もう、これは武器としてのジャンルに入れても良いかもしれない。

Continue reading