今週のおすすめ.Still004

おそらく、このブログを見ている100%の人たちはWIFIルーターを使っている様な、インターネットに長けた人?だと思います。

そういう人は一度は、ホームサーバー的な活用をしたいと思ったこともあると思います。

WIFIルーターにHDDをさせば、そんな使い方もできますが、XiaomiのWIFIを使えば、最初から状態で使うことが出来るのです。

GEAR BEST

NoName2016-7-25-No-003

中華タブレットを買うならまずはこのサイトから!

あまりにも安すぎて、見ているだけで面白いです。

海外通販サイトの中でも日本顧客を意識してくれています。

GEAR BEST トップページ

 

Xiaomi Mi R1D

▼WIFIルーターは色んな種類がありますが、最大1167Mbps対応でHDD内蔵、それらをスマホから設定できるMi WIFIアプリがあるので、設定も簡単らしいです。

2017-1-8_9-37-46

Xiaomi Mi R1D の現在価格を確認する。

 

スペック

製品名 Xiaomi Mi R1D AC WiFi Router English Version
タイプ Repeater,Router
Interface LAN,USB 2.0,WAN
最大通信速度 1167Mbps
Network IEEE 802.11 b,g,n,ac
Security WPA-PSK,WPA2-PSK
LAN Ports 2 ports
サイズ 16.80 x 12.00 x 6.40 cm
552 g
内容物 Xiaomi 1167Mbps Dual Band AC Mi WiFi Router
US Plug Power Adapter
1TB Internal Hard Disk

スライドショーには JavaScript が必要です。

Xiaomi Mi R1D の現在価格を確認する。

 

開封

DHLで梱包された物が届きました。

IMG_20170105_234229

 

カドッコは当然のごとく、若干凹んでいるけれど、かなり軽傷な部類。

IMG_20170105_234253 IMG_20170105_234259 IMG_20170105_234313

 

蓋を開けるとドドン!と入っていました。

IMG_20170105_234330

 

内容物はこんな感じ。

IMG_20170105_234436

IMG_20170105_234523.jpg IMG_20170105_234555.jpg IMG_20170105_234631.jpg IMG_20170105_234705.jpg IMG_20170105_234734.jpg IMG_20170105_234745.jpg

 

謎のカードが入っていましたが、未だに何に使うのかはわかっていません(爆)。

IMG_20170105_234807 IMG_20170105_234829

 

ACアダプターはコンセントに穴が空いていないので少し不安ですが、一応問題は無いです。

IMG_20170105_234900 IMG_20170105_234918

 

なかなかしっかりとした作りですね。

IMG_20170105_234953

 

ヨーロッパとか?で使えるようにするやつ?

IMG_20170105_235009 IMG_20170105_235017

 

そして、これが本体!なかなかかっこいいデザインになっていますね。

IMG_20170105_235041

 

WIFIルーターといえば、業務用的な武骨なデザインですが、こちらはインテリアとしても行けるくらいカッコイイ物となっていますね。

IMG_20170105_235121 IMG_20170105_235157

 

背面は2ポート分がハブとして使うことができます。USBも搭載されているので、外部に更にHDDなどを追加することも出来るようです。

IMG_20170105_235206 IMG_20170105_235216 IMG_20170105_235224 IMG_20170105_235233

 

通常はこのように使えばOKです。

IMG_20170105_235722 IMG_20170105_235743

 

スマホで見てみると、Xiaomi のアイコンも表示されていました!こんなこと、出来るんですね。

IMG_20170105_235958

 

左が以前使っていた、NEC Aterm1400HP

IMG_20170107_070053 IMG_20170107_070105

 

設定画面

各画像に補足説明を書いてみたので、見たい人は画像をクリックして閲覧ください。

シーケンス 32.Still001.jpg シーケンス 32.Still002.jpg シーケンス 32.Still003.jpg シーケンス 32.Still004.jpg シーケンス 32.Still005.jpg シーケンス 32.Still006.jpg シーケンス 32.Still007.jpg シーケンス 32.Still009.jpg シーケンス 32.Still010.jpg シーケンス 32.Still011.jpg シーケンス 32.Still012.jpg シーケンス 32.Still013.jpg シーケンス 32.Still014.jpg シーケンス 32.Still015.jpg シーケンス 32.Still016.jpg シーケンス 32.Still017.jpg シーケンス 32.Still018.jpg シーケンス 32.Still019.jpg シーケンス 32.Still020.jpg シーケンス 32.Still021.jpg シーケンス 32.Still022.jpg シーケンス 32.Still023.jpg シーケンス 32.Still024.jpg

