GEEK - KAZU

マニアでニッチでギークなモノぶろぐ

【Andoer AN5000・アクションカメラ】7000円で一式揃う!激安中華GoProがあまりにも安すぎる!(開封編)

このアクションカメラのびっくりポイントは、なんと!専用バッグが無料で付属してくるというところなんです!

アタッチメントも当然たくさんついてくるので、持ち歩きや収納にもとても便利ですね。

提供:Andoer

こちら企業様よりご提供いただきました。

【Andoerホームページ】 http://www.andoer.com/

 

Andoer AN5000

今時の激安中華GoProはただ性能が高いだけではないのです!

性能はGoPro並のまま!アクセサリーが無料で大量に付属し!それを入れるためのキャリングポーチも付属してしまうのです!

もうGoProを買う理由が見当たらないぞ!

 

スペック

商品:Andoer AN5000 アクションカメラ
ブランド:Andoer
ASIN:B071S6L1KS
型番:QEP0321966757801AO

製品名 Andoer AN5000
シルバー、ブラック、ホワイト
プロセッサー NTK96660
イメージセンサー Sony IMX078 1 / 2.3 “CMOS
F値 F = 2.0 f / 3 mm
画角 170°/140°/110°/70°
画面 2.0 “LCDスクリーン
ISO感度 Auto/100/200/400
動画解像度

UHD P24(2880 * 2160)
QHD P30(2560 * 1440)
FHD P60 / 30(1920 * 1080)
HD P120 / 60/30(1280 * 720)
WVGA P30(848 * 480 )
VGA P240 / 30(640 * 480)
QVGA P30(320 * 240)

動画フォーマット

MP4 / H.264

写真解像度 20M(5120×3840)
16M(4608×3456)
12M(4032×3024)
10M(3648×2736)
8M(3264×2448)
5M(2594×1944)
3M(2048×1536 )
VGA(640 * 480)
写真フォーマット

JPG

マイク 搭載
スピーカー 搭載
microSD 最大64GB
インターフェース

microUSB
microHDMI
microSD

機能

ダイビングモード
ループレコード:3/5/10分
タイムラプス記録:100ms / 200ms / 500ms / 1s / 5s
セルフタイマー:1/2/5 / 10s
バースト:3/5/10枚
プリティピクチャ:OFF /夜景/ポートレート/ライトペインティング
ホワイトバランス:自動/昼光/曇り/タングステン/蛍光
カラー:ナチュラル/ブラック&ホワイト/セピア

WIFI 搭載
バッテリー 3.8V 950mAh x1
付属品 1 * Action Camera with battery
1 * Carrying Case
1 * USB Cable
1 * Waterproof Housing
1 * Case Backdoor
1 * Bicycle Mount
1 * J-shape Mount
2 * Helmet Mount
1 * Bracket
1 * Clip
3 * Switch Support
1 * Fix Base
2 * Adhesive Tape
4 * Bandage
4 * Nylon Cable
1 * Wire
1 * Cleaning Cloth
1 * User Manual(English)
サイズ

寸法:5.9 x 4 x 1.2cm
重量:63g

発売日 2017年5月

 

開封

到着した箱の中にはなんとびっくり!想像以上にしっかりとしたケースが入っていました!

IMG_20170812_020344

 

落としても大丈夫!

物を乗っけて大丈夫な頑丈な作りになっていました。

IMG_20170812_020400

 

安っぽさはなく、このケースだけでも買うと1000円位しますよ!

