今週のおすすめ.Still003

このシャープナーを使えば、包丁の切れ味が蘇ります!

提供:Arespark

こちら企業様よりご提供いただきました。

アマゾンで他の販売商品も見てみる。

 

スペック

商品名:Foneso 包丁研ぎ 研ぎ器 包丁 研ぎ器 セラミックロール シャープナー ダイヤモンド砥石 ステンレス鋼 ホーム キッチン用 ホーム キッチン用
型番:B019TS4H7A
素材・材質:刃(砥石)/ファインセラミックス、本体/グラスファイバー強化ポリアミド、ガイドカバー/ポリアミド
特性:人間工学に基づいてABSプラスチックを利用しているので滑りにくい
研ぎ方:おおざっぱな研ぎ方、細かい研ぎ方、仕上げ研磨という三つの方法がある
耐久性:しっかりして丈夫な商品なのでお長持ちに使わせていただける
汎用性&安全性:包丁、果物ナイフなどの刀に向く。尚、ゴム滑り止め台座が付いておるから滑りにくい

71o8hlsQF+L._SL1500_.jpg 715ha9CSdVL._SL1500_.jpg 71hWMWWda9L._SL1500_.jpg 61IvXfhkMkL._SL1500_.jpg 71yahDCY6BL._SL1500_.jpg 71Lfs8N0SLL._SL1500_.jpg

開封

IMG_9157.JPG IMG_9158.JPG IMG_9159.JPG IMG_9160.JPG IMG_9161.JPG IMG_9162.JPG IMG_9163.JPG IMG_9164.JPG IMG_9165.JPG IMG_9166.JPG IMG_9167.JPG IMG_9168.JPG IMG_9169.JPG IMG_9170.JPG IMG_9172.JPG

まとめ

3種類の材質で段階的に研磨することができる、シャープナーです。

左から順番に包丁を砥いでいけば、自然と包丁の切れ味が良くなる方式になっています。

 

試しに、我が家の伝統的なハンドアックスをこれを使って砥いでみようと思ったのですが、厚みがありすぎて入りませんでした。

その為、致し方なく、伝統的の様な包丁を研いでみました。

ボロボロに刃が欠けた包丁でしたが、まぁまぁな状態まで復活させることが出来ました。

元々ボコボコだったので、更に切れ味を出すためには、かなり深くまで削らないといけないので、時間がかかりそうでした。

普通の包丁であれば、10回程度ずつ砥いで見るだけで、刃が見違えるように切れるようになると思われます。

 

興味のある方は、チェックしておいても良いかもしれません。

Pocket