今週のおすすめ.Still003

ボクがいつも使っているゲーミングヘッドセットRazer(レーザー)製の2chヘッドセットでした。

今回、AUSDOM様よりゲーミングヘッドセットをご提供いただいたので、メイン機として利用するつもりで開封レビューしてみました。

AUSDOMって?

アスドム?ウォスドム?と呼ぶのかわからないが、ヘッドホンを中心に販売しているメーカーである。

アマゾンを見てみても、79種類中の9割がヘッドホン(またはヘッドセット)という気合の入れよう(気合を入れているかどうかは知らないが)。

AUSDOM amazon

ホームページを見てみると、なかなかかっこ良い感じで、OEMだけを売っている中華企業という印象は全く無い。

NoName2016-5-12-No-004

AUSDOM HP

 

7.1ch ゲーミングヘッドセット(AGH2 )

いかにもゲーミングデバイスらしい見た目は、人を選ぶかもしれないが、数字だけを見たスペックはかなり高い。

  • ヘッドセット
  • 7.1ch
  • バイブレーション
  • 各種ボタン(音量Up-Down,マイクOn-Off,バイブOn-Off
  • フアフアなヘッド

詳細スペック

マイク仕様
マイクロホン ユニット: φ4.0*1.5mm
指向性: 無指向性
感度: -54dB +/- 2dB at 1khz
インピーダンス:2.2kohm
動作電流:8+/- 1MA
SNR>85db
周波数帯域: 100Hz~20kHz
バイブレーター インピーダンス:16+/- 5%
振動の大きさ:27*10MM
スピーカー仕様
ドライバー口径: 40mm
パワー:32W
周波数帯域: 20Hz~20kHz
LED仕様
動作電流:8+/- 1MA
製品詳細
対応システム:Windows98/2000/XP/VISTA/WIN 7/WIN 8
USBポート:高速USB2.0 プロファイルを接続するサポートUSB
動作電流:待機 48+/- 2MA 480-180MA
動作温度:-10℃-45℃

 

 

開封

巨大な箱を目にすると心が騒いでしまう(個人的に)

AUSDOM-AGH2001

AUSDOM-AGH2002

AUSDOM-AGH2003

AUSDOM-AGH2004

 

綿棒と比較するとわかるこのでかさ。おそらくボクは大きな箱小さな箱があれば大きな方を選んでしまう性格だろう。

AUSDOM-AGH2005

 

を開けるとそこにはが・・・

AUSDOM-AGH2006

 

出た・・箱だ!

AUSDOM-AGH2007

 

すごく自然を大事にしているということがわかるイメージだ!(本当に大事にしているかどうかは知らない)

AUSDOM-AGH2008

 

あとはイメージ通り

AUSDOM-AGH2009

 

本体とマニュアルとレビュアー募集チラシ

AUSDOM-AGH2010

 

募集しているらしいので、英語が分かる人は連絡してみると良いかもしれない。

AUSDOM-AGH2011 AUSDOM-AGH2012

 

マニュアルには日本語はないが、簡単な内容なので問題は無いと思う。(絶対に無いとは言っていない)

AUSDOM-AGH2013 AUSDOM-AGH2016 AUSDOM-AGH2015 AUSDOM-AGH2014

 

そして、本体!

AUSDOM-AGH2017

 

赤と黒のいかにもゲーミングデバイスらしい。

AUSDOM-AGH2018

AUSDOM-AGH2021

AUSDOM-AGH2020

AUSDOM-AGH2019

 

マイクはこんな感じ

AUSDOM-AGH2022

 

マイクのアップ

AUSDOM-AGH2023

 

イヤーパッドは結構フカフカで分厚め

AUSDOM-AGH2025

 

ヘッドバンド伸縮するタイプ

AUSDOM-AGH2024

 

横のデザイン。

AUSDOM-AGH2026

 

マイク側表(マイクOn-Off,バイブレーションOn-Off)

AUSDOM-AGH2030

 

マイク側裏(音量On-Off)

AUSDOM-AGH2029

 

プロフェッショナルゲーミングヘッドセットって書いてある。

AUSDOM-AGH2028

AUSDOM-AGH2027

AUSDOM-AGH2031

AUSDOM-AGH2032

 

