タグ: VRHMD

Oculus Rift , HTC Viveは今買うべきではない最大の理由!最新のVRヘッドセットがついに登場!【PIMAX 8K】

クラウドファウンディングの最大手である、KickStarterにて現在出資受付中のPIMAX 8Kが凄いことになっています! 開始数時間で1億円の出資を集め(目標は2000万円)、現在も増え続け、現在2億円を突破しました。 この凄すぎるVRヘッドセットのスペックなどを主要なVRヘッドマウントディスプレイと比較してみました。

【VR】バーチャル世界に入り込むための道具を手に入れた!(LeapMotion)

バーチャル世界に入るために重要なのは、ヘッドマウントディスプレイだけではありません。 ボク達の体ごとその世界に入らないと行けないのです! そして、今回はその装置を手に入れました!

【VRHMD】中華VRヘッドマウントディスプレイPIMAXで映画を見てみようとした。

【VRHMD】中華VRヘッドマウントディスプレイPIMAXで映画を見てみようとした。

VRHMDはOculus RiftやVive,PSVRなどが有名ですが、仮想空間でいろんなことができます。 その一つとして、仮想空間上の映画館に入って、映画を見るということもできます。 4畳のしか無い狭い部屋でも、これを使えば、200インチはありそうな大画面で映画を楽しむことができるので、とても素晴らしいことだったりします。 ということで、実際に試してみました。

【中華Oculus Rift VR】PIMAXの接続と設定のあれこれ

前回の記事では開封から、使用感までをざっくりとレビューしてみましたが、今回はインストール方法について書こうと思います。 ✓【VRヘッドマウンドディスプレイ】本格仕様のVRが3万円台で買えるぞ!コスパ最強の4K対応VRHMD(開封レビュー)

Oculus Riftなんて、もういらない!中華激安VRヘッドマウントディスプレイが凄すぎた!!【開封レビュー】

VRヘッドセットといえば、1000円くらいのダンボール製から、10万以上する高級機まで幅広い種類があります。 今回紹介するのは、10万相当のスペックがあるタイプなんですが、なんとそのお値段約4万円弱なのです! 安いと言われているPlastiation VRでさえ5万円ちょっとするのにもかかわらず、それと同等もしくはそれ以上のスペックを誇る、VRHMDを今回ご提供いただいたので、早速使ってみました!