今週のおすすめ.Still003

ボクはよくパソコンでゲームをするので、マウスに関してはうるさいです!

そんなボクが納得のメイン機にしても問題ないと思えるマウスをご紹介します。

提供:Hippidion.Japan.Store

amazonではTeckNetというブランド名で多数のパソコン周辺機器を販売しているようです。

評価が高い商品が多く、値段も激安なので、興味のある方はチェックしてみてください。

amazonで Hippidion.Japan.Store の商品を見る。

 

激安ゲーミングマウス

最近になるとamazonでも激安のゲーミングマウスが販売されるようになりました。

大半が中国製の無名メーカーのものであり、その作りは決して良いとはいえないものが多いです。

しかし、今回の製品は見た目に関してはなかなかいい感じの作りをしています。

実際に使ってみて、実用レベルの性能があるかをチェックしてみたいと思います。

 

スペック

商品名:TeckNet 高精度 光学式 USB有線ゲーミングマウス (1000、1600、2000 DPI)3段階調整可能 6ボタン プログラム不可
型番:841997
重量:約116g
TeckNetゲーミングマウスM268
調節可能解像度:600/1200/2000
人間工学に基づいたデザイン
ブルーLED
保証:18ヶ月

 

開封

コンパクトな小さめの外箱。

コスト削減で最小限という感じ。

Hippidion-gaming-mouse001

 

内容物は、内容物は、本体、マニュアル(英語)

Hippidion-gaming-mouse002

Hippidion-gaming-mouse003

Hippidion-gaming-mouse004

 

マニュアルは英語だけれど、挿せば使えるので、特に必要なし。

Hippidion-gaming-mouse005

Hippidion-gaming-mouse006

 

そして、これが本体!色のバリエーションは3種類あるのだけれど、荒く研磨された銅の様なかっこいいデザインのものを選択した。

Hippidion-gaming-mouse007

 

低価格なのに編みこみ式のケーブル!

Hippidion-gaming-mouse008

 

金メッキUSB!

Hippidion-gaming-mouse009

 

やばい!かっこいい!

Hippidion-gaming-mouse011

 

あくまでも塗装なので研磨されたような感じですが、表面はつるつるしています。

Hippidion-gaming-mouse012

Hippidion-gaming-mouse013

 

かぶせ持ちにフィットした形になっている。

Hippidion-gaming-mouse014

Hippidion-gaming-mouse015

 

裏面

Hippidion-gaming-mouse016

 

ケーブル接続部分。

Hippidion-gaming-mouse017

Hippidion-gaming-mouse018

 

接続するとブルーに光る。

Hippidion-gaming-mouse019

 

センサーはブルーLED方式。

Hippidion-gaming-mouse020

 

こんな感じで使っている。

Hippidion-gaming-mouse021

 

重量は約116g

Hippidion-gaming-mouse022

 

クリック感(動画)

マウスに重要なのはクリック感である。かなり軽く押せるのにクリック感がしっかりとある。

 

まとめ

正直、メインとして使っています!

ボクの今まで使ってきたSteel series SENSEI(約7000円)と言うマウスはもう3年位使ってきたので、結構ボロボロでガタが来ていたので、そろそろ変えたいと思っていたのです。

そして、このマウスを使ってみたのですが、とても満足行く出来でしっかりと使うことができています。

 

最初の1日目はマウスの形に慣れるために少し違和感がありますが、それはどのマウスを使っても同様です。

実際にFPSゲームをしてもしっかりとAIM(マウスの動き)に追従してきてくれて、ゲーミングマウスとしては何ら問題ない性能を持っています。

センサーもブルーLEDを使っていて、ケーブルも編みこみ式で、製品品質はこの価格ではありえないものとなっています。

センサーは基本3種類(レッド<ブルー=レーザー)あり、低価格なものはレッドLEDが使用されていることが多いです。

 

高価格のゲーミングマウスになるとブルーLEDに、高価格通常マウスになるとレーザーになる傾向があります。

ブルーLEDになると、認識精度が上昇して、ガラスなどの反射しづらい場所でも使うことができるようにあるためです。

このマウスはまるで6000~8000円台のマウスのセンサーを搭載していると言っても間違いありません!

 

細かいところを見ると、好みもありますが、安っぽい箇所もあります。

ただし、ブロンズの研磨されたデザインはなかなかかっこ良く、手のフィット感も申し分ない感じです。

 

ゲーミングマウスは結構高い為、敷居が高いですが、このマウスから入門しても全く問題無いと思いました。

興味のある方はぜひ、チェックしてみてください!

 

あとがき

3ヶ月ほど前に、Logicoolの人気激安ゲーミングマウスを買ったのだけれど、個人的に合わなかった。

マウスのクリックが重いので、長時間使用すると、指がつりそうになってくるのである。

今回のマウスは動画を見てくれればわかるが、クリック感が軽くて、しっかりとしているので、そういったことが起こらない。

Pocket