今週のおすすめ.Still003

4K , 30fps!
FHD , 60fps!
HD , 120fps!

この金額でこれだけ撮れるってすごくない!?

提供:きみのため

こちら企業様よりご提供いただきました。

アマゾンで他の販売商品も見てみる。

 

スペック

商品名:Excelvan Q8 アクションカメラ 2.0インチ WiFi 4K(30FPS) 16MP H.264 30m防水 170°広角度 (シルバー)
型番:B01K7HRXIC

ビデオ解像度

4K 30fps

2.7K 30fps

1920×1080 60fps,30fps

1280×720 120fps

ビデオフォーマット mp4 (H.264)
画角 170°
microSD 最大64GB (別売り)
バッテリー 900mAh(よくある中華GoProバッテリー)
連続駆動 1080p 90分
サイズ 29.8×59.2x41mm
重量 58g(バッテリー込み)

NoName2016-10-12-No-000 (2).png NoName2016-10-12-No-001 (2).png NoName2016-10-12-No-002 (2).png NoName2016-10-12-No-003.png NoName2016-10-12-No-004.png NoName2016-10-12-No-005.png NoName2016-10-12-No-006.png

 

開封

4K対応の格安アクションカムってAmazonではあまりないので、果たしてその性能は!?

 IMG_9069.JPG

 

Wifiも対応しているのだけれど、今回は試していません。

IMG_9070.JPG IMG_9071.JPG IMG_9072.JPG IMG_9073.JPG IMG_9074.JPG

 

アクセサリー類は相変わらずたくさんついてくるね!ありがたい!

IMG_9075.JPG

IMG_9076.JPG IMG_9077.JPG IMG_9078.JPG IMG_9079.JPG IMG_9080.JPG IMG_9081.JPG IMG_9082.JPG IMG_9083.JPG IMG_9084.JPG

IMG_9085.JPG IMG_9086.JPG IMG_9087.JPG IMG_9088.JPG IMG_9089.JPG IMG_9090.JPG IMG_9091.JPG IMG_9092.JPG IMG_9093.JPG IMG_9094.JPG IMG_9095.JPG IMG_9096.JPG IMG_9097.JPG IMG_9098.JPG IMG_9099.JPG IMG_9100.JPG IMG_9101.JPG

 

ウォータープルーフケースも一般的な感じだけれど、若干ボタンサイズ・位置・本体形状が異なるので、他のものとは流用できない

IMG_9102.JPG IMG_9103.JPG

 

そして、これが本体!結構作りが良い!

IMG_9104.JPG

 

正面がオリジナル感あふれる形状に角ばっている!オリジナリティーがあるのっていいね!

IMG_9105.JPG IMG_9106.JPG

 

予め保護フィルムらしいものが貼ってあるような感じでしたが、剥がしてみると汚くなりそうなので確かめていません。

IMG_9107.JPG IMG_9108.JPG IMG_9109.JPG IMG_9110.JPG

 

付属のバッテリーは一つ。

IMG_9111.JPG IMG_9112.JPG

 

よくある中華GoProで使われているのと同じなので、それを買えばOKです(確認済み)。

IMG_9113.JPG

 

4K動画クロップ

NoName2016-10-12-No-000.png NoName2016-10-12-No-001.png NoName2016-10-12-No-002.png

 

動画

1080p 60fps

 

720p 120fps スローモーション

 

何故か、4K動画を編集しようとするとエラーで読み込んでくれないため、無編集のままです。

4K 30fps

 

まとめ

まず、マイク音質は良くない。

そして、何故か、各オブジェクトの縁が不自然なまでに黒くなっているようなきがする。

まるでアニメーションのような輪郭を形成してしまうのだ。

残像が映像に残ってしまっているのだろうかと思ったのだけれど、静止しているときも縁は黒くなってしまっている。

そして、ボクが導き出した答えは・・・

解像度を引き伸ばしているのだろうという考えでした。

 

よくこの手のカメラというのは、720pの映像を引き伸ばして「1080p対応!」と謳っていたりするのです。

なので、おそらくこのアクションカムは

480p → 720p  ,  720p → 1080p , 1080p → 4K

という感じで映像を引き伸ばす処理がされていると思われる。

その理由は、4Kで取った映像を1080pの画面サイズで見てみると非常にしっくりとした映像になるからである。

引き伸ばすと当然、本来不自然さを感じない影も引き伸ばされるため、縁が黒くなっているように感じると言う仮説が納得行くものとなる。

 

ただし、こういった現象を考慮しても、なかなかスペックが高い機種であると思った。

というのも、この金額で120fpsの映像を撮れる機種自体ほぼないですし、操作性もかなりしっかりとしているからである。

撮影メニューは、映像→写真→スローモーション→プレビュー→設定 という感じで別れているのだけれど、映像とスローモーションが独立しているため、すぐに撮影切り替えが可能なのである。

いちいち、設定メニューにて設定を変更させる必要が無いという意味である。

 

また、驚くことに動画フォーマットがmp4なのである!

これは本当に嬉しい!MOVが大嫌いなボクとしては、日々中華GoProは進化しているなと実感できた瞬間でした。

 

興味のある方は、チェックしておいても良いかもしれません。

 

Pocket