今週のおすすめ.Still003

今までいろいろなヘッドセットを使ってきましたが、純粋に最もスペックが高いです。

段ボール製なんて買わないで少し値段を足してこっちを買ったほうが良いと思います。

VOXとは?

今回の商品はVOX様よりご提供いただきました。

アマゾンではオーディオアンプなどのオーディオ関連の商品を販売している企業です。

更にけいおんとのコラボバージョンがあったりと、その方向へも手を広げている?のかもしれません。

興味がある人は見てみてもいいかも。

アマゾンで VOX を検索する。

VOX VR HP

 

VRに必要なのは着け心地

数々のVRヘッドセットを使ってきたボクがわかったのは、つけ心地がとても重要だということです。

Playstation VRやViveなどの本格仕様を除いたスマホをはめるタイプでは、映像クォリティは大差ありません。

とりあえず、ピント調整がしっかりできれば、あとはスマホの性能が左右してくるからです。

あくまでもヘッドセットはヘッドセットでしか無いのです。

そこで重要なのは、ピント調節機能とつけ心地なのです。

その辺を確認してみたいと思います。

 

スペック

商品名:VOX gear+ 3DVR ゴーグル 3Dメガネ HMD 素晴らしい3D体験 焦点/瞳孔距離調節可能 4- 6.5インチのスマートフォンに適用 GoogleDIY ビデオ 映画ゲーム用
型番:gear+
サイズ:19.4* 11.7 * 12.7cm
重量:263g
材質:ABS +球面樹脂レンズ
仮想画面:4 〜6.5インチの携帯電話
焦点/瞳孔距離調節可能
メガネを外して近視の人でも眼鏡なしでハッキリと見える(近視度数0から500まで)

 

開封

VRサイズの箱。

IMG_20160605_175243

 

ピッタりとつめ込まれている。

IMG_20160605_175256

 

内容物はこんな感じ。

IMG_20160605_175331

 

何に使うかよくわからない、アイマスク的な奴。

IMG_20160605_175342

 

光を遮断したい時に使うと良い見たい。

IMG_20160605_175354

 

ヘッドバンド。

IMG_20160605_175409

 

英語マニュアル。

IMG_20160605_175427

IMG_20160605_175436

IMG_20160605_175441

 

メガネクロス。

IMG_20160605_175449

 

これが本体。なかなかカッコイイデザインですね。

これなら、町中で付けても恥ずかしくないですね!←

IMG_20160605_175516

 

目の周りにあてる部分はふわふわのクッション。

結構いい感じのクッションで、当てても痛くない。

IMG_20160605_175524

 

ピント調整はレンズ部分をキャップのようにまわして調節する。

IMG_20160605_175550

 

側面

IMG_20160605_175602

 

底面

IMG_20160605_175607

 

側面

IMG_20160605_175612

 

上部。ここの黒い部分を左右に動かすことで目の位置を調整する。

IMG_20160605_175619

 

正面

IMG_20160605_175628

 

スマホを載せる部分は厚めのスポンジを押し付けて固定される仕組み。

これのおかげでバンカーリングを付けた状態でもはめることが出来た。

IMG_20160605_175639

 

アイマスクは、多分保管するときのレンズ保護に役立てるようである。

IMG_20160605_181428

 

公式動画

公式の開封動画もありましたので、興味がある方は見てみては。

 

まとめ

それぞれの部分はとてもしっかりと作られていて、スマホをはめる型のVRヘッドセットとしてはかなり完成形に近いものになっている。

目の周りのクッション部分も実は取り外しが可能で、洗うことができるため、長時間使用して汗でベトベトになっても清潔に保つことが可能である。

 

使えるスマホサイズも4~6.5インチとかなり幅広いため、今流行のファブレットを使っている人でも使うことができる。

お値段もかなり安いので、興味があった人はこの機会に購入するのをおすすめできる商品である。

Pocket