今週のおすすめ.Still004

ヘッドフォンを置く台としても使えるし、サウンドカードが入っているので、音もよくできちゃうとても不思議なガジェットです。

今回は、メーカー様より商品をご提供いただきましたので、ご紹介いたします。

提供:DLAND JP

こちら企業様よりご提供いただきました。

アマゾンで他の販売商品も見てみる。

 

スペック

商品名:DLANDゲーミングヘッドセット クレードル
型番:B01KLKSVBS

サウンドチップ:7.1ch対応
EQ機能:対応(3パターン)
ミュートボタン:搭載
音量ダイヤル:搭載
モデル:HS-2
材質:プラスチック
外形寸法:25.5センチメートル*8.5センチメートル*13センチメートル

 

開封

内容物

IMG_0284.JPG

 

マニュアル(英語)

IMG_0285.JPG

 

本体

IMG_0286.JPG

 

このくらいのサイズ感

IMG_0287.JPG

 

プラスチック製ではあるが、品質は悪くない。

IMG_0288.JPG

 

メカメカしい

IMG_0289.JPG

 

裏面は両面テープで取付可能である。

IMG_0291.JPG

 

ヘッドフォンとマイク端子搭載である。

IMG_0290.JPG

 

ケーブル付け根

IMG_0292.JPG

 

ケーブルはゴムの被膜がついていて、かなりしっかりとした太さがある。断線は不可能レベル。

IMG_0293.JPG IMG_0294.JPG

 

ヘッドフォンを取り付けてみた。

IMG_0295.JPG

 

悪くない。

IMG_0296.JPG

 

左のEQボタンを押すと、ヘッドフォンの音が変わる。好みに合わせて変化させるといいかもしれない。

右はスピーカーのミュートボタンである。中心のダイヤルを回して音量調整が可能である。

IMG_0297.JPG

 

つなげるときれいに光る。

IMG_0298.JPG IMG_0299.JPG IMG_0300.JPG IMG_0301.JPG

 

Windowsのプロパティから接続した時の様子。

IMG_0303.JPG  IMG_0305.JPG

 

まとめ

メインの機能はヘッドフォンの置台なのであるが、おまけのサウンドカード機能もついている。

あくまでもおまけレベルなので、EQはプリセット以外の細かい調整はできない。

 

PCに直接差し込むよりは、USBのサウンドカード経由でヘッドフォン・マイクを接続したほうが断然ノイズが無くなるため音質が良くなる。

PCに直挿しで使っている人は、このサウンドカードを使ったほうが断然音質が良くなるのと、ヘッドフォン台としても使えるので、一石二鳥でもある。