今週のおすすめ.Still003

自撮り棒にはいろいろな種類があります。

イヤホンジャックにケーブルを挿すだけでどんなスマホでもすぐに撮影ができてしまうお手軽セルフィースティックのご紹介です。

提供:SIDARDOE

今回の商品は、SIDARDOE様よりご提供いただきました。

まだ他の商品はほとんどないので、これから増えていくのでしょう。

まずはヘッドセットからということでしょうか。

amazonで SIDARDOE の商品を見る。

 

挿すだけすぐに使える

観光地を歩けばいたるところに自撮り棒を販売しているお店が乱立しています。

本題であれば、自撮り棒なんて売らなそうなお店でも売っていたりもします。

それくらい、一般的になりつつある自撮り棒ですが、粗悪な商品もとても多いのが現状です。

そして、自撮り棒には幾つかの種類があります。

  1. ただスマホを挟む機能だけ
  2. 手元に撮影ボタン付き(イヤホンジャック接続)
  3. 手元に撮影ボタン付き(Bluetooth接続)

今回の商品は2番のものになります。

それでは、その使い勝手を見てみましょう。

 

スペック

商品名:SIDARDOE 自撮り棒 セルカ棒 有線 ゴールド iphone android xperia 対応
型番:MK-LMZPGXK-E3
対応スマホサイズ:最大87mm
有線タイプ自撮り棒

購入する前に、下記の方法でスマートフォンが自撮り棒に対応かどうかを確認します。
1.スマートフォンを新しいバージョンまでアップグレードしてください。(IOS5.0以上、Android4.2以上)
2.音量ボタンをシャッターボタンとして使用できるように設定し、イヤホンをスマートフォンのオーディオジャックに接続して、音量キー+を押してください。この自撮り棒は音量キー+で撮影出来るスマホに対応しています。
デフォルトカメラアプリでは撮影できない場合には、「360 Camera」か「Selfile Camera」というアプリをダウンロードしてお試しください。

 

開封

細長い外箱。

sidardoe-selfy-stick001

sidardoe-selfy-stick002

sidardoe-selfy-stick003

 

内容物は、本体、袋、ストラップ

sidardoe-selfy-stick004

 

袋はすごくホコリが付きそうなやつ。

sidardoe-selfy-stick005

 

これが本体!なかなかカッコイイデザインだ。

sidardoe-selfy-stick006

 

色は全部で4色あるのだけれど、これはゴールド。(他はピンク・ブラック・ローズゴールド)

sidardoe-selfy-stick007

 

丸いところがシャッターボタン。

sidardoe-selfy-stick008

 

スマホを挟むときは、ここをガシャコンと変形させる。

sidardoe-selfy-stick010

 

iPhone5(4インチ)はらくらく。

sidardoe-selfy-stick011

 

そして、なんと5.5インチのhonor 6 plusもいける!5.5インチは結構キツめの物が多いけれど、楽にはめることができた。

sidardoe-selfy-stick012

 

挟むところは、全身ゴムで、溝も掘ってあるので、安定感は抜群。

sidardoe-selfy-stick013

 

伸びる長さは一般的。

sidardoe-selfy-stick014

 

iPhoneでもAndroidでも問題なくシャッターを押すことができた。

sidardoe-selfy-stick015

 

うまく動作しない時は、一度アプリを再起動すると、使えるようになった。

「音量ボタンでシャッターを切る」機能に対応していないとこのシャッターボタンは使えないので、購入前に手持ちのスマホが音量で撮影できるかをチェックして欲しい。標準アプリでできなくても他のアプリでできる時もあるので大抵は問題ないけれど。

sidardoe-selfy-stick016

 

 

まとめ

セルフィースティックとしては、とても使いやすい商品だと感じた。

個人的に、ブルートゥースでの接続するセルフィースティックよりも、こちらの有線タイプのほうが、すぐに接続や取り外しが可能なので、便利だと思う。

撮影ボタンのラグもなくて、好きな位置に持っていけるので、高めのところから撮影、自分を撮影、いろんな用途に使えると思う。

作りもしっかりしているので、普通に使っていれば、壊れることはないだろう。

 

スマホを挟み込む部分もコンパクトに収納できるように工夫されているのと、専用ポーチも付属しているので、かばんに入れている時に、折れてしまったということもないと思う。

なかなかしっかりと考えこまれて作られていることがわかる商品である。

 

旅行に行こうと思っている人は旅先で買うのではなく、事前にしっかりした商品を購入スべきだと僕は思う。

興味のある人はぜひ、チェックしてみてください。

Pocket