今週のおすすめ.Still003

自転車に長時間乗ると案外疲れて、痛くなるのが手だったりします。

きちんとしたグリップに変えるだけで手の痛みが和らぐ可能性が高いです。

提供:Dragonfly Shop

amazonではいろいろな雑貨を扱っているようです。

興味のある人はチェックしてみてください。

amazonで Dragonfly Shop の商品を見る。

 

自転車乗ると手が痛む

昔ボクが載っていた自転車は折りたたみ自転車でした。

1万円くらいの安物でしたが、近場の移動にはとても適していて、少しおしゃれな外観も好きでした。

ある時、その自転車で往復4時間位の長距離の移動をしてみたことがあります。

その時感じたのが、手の痛みなんです。

まさか自転車に乗って手が痛むとは思っていませんでした。

足とかおしりとかが傷んでくるという予想はしていましたが、安物の自転車の場合、ハンドルグリップが非常に固くて、自転車をこぐときは自然とグリップにも力がはいるので、非常に手が痛むのです。

最後の方は足の疲れよりも手の痛みがひどくて、手放し運転をしたくて仕方が無くなるレベルでした。

 

それでは早速、このグリップに手の痛みを和らぐ効果があるかをチェックしてみようと思います。

 

スペック

商品名:TRELC 人間工学設計 自転車 ハンドルグリップ はTPR滑り止めゴムの材料 牛角設計 軽量 快適
ブランド:TRELC
サイズ:13.9*12.2*3CM
重量:322グラム
MTB、ロードバイク、折りたたみ自転車、オートーバイに対応。
人間工学設計

 

開封

IMG_20160702_234402

IMG_20160702_234421

IMG_20160702_234608

IMG_20160702_234616

IMG_20160702_235020

IMG_20160702_235028

IMG_20160702_235033

IMG_20160702_235129

IMG_20160702_235303

IMG_20160702_235309

IMG_20160702_235315

IMG_20160702_235318

IMG_20160702_235322

IMG_20160702_235336

IMG_20160702_235341

 

まとめ

我が家には、ロードバイクとマウンテンバイクがあるのだけれど、ロードバイクはそもそもグリップがそう簡単に取れるようにはなっていないため、取り付けできなかった。

そして、マウンテンバイクも取ろうと思っても取れそうにもなかった。

その為、取り付けして使用することが出来なかったので、商品の素材や握り心地をレビューします。

 

まず、この商品のグリップはそこそこ柔らか目のゴム素材になっているので、握り心地はまずまずいいです。

そして、タダの円柱の形ではなく、手のひらにピッタリとくっつく形になっているので、体重をかけても手のひら全体に体重が分散する構造になっています。

手が痛くなる原因であるところを緩和してくれる構造になっているので、今あるマウンテンバイクと交換できたら確実に手の痛みは和らぐと思われます。

 

そして、左右の端には牛の角の様な出っ張りが有りますが、これは手の持ち方を変えてグリップを握る事ができるために活用できると思われます。

ロードバイクにもこのような、変な形のハンドルになっていますが、これは手の持ち方を変えると、手の負担のいちも変わるので手が疲れにくいという意味があります。

同じ位置で握り続けるよりも位置を変えた疲れにくいのです。

 

ロードバイク並みとは行かなそうでも、多少の効果は期待できると思います。

お値段は非常に安いので、自転車をよく利用する人やチェックしておくと良いかもしれません。

 

あとがき

ご一緒にこの商品の上位機種も一緒にレビューしていますので、興味があればご覧いただければと思います。

http://kazuhiro-geek.com/blog/2016/07/03/dragonfly-handle-grip-pro/

Pocket