今週のおすすめ.Still003

木製な時点でプラモデルではないのだけれど、100円なのにかなりかっこいい模型が作れそうです。

木製3D模型組み立て開始

製品はダイソーで購入しました。たったの2枚の合板と簡単すぎる組み立てマニュアルだけの構成ですが、完成図はかなりかっこ良く見えます。

果たして本当にこの完成図通りに組み立てられるのでしょうか。

100yen-wood-model-bike

 

裏面に組み立て方法と番号振りが書かれています。
100yen-wood-model-bike

 

本体に番号が書かれているわけではないので、これを探すだけでも一苦労

100yen-wood-model-bike

 

ひとつ目のパーツが出来上がりました。一応ボンドとかは一切なくても組み立て可能に作られているのがすごい。

100yen-wood-model-bike

 

フレーム部分も完成

100yen-wood-model-bike

100yen-wood-model-bike

この部分を組み立てるのがかなり難しかった。マニュアル1枚で組み立て順番が書かれていないので、間違った順番だと組み立てられない仕様なのである。

100yen-wood-model-bike

実はこの時点で1時間経過・・・。続きは明日にしようか考えてしまうレベル。

100yen-wood-model-bike

 

やっと座席部分が見えてくる!完成が近い気がしてくる。

100yen-wood-model-bike

 

バイクの座席とハンドルの間にある丸っこいやつ。名前は知らない・・・。

100yen-wood-model-bike

 

かなりかっこ良い!!

100yen-wood-model-bike

 

100円だからしかたがないけれど、穴が開き損ねているパーツもあったり、バリがすごく残っていたりするため、カッターでバリを綺麗に取らないとはまらなかったりもする。

100yen-wood-model-bike IMG_20160213_190758

 

完成は近いぞ!あとはタイヤをはめるだけ。

100yen-wood-model-bike

 

そして・・・ついに完成!!

100yen-wood-model-bike
100yen-wood-model-bike

100yen-wood-model-bike

100yen-wood-model-bike

100yen-wood-model-bike

100yen-wood-model-bike

後輪のタイヤの取り付けがかなり難しく、強引にはめ込もうとしたら・・・バキッと言ってしまいました。

そして、1箇所だけ折れてしまった・・・。

100yen-wood-model-bike

まとめ

マニュアルは雑だし、バリは結構残っているし、作るのが半端なく難しいけれど、100円塔のを考えると、素晴らしい作りだと思う。

総製作時間は2時間で、ボンド無しで作れるけど、ハンドルや一部の部分はボンドがあったほうが良い所もあるから、結局はボンドを使うことにしました。

小学生では作れないかもしれない、そして、大人でも作れない人はたくさんいそうな気がする。

完成図から、パーツをどうやって組み立てるかを頭で考えてやらないといけないので、脳内で3Dをイメージする訓練になる気がする。

ちなみに、タイヤはなんと!可動式で回転します。

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket