今週のおすすめ.Still003

iPhoneを割るという作業は、多くの人が遭遇するアクシデントであると思いますが、そのようなあとはいくつかの修理方法が考えられます。

1,Apple公式に出す
2,非公式修理店に出す
3,自分で直す

今回は、3のDIYで画面修理するキットをメーカー様よりご提供いただいたので、ご紹介いたします。

提供:SZRS

こちら企業様よりご提供いただきました。

アマゾンで他の販売商品も見てみる。

 

スペック

商品名:SZRSTH iPhone6 Plus 5.5インチ 修理用交換用LCD フロントパネル 液晶パネル ガラス デジタイザー 工具セットが付属 (ブラック/black)
型番:B01KV32JF4

iPhone6 Plus用のフロントガラス、デジタイザ(タッチパネル)及び液晶LCDの一体型セット.
修理交換用の工具キットが付属しています;違いロットで、パッケージと工具が同じではないかもしれません。予めご了承下さいますようお願い申し上げます.
取り付け交換の為の日本語説明書は付属します、取り付けにはある程度の知識と技術が必要ですので、技術を持ち合わせていない方は自身での交換をお控え下さい.
ネットで「iphoneの自己修理&交換」に関して多く紹介されていますが費用が安い一方リスクが大きくお勧めできません.
液晶を取付前に、マザーボードのフレームが変形しないことをご確認ください、マザーボードのフレームが変形したままで取付と、液晶サイズが合わないですので、無理やり装着の結果は液晶を壊してしまいます(スクリーンが暗い、線入り、タッチ不良、クランクインキー故障など)(マザーボード変形の場合、液晶を交換する前に、バックカバーを交換する事をお勧めます).

2016-11-5_0-43-17.png 2016-11-5_0-43-21.png 2016-11-5_0-43-24.png 2016-11-5_0-43-28.png 2016-11-5_0-43-31.png 2016-11-5_0-43-34.png 2016-11-5_0-43-37.png 2016-11-5_0-43-41.png

開封

壊れ物が入っているのでとてもしっかりとした外箱でした。

IMG_8761.JPG

 

おまけの保護フィルムと詳しい写真付きのマニュアルも付いていました。

IMG_8762.JPG

 

作業を行う前に予習は絶対にした方がいいです。

IMG_8763.JPG IMG_8764.JPG IMG_8765.JPG IMG_8766.JPG IMG_8767.JPG IMG_8768.JPG IMG_8769.JPG

 

結構いい感じのドライバーも入っていました。

IMG_8770.JPG IMG_8771.JPG

 

小さくて見えませんが、iPhoneのネジは星型の特殊ドライバーなので、ついてきてくれるのはありがたいですね。

IMG_8772.JPG

 

こちらは使い捨てくらいのクォリティ。

IMG_8773.JPG

 

そして、厳重に保護されて画面が入っていました。

IMG_8774.JPG IMG_8775.JPG

 

ゴミ状の物がたくさんついていますが、保護フィルムが貼ってあるので、本体は無傷です。

IMG_8776.JPG IMG_8777.JPG IMG_8778.JPG IMG_8779.JPG IMG_8780.JPG IMG_8781.JPG IMG_8782.JPG IMG_8783.JPG

 

動画

修理手順

 

まとめ

AppleCare+ に未加入または保証対象外の場合で、画面のみの修理は12,800 円 (税別)。画面およびその他の損傷は30,000 円 (税別)とのことです。

Apple画面修理詳細

 

その他の損傷というのはどこまで言うのか判断がわかりませんので、実際に近くにApple storeがあるという人は、行ってみて確認してもらうのが手っ取り早いと思います。

docomo ,au,softbankショップでも対応してくれるのかな?

 

そして、近くにそんな店舗がないというど田舎に住んでいる人は、自力で修理するという方が現実的だったりします。

ボクの住んでいるところにはdocomo,auはありますが、softbankやApple Store、非公式修理ショップなんてものはありません。

 

多少時間はかかりますが、自分でやってみるというのは金銭的に悪くない気がします。

 

興味のある方は、チェックしておいても良いかもしれません。

Pocket