今週のおすすめ.Still003

自宅にチャイムがないという人はほとんどいないと思いますが、ワイヤレスチャイムを使えばいろいろなことに活用できそうです。

離れたところにボタン一つで音楽を流せると言うのは使いみちが広がります。

提供:Lendoo

今回の商品は、Lendoo様よりご提供いただきました。

amazonでは、一風変わった電気製品を販売しているようです。

興味のある方はチェックしてみてください。

amazonで Lendoo の商品を見る。

 

ワイヤレス

この商品はケーブルいらずのワイヤレス仕様です。

つまり、使いたいところに自由に配置して使うことができるのです。

2世帯で住んでいる人だったり、部屋が離れているところに置けば、いろいろなことに使えるかもしれません。

実際に実用レベルの性能を持っているかを検証してみたいと思います。

 

スペック

商品名:Lendoo ワイヤレスチャイム ドアホン 呼び鈴 ワイヤレスドアベル呼び出し玄関チャイムセット 玄関チャイム ナースコール/介護現場やレストラン/倉庫/来客に対応(呼出音楽52曲選択可, 受信距離300M) (AC式受信機2個+ 押しボタン送信機1個)
型番:FX-H2
52種類の呼び出し音楽が選択可
4段階の音量調整できます。
300Mの受信距離。

リモートコントロール電圧:≤12V
リモートコントロール低消費電力:≤10mw
受信機動作電圧:AC220V 50HZ 60HZ
受信機の電源:0.5W
サウンド ボリューム:25—110dB
動作周波数:315MHZ、433MHZ、868MHZ
リモコン電池:12V 23A
送信機バッテリー:アルカリ電池
防水タッチキー

ペアリングのプログラム命令(方法)
​   1.プログラムをペアリングする前に、お気に入りの音楽を選択してください。
   2.送信機のボタンを押し続けます。(LEDは常時に点灯をしましょう)
   3.以下のいずれかの操作はペアリングのプログラムをアクティブにするを有効に利用できます。  
    A: 両方のボリューム ボタンと音楽ボタンを押します。
    B: 5 秒間だけボリューム ボタンを長押します。
    上記のいずれかの操作が完了したら、受信機からLEDの点滅で「ドン」を聞いて、それはペアリングプログラムの状態に入ります。ペアリングが成功しならば、選択したの音楽が再生されます。

 

開封

よくあるシンプルな外箱。

lendoo-wireless-bell001

 

内容物は、本体、ボタン2個、ネジとか、両面テープ、英語マニュアル。

lendoo-wireless-bell002

 

英語なのでとてもわかりずらいけれど、上に書いたペアリング方法までしてから、ペアリングしたい子機を押したらペアリング完了できる。

2個ペアリングしたいときは、操作を2回する。

ちなみに、商品が届いた時に2個ともペアリングした状態でした。

lendoo-wireless-bell003

lendoo-wireless-bell004

 

これが本体!真っ白でかっこいいね。綺麗にダイヤモンドカット?の模様もある。

lendoo-wireless-bell005

lendoo-wireless-bell006

 

横に音量(左)音楽選択(右)ボタンが有ります。

ボタンを押すごとに変更可能です。両方一緒に押すことで、ペアリングモードになります。

lendoo-wireless-bell009

 

 

そして、これがスイッチ。とてもスイッチに見えないけれど、スイッチである。

lendoo-wireless-bell007

lendoo-wireless-bell008


lendoo-wireless-bell010

 

まとめ

結構安価でワイヤレスのインターホンを購入できるのはなかなかいいかもしれない。

マニュアルが英語なので、好きな音楽に変更するための手順がよくわからなくて面倒であったけれど、わかってしまえばどうってことない。

 

伝送距離はスペック上300Mと書いてあるけれど、試しに受信機と送信機を自宅を挟んだ反対側に置いて実験してみたけれど、しっかり反応してくれた。

距離にして20mくらい離れて障害物の家があっても問題なく使えるというのはすごいと思った。

大抵の家であればどこでも使えると思われる。

 

スイッチボタンは押しても押した感じはしないのと、ボタンに見えないので、家の前に取り付けるのはある意味躊躇してしまうかもしれない。

ただ、オシャレといえばオシャレではある。

 

個人的な利用方法としては、我が家の隣のお婆ちゃんうちに取り付けて、何かあるときは押してもらうためのボタンとして活用しようかと思う。

Pocket