IMG_20170812_020424

 

実際、たくさんのアクセサリーを保管しておくためにはケースは必須なので、付属してくれるのはうれしいですよね(´・∀・`)

IMG_20170812_020438

 

そして、早速開封~♬

なんか、いろいろ入ってます(`・д・´)

IMG_20170812_020503

 

マニュアルは英語でした(´・ω・`)

IMG_20170812_020529

IMG_20170812_020757IMG_20170812_020855IMG_20170812_020908IMG_20170812_020931IMG_20170812_020953IMG_20170812_021007IMG_20170812_021027IMG_20170812_021041IMG_20170812_021053

 

次にアタッチメントを順番にチェックしてみましょう(`゚Д゚´)ゞ

そして、なにげに嬉しいと思ったのはこのケースの蓋です。

IMG_20170812_021126

 

実はこの部分に穴が開いているので、防水ケースに付け替えることで、音も取れるようになるのです!

通常の防水ケースは密閉されてしまいますから、音も取りたい場合はこれに付け替えることで、防水性能はなくなりますが、落としても傷つかなくなります!

IMG_20170812_021150

 

これは、マジックテープのバンド。

IMG_20170812_021221

 

これは、ペットボトルくらいの太さのポールに巻きつけて固定させることができるバンド。

IMG_20170812_021249

 

これは、充電用のmicroUSBケーブル。

IMG_20170812_021333

 

これは、クリーニングクロス。

IMG_20170812_021402

 

これは、落としても大丈夫なように、くくりつけるためのワイヤーケーブル。

IMG_20170812_021412

 

しっかりと固定させる時用の結束バンド。

IMG_20170812_021447

 

これは、長いタイプ取付方向を90度変えるアタッチメント。

IMG_20170812_021541

 

これは、短いタイプ。

IMG_20170812_021610

 

これは、裏面に三脚穴(メス)が付いているタイプ。

IMG_20170812_021701IMG_20170812_021708

 

これは、三脚ネジ(オス)が付いているタイプ。

IMG_20170812_021722

 

これは、裸状態で取り付けられるホルダー。上下に三脚穴がついています。

※上下ともにしっかりとハマり問題なく使えました。

IMG_20170812_021744

 

これは、先程のホルダーに取り付けられるクリップ。

IMG_20170812_021827

 

このように組み合わせることができます。

IMG_20170812_021842

 

これは、クイックシュー的に簡単に取外し可能なアタッチメント。

IMG_20170812_021803

 

これは、裏面が両面テープのクイックシュー受け口です。

IMG_20170812_021920

 

裏面。

IMG_20170812_021927

 

交換用の両面テープが2枚付属します。

IMG_20170812_021351

 

使う際はこのようになります。

簡単に取り外せますから、バイクのヘルメットなどに固定している人が多いですよね。

IMG_20170812_021958

 

そして、こちらがAndoer AN5000本体です!

デザインはGoProそのまんまという感じですねヽ(´▽`)ノ

IMG_20170812_022249

 

防水ケースに入れた状態でボタン操作も可能になっています。

IMG_20170812_022257

 

各種ボタン全部が操作可能です。

IMG_20170812_022303

 

端子部分は隠れています。

IMG_20170812_022310

 

液晶も見れます。

IMG_20170812_022319

 

防水ケースから取り出すとこんな感じですヽ(^ω^)ノ

かなり品質がいいですよ!

IMG_20170812_022353

 

正面には電源ボタンがあります。

カチカチッっと押し心地もとても良いです!

IMG_20170812_022551

 

横には上下ボタンがついています。

こちらのボタンも押し心地Goodです!

IMG_20170812_022600

 

上部にはシャッターボタンが付いています。

こちらも押し心地良し!

IMG_20170812_022616

 

こちらには端子類がありますね。

IMG_20170812_022625

 

底面には電池ボックスがついています。

IMG_20170812_022634

 

パカっと蓋を外すと電池が入っていました。

IMG_20170812_022710

 

3.8V 950mAh 3.61Whのタイプです。

いわゆるよくある中華GoPro(SJ4000バッテリー)と同じサイズなので、バッテリーだけを買い足すのも簡単ですねo(・∀・)o

IMG_20170812_022722IMG_20170812_022741

 

液晶は2インチの大型液晶なので見やすいですね。

保護フィルムも貼ってあるので、有効活用しますね。

IMG_20170812_022818

 

