今週のおすすめ.Still004

ゲーミングキーボードと言えばメカニカルキーボードという代名詞とも言えるのですが、その中でも青軸という種類のキーボードは押す力が最も少なくて打てるということで、非常に指の負担が少ないため、大変人気の機種にもなっています。

今使っているキーボードが使いにくいと思っている方は、ゲームをしない方でもおすすめできるかもしれません。

今回は、メーカー様より商品をご提供いただきましたので、ご紹介いたします。

提供:LivSenseDirect

こちら企業様よりご提供いただきました。

アマゾンで他の販売商品も見てみる。

 

スペック

商品名:PrimAcc ゲーミングメカニカルキーボード 青軸
型番:B01MCT31ZB

ラー:ブラック
キーの数量:87個
寸法:48×18.5×5.5cm
バネ圧:60 g±15 g
キーの寿命:5000万回
スイッチタイプ:青軸
対応機種:USBポートを備えた機器(XP,Win7,Win8,win10,VISTAなど)に対応。
スイッチタイプ:青軸(クリック音付き)

 

開封

シンプルなダンボールパッケージである。

IMG_0721.JPG IMG_0722.JPG IMG_0723.JPG

 

こちらが内容物である。

IMG_0724.JPG IMG_0725.JPG IMG_0726.JPG

 

結構きれいな見た目である。

IMG_0727.JPG

 

キーの高さは一般的なキーボードという感じである。

IMG_0728.JPG IMG_0729.JPG

 

これくらいの押し心地。

IMG_0730.JPG

 

水をこぼしても壊れない排水構造になっているというとても変わったキーボードでもある。これはありがたい。

IMG_0732.JPG IMG_0731.JPG

 

ゴム足は少しであるが、十分機能する。

IMG_0733.JPG IMG_0734.JPG IMG_0735.JPG IMG_0736.JPG IMG_0737.JPG IMG_0738.JPG

 

安いものだとスペースの端っこを押すと引っかかって押しにくかったりするが、これは問題なかった。

IMG_0739.JPG

 

まとめ

ボクはメインでRealForceという2万円するキーボードを使っているのですが、長時間使っていると指が疲れてきます。

そういった時に、このキーボードに交換して使うと、疲れが軽減されました。

 

金額が高いキーボードだからと言って、完全ではないので、自分の用途にあったキーボードを選ぶべきだということを実感しました。

青軸なので、打つ時に音がうるさいという欠点がありますが、打ち心地はとても軽く、気持ちがいいです。

 

キーボードを打つ頻度が高い人は、青軸のメカニカルキーボードは救世主だと思います。

 

Pocket