Xiaomi Mi R1D の現在価格を確認する。

 

電波強度検証

画像の右上の各種WIFIルーターの位置関係を示した図を書いてみました。

各ルーターの直線距離は大体10mくらいかと思います(適当)。

各種ルーターの真横で、電波強度をチェックしてみました。

 

①エレコムのWIFIルーター

amazonでめちゃくちゃ安く買えるルーターです。すごい小さいですが、その分スペックはあまり高くないです。

YouTuber用.Still005.jpg

[amazonjs asin=”B00ORMZHGO” locale=”JP” title=”I-O DATA Wi-Fi 無線LAN ルータ 親機 11n/g/b 300Mbps 3LDK 2階建 WN-G300R3″]

 

②Xiaomi Mi R1D。エレコムと比較すると若干電波は強めかな?

YouTuber用.Still006.jpg

 

③結構弱めかな?

YouTuber用.Still007.jpg

 

スピードテスト

最大モデムに直付けして理論上最大1000Mbpsの環境でスマホでスピードテストをしてみました。

1回目:DOWN129.48Mbps , UP132.9Mbps , Ping8ms
2回目:DOWN143.99Mbps , UP132.0Mbps , Ping8ms
3回目:DOWN137.28Mbps , UP138.9Mbps , Ping7ms

平均:DOWN136.92Mbps , UP134.6Mbps , Ping7.67ms

 

1TB ホームサーバー

③番の位置からでも、問題なくサーバー内にアクセスして使うことができました。

その場所から速度測定をしてみると、通信速度はこんな感じでした。あんまり早いわけではないですが、ホームサーバーとしてはこんなもんだと思います。 

2017-1-7_7-7-13

 

我が家のネットワーク環境はこんな感じです。

wifi 位置関係zu2

 

動画

Xiaomi Mi R1D の現在価格を確認する。

 

まとめ

1000Mbps対応と入っても、その力を発揮するには受信するための機械もそれに対応していないと言うのは当たり前です。

今回、使ったスマートフォンでは、当然1000Mbpsは行きません。

有線接続でそのスピードを出させるには、それなりのPCスペックがないといけませんが、現在ボクのメインデスクトップPCは③の位置にあり、モデムは①の近くにあるため、到底持っていくことはできません。

そして、電波が劇的に強くなるかといえば、結構強いです。

 

③番の位置で②に繋いでも問題無く使えるのです。

以前の状態でこれをやろうとすれば、アンテナ1本で、全くインターネットなんてできたもんじゃありません。

そして、その以前のルーターというのはNEC aterm1400HPという4年前くらいに買ったac対応のハイスペックルーターなのです。

当時15000円くらい出して買ったルーターなんですが、それと比較しても電波強度は格段に良いといえます。

wifi 位置関係zu2

 

ボクはオンラインゲームを良くするので、回線がちょっと途切れることは死活問題ですし、インターネット中毒なので、常に万全の状態を確保しなければいけません(謎)。

そのため、我が家には全部で4つのWIFIルーターを家中に張り巡らしているという意味不明な状態になってしまったのですが、そうではない人であれば、このXiaomiのルーターを②の位置に一つ置くだけで事足りてしまいます。

それくらい電波強度が強いと感じました。

 

設定項目などはすべて英語なので、ちょっと大変ですが、頻繁に触ることも無いので、多いな問題でもありませんでした。

WIFIルーターとしては高額な部類に入ると思いますが、コストパフォーマンスを考えると非常にお買い得なのかもしれません。

 

興味のある方はチェックしてみてもいいかもしれません。

Xiaomi Mi R1D の現在価格を確認する。

GEAR BEST トップページ

 

日記

※最近ボクが気になった事を毎回記事の最後に書いています。

実は我が家は①→②→④→③と有線LANを這わせています。

そのため、3つの建物を全部一つの回線でまかなっているのです。

以前は無線でやっていたのですが、結構途切れたりもしてイライラする事があったので、この夏に一念発起して、屋外配線をしたのです。

今度ブログでその記事を書いてみようかと思っているのですが、思い続けて数ヶ月未だにかけていません。

流石に書けよ。

このブログを2回以上見たことある人は、feedlyで購読すると便利ですよ( ‘ω’ 三 ‘ω’ )
【Feedly】自分のよく見るブログをまとめておける!購読リストの作り方!