ケーブル(手元のメジャーでは買ったら約134cmでした)

AUSDOM-AGH2033

 

ゴムゴムっぽい普通のケーブル

AUSDOM-AGH2034

 

USBにはおそらくサウンドカードが内蔵されている為、その分少し大きい。それでも、横のUSBに干渉しないように良く作られている。

AUSDOM-AGH2036

AUSDOM-AGH2035

ふか

AUSDOM-AGH2037

ふか

AUSDOM-AGH2038

ふか

AUSDOM-AGH2039

 

普段使っているRazerのヘッドセットと重量比較してみた。

AUSDOM-AGH2044

どうにかバランスを作ってスケールに載せてみた。

AUSDOM-AGH2040

 

475.6gらしい。7.1chとかいろいろ込なので、仕方ないが少し重めな方かな?まぁ、7.1chだけに絞って考えたらこんなもんだと思う。

AUSDOM-AGH2041

 

神バランス

AUSDOM-AGH2042

 

264.7gらしい。このヘッドセットは、かなり簡素な作りで2chなので軽くて当たり前だったりもする。

AUSDOM-AGH2043

 

USBを差し込むと光る。

AUSDOM-AGH2045

 

設定方法

このヘッドセットはUSBタイプドライバも内蔵しているため、ホームページから何かをインストールする必要性は全く無い。

刺しただけで音が出る場合と出ない場合がある。

出ない場合は以下の方法で設定してみよう。

 

画面右下のボリュームアイコンを右クリック

NoName2016-5-12-No-000

再生デバイスをクリック(マイクのの場合は録音デバイス)

NoName2016-5-12-No-001

適当にそれらしいやつを選択して、「規定値に設定」を押すことで使えるようになる。

NoName2016-5-12-No-002

 

7.1chの威力

ボク個人的に興味深いのが7.1chという機能。

今まで2ch以上の物を(家電量販店以外で)聴いたことがないので、とても興味が湧いていた。

実際に、この動画でその威力を試してみた結果・・・・すごい!の一言だった。

後ろから金属の音が聞こえてきたり、ヘリの羽の回転の音がリアリティ高く聞こえる。

 

これをゲームで試してみれば、足音などの位置を鮮明に判別できるだろう。

 

まとめ

ゲーミングヘッドセット7.1chというのはとてもマッチしている組み合わせである。

これがあるかどうかで敵との勝敗を左右してしまうからである。

ボクはオーディオマニアではないので、音質深みとかは全く分からないが、音が悪いという感覚は全く無かった。

そして、サウンドカード内臓なので、変な設定を必要とせずに使えるというところもポイントである。

特に格安の資金ゲーム実況などをしたい人にお勧めできるヘッドセットであると感じました。

 

マイクも簡単に録音して聴いてみたが、ゲーム実況レベルでは全く問題ない音質でした。

 

気になったところは、すべてのヘッドホンに言えることなのだが、頭の締め付けが少し強いかなと感じました。

これは、使っていない時は、どこかに挟んで、挟む力を緩めれば良いかなと思います。

 

あと、マイクじわじわと口元に近づいてきます(笑)

がついちゃっているのでしょうから、これも反対側に折り曲げて癖を治す必要がありそうです。

 

このおかげかわかりませんが、FPSのスコアもなかなかいい結果になりました。(ゲーム名:Counter Strike; Global Offencive)

20160512222500_1

 

あとがき

4年位前にSonyの5.1chか7.1chの買おうと検討したけれど、その時の値段は2~3万くらいした記憶がある。

このヘッドセットとは同じ比較はできないが、5.1chというだけで値段が高かった記憶がある。

それも、今ならたったの7000円で買えてしまうのは驚きしか無い。

 

というか、メインで使っていたrazerのヘッドセットはまさに7000円くらいした。(5年位前だけど)

ほんとうに安い時代になった、なにもかも。

 

2016年5月14日追記

これに限らな無いのだけれど、締め付けが強いヘッドホンは広げた状態で挟んで固定させておけば、いい感じで広がってくれる。

やっぱボクって頭がでかいのかなぁ・・・?

IMG_20160514_181236

Pocket