今週のおすすめ.Still003

クルマに乗ることが多くなってきたのですが、ドライブレコーダーがないと事故にあった時に自分が不利な立場になってしまうことが多いです。

その為、そこそこ広角で高画質なドライブレコーダーを購入してみました。

ドライブレコーダーって?

車のエンジンが動いたら録画を開始して、エンジンが止まったら録画を止めてくれる、全自動の録画カメラです。

交通事故にあった時に、自分が悪いのか相手が悪いのかの証拠としてしっかり映像を残す役割に利用されています。

最近のは映像クォリティが上がり、ドライブの記念として映像を残す娯楽用途としても活用されます。

 

質はピンきり

ドラレコ自体価格が安いものが増えてきましたので、特別理由がなければ、すべての車に搭載しても問題ないカー用品だったりします。

しかし、事故にあった時に肝心の映像が取れていないということがあっては意味がありません。

格安で3000円程度のものだと、夏場、高温になる車内に放置されてしまうドラレコは壊れてしまう可能性もあります。

そういった環境にも配慮されて作られたものは1万円前後するようです。

 

性能(スペック)

画素数 400MP
ディスプレイ 2.7インチ
画角 150度
重量 90g
機能

ループ録画

衝突検知

遅延パワーオフ

モーション検知

衝突時自動バックアップ

バッテリー搭載

 

DBPOWER ドライブレコーダーの開封

今回買ったのは、ドラレコとしては中間の質の物。最低限の広角、そしてamazon好評化の割合が非常に高かったため購入しました。

 

映像サンプル

晴れの日

DBPOWER ドライブレコーダー映像例01 晴れの日 from KazuHiro on Vimeo.

雨の日

DBPOWER ドライブレコーダー映像例02 雨の日 from KazuHiro on Vimeo.

 

まとめ

ドラレコとしての機能はきちんと備わっているので十分満足できた。

映像の質はそれほど高くないのと、音質もそれほど良くない。そして、データ容量が結構でかい(5分400MB)。

今回64GBのmicroSDを利用しているので、保存するのに困ることはないが、映像を定期的にバックアップするにはデータ容量が膨大になってしまうため、それはできない。

長期的に利用する商品であるため、品質はしっかりしており、とても期待ができる。

一応だけど、電源が切れても、衝撃があれば自動で起動して10秒程度録画をしてくれる。これは、車の停車中にいたずらや窃盗があった時に録画してくれるようだが、日常的に長時間使う為、バッテリーはすぐにヘタってしまうと予想できる。あくまでも、おまけ的な機能という認識が良さそうである。

 

 

 

Pocket