ハサミで左上をチョキンと切って、そのまま保護フィルムとして使うことにしました。

IMG_20170812_022835

 

そして、起動させるとこんな感じ。

画面内に設定項目が表示されているのでわかりやすいですね。

IMG_20170812_024343

 

こちらは、写真モードです。

IMG_20170812_024422

 

各種設定メニューはこのようになっていました。

IMG_20170812_024449IMG_20170812_024500IMG_20170812_024514IMG_20170812_024520IMG_20170812_024545IMG_20170812_024551IMG_20170812_024559IMG_20170812_024608IMG_20170812_024613IMG_20170812_024619IMG_20170812_024624IMG_20170812_024630IMG_20170812_024635

 

▼設定メニュー詳細一覧

 

テスト撮影

 

ポイント

良い点
・安い
・画質が綺麗
・手ぶれ補正がしっかりしてる
・アタッチメントが豊富
・キャリングケースが付属している

 

気になる点
・映像の青みが強い

 

まとめ

かなりコスパの高いアクションカメラだと感じました!

手ぶれ補正もしっかりと機能していますし、映像画質も納得の行く解像感があります。

激安の中華GoProには映像を引き伸ばして、無理やりHD画質をFHDにしているものも結構ありますが、このAndoer AN5000ではきちんとスペック上の性能が備わっていると感じました。

 

アクセサリーも非常に豊富で、キャリングポーチまで付属しているというのは他にはない強みだと思います。

アクセサリーの不具合もなく、全てきちんと使えることも確認できました。

実用性が非常に高いですね!

映像は多少青みが強い印象を感じましたが、ダイビングモードという機能をONにすることで、色味を変えることができたので、そのへんも今後検証して紹介していく予定です。

 

今のところ、文句の付け所が見当たらないですが、今後更に色々と検証してみようかと思います。

 

関連記事

【Andoer AN5000・アクションカメラ】関連記事・まとめ・リンク集

海外通販使い方まとめ

4 Comments

  1. はじめまして。たまに見てイロイロ参考にさせていただいてますm( ^∀^)m
    sj6の記事を見て、ポチりかけたところに今回AN5000の記事が出たため、現在悩んでいます。
    手ブレと画質(私の使用は主に歩き)について比較なんかをやっていただけるとうれしいです。

    今悩み中の
    購入の条件は1に価格で、2がリモコンです。AN5000はリモコン対応していないと思っていますが、あってますか?お持ちの他機種のリモコンで動くなんてことは、ありえないですよねぇ。

    • すんげきさん、こんにちは。

      そうですね、比較はやるべきだと感じております(^o^)
      画質レベルについては2機種とも同じレベルに感じますね。
      手ぶれ補正もどちらも実用レベルに感じます。

      リモコンはAndoer AN5000は付属していないので、未対応という認識でOKです。
      他のリモコンが利用できるかはわからないですが(今後検証するかは未定です><時間があればしたいですが)、WIFIには対応しているのでスマホアプリで連携させることは可能です。

      筐体の品質はやはりSJ6のほうが断然上です。
      OSの作り方、液晶のタッチパネル搭載もあり、瞬時に他のモード切り替えができるのはSJ6の強みだと思います。

      価格差が結構ありますから、お財布と相談して見るとよいかと思います^_^

  2. ありがとうごさいます。
    up動画見てると、ANの方が魚眼がキツイようで、6の歪み補正効果の効き具合もあるんですね。
    最後に撮影中の発熱比較も知りたいです。(持った感覚程度)
    時間が空いた時にでもお願いしますm(_ _)m

    • すんげきさん、こんにちは。
      ありがとうございます。
      いつ検証するかは、わかりませんが、検証項目に追加させていただきますね。
      ありがとうございます^_^

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

© 2017 GEEK – KAZU

Theme by Anders NorenUp ↑