5ミリメートルオーディオジャック
インラインリモートサイズ:.約0.94 * 0.28 * 0.20 in / 24 * 7 * 5ミリメートル
項目長:.約3.94フィート/ 1.2メートル(合計)

 

開封

キレイな専用ポーチが付属していました。

IMG_20170310_044918

 

縫い目なども綺麗ですね。

IMG_20170310_044924

 

オマケとしては十分すぎるほどですね。

IMG_20170310_044931

 

中を開けると、イヤホンが入っていました。

IMG_20170310_044951

 

簡単なマニュアル

IMG_20170310_045011IMG_20170310_045023

 

イヤーピースは付属のものを合わせると3セット付いていました。

IMG_20170310_045233

 

こちらがイヤホン本体です。

IMG_20170310_045255

 

デザインはとてもシンプルですね。値段が安いのでこの辺は削っているのでしょうね。

IMG_20170310_045348

 

耳にフィットさせる部分は取り外しが効く、シリコン素材になっていました。

IMG_20170310_045353

 

上から見た様子。若干斜めにイヤーピースがついていますね。

IMG_20170310_045414

 

R、Lの文字も見やすいので、使うときも左右がわかりづらいということもなさそうです。

IMG_20170310_045400

 

横から見た様子。

IMG_20170310_045408

 

ケーブルは平型のきしめんタイプでした。

IMG_20170310_045422

 

リモコンはイヤホンから近い位置についている、1ボタン式でした。押す回数で曲送りなどが可能になっています。

IMG_20170310_045434

 

裏面にはdodocoolの文字が書いてありました。

IMG_20170310_045442

 

分岐点は固定タイプです。

IMG_20170310_045452

 

Hi-Resのシールが付いていました。4極式のイヤホンジャックですね。

IMG_20170310_045506

 

イヤホンのこの部分は取り外せるので、位置の微調整も可能です。不要なら使わないということも可能。

IMG_20170310_054804

 

イヤーピースを取り外すとこんな感じ。しっかりとハマるので、イヤーピースがポロッと外れることは無いかと思います。

IMG_20170310_054830

 

名称不明のこれは柔らかいので、耳に取り付けても違和感はありませんでした。

IMG_20170310_054815

 

動画

【イヤホン】ハイレゾ対応の1000円台イヤホンが高音質だったぞ!(dodocool)

 

エージング

適切な音質を評価するために、約12時間のエージングを行いました。

音楽をより深く知るために、エージングについて調べてまとめてみた。

 

ポイント

良い点
・安い
・高音質(ハイレゾ対応)
・ポーチが付属

 

気になる点
・デザインが無骨

 

クーポン

クーポン:BDF9FL73
割引:30%オフ
期間:2017年3月31日まで

kupon

 

まとめ

単純に非常に音質が良いイヤホンでした。

音楽を聴いてみましたが、ノイズなども一切乗らず、音に位置関係を感じることができました。

特にびっくりしたのが、YouTubeでヒカキンの動画を見た見たのですが、そのとき、動画ではカメラのまわりを歩く場面がありました。

そのとき、実際に音が回ってきている用に感じたのです。

これが、音楽になると、手前の音と奥の音がしっかりと聞き分けで聞くことが出来るのです。

 

ただ単に音がクリアというだけでなく、ハイレゾが影響しているのかはわかりませんが、奥行きを感じられる音質というのは、音楽にさらなる深みへ導いてくれると感じました。

特に、映画とかになると、このような臨場感は非常に重要かと思います。

音楽だけでなく、YouTuberのおもしろ動画を見る際も、高音質なイヤホンを使うことで、より楽しく動画を見ることが出来るかもしれません。

このブログを2回以上見たことある人は、feedlyで購読すると便利ですよ( ‘ω’ 三 ‘ω’ )
【Feedly】自分のよく見るブログをまとめておける!購読リストの作り方!

コメント