今週のおすすめ.Still003

ボクが子供の頃にこんな玩具があれば、なんて楽しかっただろう・・・と思ってしまうくらい、今遊んでも楽しいおもちゃ?でした。

ペンの後ろからフィラメントを入れてボタンを押すだけで、先端から溶けたプラスチックが出てきて、自由にお絵描きすることができます。

そのまま空中に持っていけば、3Dのオブジェも作れてしまうため、新しい感覚でした。

今回、メーカー様より商品を提供いただきましたので、ご紹介いたします。

提供:AFUNTA JP

こちら企業様よりご提供いただきました。

アマゾンで他の販売商品も見てみる。

 

スペック

商品名:AFUNTA 3Dプリンタペン ABS製 立体 3色フィラメントゲット DIY 知育遊具 立体の絵を自由に描ける プレゼント ドリームワールド クリエイター
型番:B01K9R1H7I

スプレーモデル:FDM
形成方法:3次元モデリング
プリントサイズ:制限なし
印刷フィラメント:ABS / PLA
フィラメント:1.75 +/- 0.03mm
スピード:4段調節可能
ノズル:直径は0.6mm
電源:5V DC-2A 
電源コード差込口:3.5mm X 1.35mm
本体サイズ:175.4mm X 18mm X 18mm
本体正味重量:55 +/- 5g

2016-10-30_10-38-27.png 2016-10-30_10-38-34.png 2016-10-30_10-38-37.png 2016-10-30_10-38-45.png 2016-10-30_10-38-49.png 2016-10-30_10-38-52.png 2016-10-30_10-38-56.png 2016-10-30_10-39-0.png

 

開封

きれいな箱と、フィラメントのセットでした。

IMG_8053.JPG IMG_8054.JPG IMG_8055.JPG

 

箱を開けるとそこはペンと充電器、そして英語のマニュアルが入っていました。

IMG_8056.JPG

 

ペンを使うときは案外ボタンが多くて、それぞれの使い方を理解するのにこのエイをのマニュアルを読まなくてはなりませんでした。

当然苦労しましたが、一度覚えればあとはそれほど難しいものではなかったです。

IMG_8057.JPGIMG_8058.JPG  IMG_8059.JPG IMG_8060.JPG

 

専用のケーブルを接続して有線接続で使います。

IMG_8061.JPG IMG_8062.JPG

 

こういうのはmicroUSBとかにしてほしいですね。壊れたら終わりですからね。

IMG_8063.JPG IMG_8064.JPG

 

そしれこれが本体!まさにペンです。

IMG_8065.JPGIMG_8067.JPG  IMG_8068.JPG IMG_8069.JPG

 

両端のキャップを外すと、それぞれペンとフィラメント挿入口があります。

IMG_8070.JPG

 

こちらのペン先から溶けたフィラメントが出てきます。

IMG_8071.JPG IMG_8072.JPG

 

そして、こちらの歯車的なところからフィラメントを挿入するのです。

IMG_8073.JPG IMG_8074.JPG IMG_8075.JPG

 

こちらがフィラメントです。

IMG_8076.JPG

 

少ないように見えて結構たくさんあります。小さい小物くらいであればすごい量作れます。

IMG_8077.JPG

 

アップで見てみるとただのプラスチックです。

IMG_8078.JPG

 

キャップを付けた状態で、電源につなぎます。 

IMG_8079.JPG

 

すると電源が入るので、温度が上がるのを待ちます(フィラメントを溶かすため)。

IMG_8080.JPG

 

設定温度まで到達すると数値がストップするので、フィラメントを入れます。

IMG_8081.JPG

 

フィラメントを入れて、ボタンを押すとフィラメントが吸い込まれていくので・・・

IMG_8082.JPG

 

そしてこんな感じで自由にお絵かきできます。

IMG_8083.JPG

 

自転車?作ってみました。

IMG_8084.JPG

 

3Dにかけるので立ちます!

IMG_8085.JPG

 

溶けたフィラメントはプラスチックなので、かんたんに折れません。

曲げるとこんな感じで曲がって白くなります。

IMG_8086.JPG IMG_8087.JPG IMG_8088.JPG IMG_8089.JPG

 

ドラえもんも書いてみました(笑)

IMG_8090.JPG

 

逆回転させてフィラメントをとりだします。 

IMG_8091.JPG

 

次はこちらの色のフィラメントを入れます。

IMG_8092.JPG

 

ちょっと大きめのものを作ってみました。

IMG_8093.JPG

 

Apple マークです!

IMG_8094.JPG

 

超立体!

IMG_8095.JPG IMG_8096.JPG

 

裏面はこんな感じでぺったりしてます。

IMG_8097.JPG

 

今度は4つの四角を作って・・・

IMG_8098.JPG IMG_8099.JPG

 

組み立ててくっつけると、立体的な四角に!

IMG_8100.JPG IMG_8101.JPG

 

更に斜めに補強してみました。

IMG_8102.JPG IMG_8103.JPG IMG_8104.JPG IMG_8105.JPG IMG_8106.JPG

 

これだけ遊んでも、減った気がしません。

めちゃできあオブジェを作ったらすぐに無くなりそうだけれど、こういった小物くらいだったら付属のおまけフィラメントでも結構遊べそうですね。

IMG_8107.JPG

 

動画

 

まとめ

正直すごい面白かった!

フィラメントが出るスピードは結構早くて思ったようにかけなかったんですが、設定を変えるとフィラメントの出るスピードが下がって、描きやすくなりました。

フィラメントは消耗品ですが、それほどすごい高いというわけでもないので、子供の知育にはすごい便利かと思いました。

先端は熱くなるので、それが理解できる年齢から使ったほうがいいと思いますが、将来アーティストを目指すにはぴったりでしょうね。

 

興味のある方は、チェックしておいても良いかもしれません。

Pocket