今週のおすすめ.Still003

リモコンが付いて、スマホで録画やFPVも可能な結構ハイスペックなクアッドコプターですね。

提供:Depus

こちら企業様よりご提供いただきました。

アマゾンで他の販売商品も見てみる。

 

スペック

商品名:Potensic 2.4GHz 4CH 6軸ジャイロ WiFiドローン 高度維持機能 200万画素空撮カメラ リアルタイム伝送 マルチコプター クアッドコプター 日本語取り扱い説明書 バッテリー2個付 360°宙返り 国内認証済み F183WH (ブラック)
型番:B01KTG937U

【高度維持機能】このドローンは高度維持機能が装備されており、安定して設定された高さにとどまることができます。初心者には非常に心強い機能になります。
【高画質】200万画素HDカメラを搭載し、5.8Gリアルタイム映像伝送、いつでもどこでもLCDディスプレイにビデオや写真を共有することができます。
【3D宙返り機能】3D宙返り機能を搭載し、飛行時の安定性を楽しむだけでなく、また、クールな飛行体験を楽しめます。
【6軸ジャイロ】高性能6軸ジャイロ搭載で、強い風への抵抗を改善し、素晴らしい安定性を実現し、簡単に様々な曲芸飛行を実現することができます。
【WiFiのリアルタイム伝送】WIFIを通して、ご使用のスマホをリアルタイムモニターに代用でき、様々な角度で世界を見て、風景と家族を録画します。お使いのスマホに写真やビデオを保存して友達と喜びを分かち合うことができます。

yyyy-m-d_h-n-s_37o-000.png yyyy-m-d_h-n-s_37o-001.png yyyy-m-d_h-n-s_37o-002.png yyyy-m-d_h-n-s_37o-003.png yyyy-m-d_h-n-s_37o-004.png yyyy-m-d_h-n-s_37o-005.png yyyy-m-d_h-n-s_37o-006.png

 

開封

IMG_0015.JPG IMG_0016.JPG IMG_0018.JPG IMG_0020.JPG IMG_0019.JPG IMG_0017.JPG IMG_0021.JPG IMG_0022.JPG IMG_0023.JPG IMG_0025.JPG IMG_0024.JPG IMG_0026.JPG IMG_0027.JPG  

 

これが付属品達

IMG_0028.JPG

 

これが足

IMG_0029.JPG

 

バンパー

IMG_0030.JPG

 

予備のプロペラ

IMG_0031.JPG

 

バッテリーは、7.4V , 500mAh , 3.7wh , 160628 , DS 602540-25

IMG_0032.JPG IMG_0033.JPG

 

スマホを挟めるホルダー

IMG_0034.JPGIMG_0090.JPG

 

充電器

IMG_0035.JPG IMG_0036.JPG

 

リモートコントローラー

IMG_0037.JPG IMG_0039.JPG

 

左右はどちらも4軸

IMG_0038.JPG

 

単三電池4本

IMG_0040.JPG IMG_0041.JPG

 

これが本体!

IMG_0077.JPG

 

結構かっこいい!

IMG_0078.JPG

 

電源をつけるとこの辺のLEDが光る。

IMG_0079.JPG

 

ここはバッテリーBOX

IMG_0080.JPG

 

これがカメラ、多少の角度調整が可能。

IMG_0081.JPG

 

結構基盤はむき出しなので、雨の日や雨の後には使わないほうがいい。

IMG_0082.JPG IMG_0083.JPG IMG_0084.JPG IMG_0085.JPG

 

重量は129g。結構軽い。

IMG_0086.JPG 

 

動画

 

まとめ

スマートフォンと専用アプリで接続すると、ドローンについているカメラ映像を録画することができました。

画質はそれほどすごいきれいというわけではないですが、まぁまぁ楽しめるくらいの画質にはなっていますね。

 

今回使用した場所はとても狭いところだったので、本来はもっと野球場のように広いところで使ったほうがいいと思います。

というのも、実はこのあとにもう一度飛ばして遊んでいたんですが、上空高く上げすぎて、風に飛ばされて舵が効かなくなってしまいました。

その結果、隣の家の裏側に飛んでいってしまって、走って追っかけたのですが、どこに墜落したのからなくなってしまったのです。

ようは、遭難してしまいました。

 

結果として見つかったんですが、見つけれたのはスマホとWifi接続していたおかげでした。

大体この辺に落ちたようなきがするポイントからWifiの電波強度を(スマホのWIFI設定画面)からチェックしてWifi強度が強くなる方向へ歩くというかなり地道な方法でドローンのいちを探りました。

その結果、平らな地面に落ちているのを見つけたので良かったのですが、近くに川もあったので、風向きが反対だったら、川に落ちて壊れていたかもしれませんね(笑)

 

ドローンの落ちたところは、僕が落ちたと予測した場所よりも30mくらい遠くに落ちていて、これは、本当に広い場所でやらないとガチで次はなくすかもしれないと思いました。

あとは、風が強いときはやらないほうがいいということ。

このサイズ・重量のモデルだと、全く舵が効かなくなりますからね。

 

でも、やっぱり面白い。今度は、広い場所に行って遊ぶことにしようかなぁ。でも冬だからちょっとめんどい(笑)

 

興味のある方は、チェックしておいても良いかもしれません。

Pocket